K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Akiyoshi INOUE
Department of Japanese Literature
Professor
Last Updated :2021/06/30

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Akiyoshi INOUE

ホームページ・researchmap等のリンク

連絡先

  • 連絡先

    a_inoue[at]kokugakuin.ac.jp

所属・職名

  • Department of Japanese Literature, Professor

学位

  • Mar. 2014, 博士(文学), 國學院大學, 文乙第269号

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2011

研究分野

  • Modern Japanese literature

研究活動

論文

  • 第55号, 51, 60, 20 Feb. 2021
  • 第18号, 8, 22, 17 Mar. 2020
  • 55, 62, 28 Feb. 2020
  • 第5号, 1, 13, 20 Feb. 2020
  • 第79冊, 20 Mar. 2020
  • 第54号, 69, 78, 20 Feb. 2020
  • 第17号, 02 Mar. 2019
  • 第120巻, 第2号, 35, 51, 15 Feb. 2019
  • 第65巻, 第1・2号, 25, 34, 01 Feb. 2019
  • 第53号, 73, 84, 20 Feb. 2019
  • 第52号, 20 Feb. 2018
  • KAISHAKU, 第64巻, 第1・2号, 01 Feb. 2018
  • 第51号, 20 Feb. 2017
  • 通巻694集, 01 Feb. 2017
  • 第118巻, 第1号, 15 Jan. 2017
  • 第807号, 01 May 2016
  • 第50号, 20 Feb. 2016
  • 第49号, 10 Feb. 2015
  • KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU KIYO, 第48号, 10 Feb. 2014, KOKUGAKUIN University BUNGAKUBU KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU
  • A Study of Yokomitsu Riichi, NIHON BUNGAKU-RONKYU, 第73冊, 20 Mar. 2014, ACADEMIC SOCIETY OF JAPANESE LITERATURE
  • 679集, 01 Aug. 2014
  • 01 Jun. 1993
  • 第21号, 01 Mar. 1994
  • 第27輯, 01 Mar. 1996
  • 第56冊, 01 Mar. 1997
  • 01 Nov. 1998
  • 01 Dec. 1998
  • 532・533集, 01 Aug. 1999
  • 01 Jul. 2000
  • 550・551集, 01 Feb. 2001
  • 第103巻11号, 01 Nov. 2002
  • 01 Mar. 2003
  • 第105巻11号, 01 Nov. 2004
  • 第106巻1号, 01 Jan. 2005
  • 610・611集, 01 Feb. 2006, 井上明芳・前嶋深雪
  • 614・615集, 01 Jun. 2006, 井上明芳・前嶋深雪
  • 第46巻, 01 Feb. 2008
  • 第10巻第2号, 01 Mar. 2009
  • 01 Jul. 2009
  • 652集, 01 Jan. 2010
  • The study of Kunikida Doppo's Gyuniku to Bareisho structure to generate a monologue conversation, KAISHAKU, 第57巻第7・8号, 01 Aug. 2011, KAISHAKU GAKKAI
  • study of YOKOMITSU Riichi's , KOKUGAKUIN ZASSHI, 第111巻第10号, 15 Oct. 2011, KOKUGAKUIN UNIVERSITY
  • Structural understanding of as a teaching materials as , KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU KIYO, 第46号, 10 Feb. 2012, KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU
  • The outpost to the establishment process theory , KAISHAKU, 第58巻第7・8号, 01 Aug. 2012, KAISHAKU GAKKAI
  • The structure of the , KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU KIYO, 第47号, 10 Feb. 2013, KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU
  • children image to be drawn:Line of sight to the modern, Comprehensive Study of Child magazine Kokugakuin University Publications Department issued , 01 Feb. 2013, KOKUGAKUIN University
  • Study on the characteristics of Moriatsushi's "WARE YUKUMONO NO GOTOKU" : Narrative and experience, 井上 明芳, 解釈, 64, 1, 39, 47, Jan. 2018, 解釈学会 ; 1955-
  • A Study of Mori Atsushi's "CHOUKAIZAN" : Generate that it is difficult to read, 井上 明芳, 解釈, 63, 1, 39, 47, Jan. 2017, 解釈学会 ; 1955-
  • The Study of MORI ATSUSHI'S "SHIKABAN RYOSAISHII" : The Slant Line Drawn on the page, 井上 明芳, 國學院雜誌 = The Journal of Kokugakuin University, 118, 1, 104, 118, Jan. 2017, 國學院大學総合企画部
  • Structure analysis of Ogawa Youko's "HAKIRIARI" : Transfer the forwarded story as it is, 井上 明芳, 國學院大學教育学研究室紀要, 52, 169, 179, 2017, 國學院大學教育学研究室
  • 森敦文学の境界的思考, 第807号, 01 May 2016
  • Structure analysis of Yoshimoto Banana's "MIDORI NO YUBI" as a teaching material : A story that is experienced, 井上 明芳, 國學院大學教育学研究室紀要, 51, 71, 82, 2016, 國學院大學教育学研究室
  • 第70集, Mar. 2015
  • Shiga Naoya as teaching material and structural analysis of "KINOSAKI NITE" : Narative to recover the raw, 井上 明芳, 國學院大學教育学研究室紀要, 50, 123, 135, 2015, 國學院大學教育学研究室
  • Attempt of inter textuality : Yokomitsu Riichi's "Yorunokutsu" and Mori Atsushi's "Gassan", 井上 明芳, 解釈, 60, 7, 39, 47, Jul. 2014, 解釈学会 ; 1955-
  • A study of Yokomitsu Riichi "JUNSUI SHOUSETSU RON" : For boundary inherent, 井上 明芳, 日本文學論究, 73, 12, 21, Mar. 2014, 國學院大學國文學會
  • 49, 61, 69, 2014
  • Yokomitsu Riichi The Night Shoes : A Field Investigation and The Problem of Fiction, 井上 明芳, 横光利一研究, 11, 80, 83, Mar. 2013, 横光利一文学会
  • 48, 27, 36, 2013
  • An Essay on the Formation Process of Yokomitsu Riichi's Yoru no Kutsu : "Prayer" is found, 井上 明芳, 解釈, 58, 7, 2, 10, Jul. 2012, 解釈学会
  • 47, 81, 90, 2012
  • Study of YOKOMITSU Riichi's "Yoruno Kutsu" : The Home Country as Donation, 井上 明芳, 國學院雜誌, 112, 10, 1, 12, Oct. 2011, 國學院大學綜合企画部
  • The study of Kunikida Doppo's Gyuniku to Bareisho structure to generate a monologue conversation, 井上 明芳, 解釈, 57, 7, 12, 20, Jul. 2011, 解釈学会
  • 0, 46, 33, 43, 2011
  • Attempt at Yokomitsu Riichi's Meibin essay: mainly about Meibin own hand-writing manuscript reprint, 井上 明芳, 解釈, 56, 1, 43, 51, Jan. 2010, 解釈学会
  • 10, 2, 72, 79, Mar. 2009
  • A preface to Kobayashi Hideo's historical view: Watakushi in Japanese literature on subject connects with historical view, 井上 明芳, 国学院大学紀要, 46, 27, 43, 2008, 国学院大学
  • 52, 5, 20, 26, May 2006
  • 52, 1, 53, 59, Jan. 2006
  • 106, 1, 61, 73, Jan. 2005
  • 105, 11, 437, 449, Nov. 2004
  • 103, 11, 91, 103, Nov. 2002
  • 47, 1, 29, 35, Jan. 2001
  • 56, 42, 51, Mar. 1997
  • 小川洋子「ハキリアリ」の構造的読解―回送を見送る―, 第52号, 20 Feb. 2018
  • 森敦「われ逝くもののごとく」の特性―物語を語り、体験する―, KAISHAKU, 第64巻, 第1・2号, 01 Feb. 2018
  • 教材としての吉本ばなな「みどりのゆび」の構造分析―経験される物語―, 第51号, 20 Feb. 2017
  • 森敦「鳥海山」論―読みがたさの生成―, 通巻694集, 01 Feb. 2017
  • 森敦『私家版 聊斎志異』論―引かれた斜線―, 第118巻, 第1号, 15 Jan. 2017
  • 教材としての志賀直哉「城の崎にて」の構造分析, 第50号, 20 Feb. 2016
  • 村上春樹「鏡」の構造的読解 −日常/非日常の「恐怖」−, 第49号, 10 Feb. 2015
  • 恩田陸「ピクニックの準備」の構造的把握 ―「期待」される物語―, KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU KIYO, 第48号, 10 Feb. 2014, KOKUGAKUIN University BUNGAKUBU KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU
  • A Study of Yokomitsu Riichi, NIHON BUNGAKU-RONKYU, 第73冊, 20 Mar. 2014, ACADEMIC SOCIETY OF JAPANESE LITERATURE
  • 間テクスト性の試み −横光利一「夜の靴」と森敦「月山」−, 679集, 01 Aug. 2014
  • 「小林秀雄の出発―初期作品から『様々なる意匠』へ―」, 01 Jun. 1993
  • 「小林秀雄と正宗白鳥―「思想と実生活」論争、その語られなかったこと―」, 第21号, 01 Mar. 1994
  • 「小林秀雄「私小説論」の問題―生きて在るということあるいはリアリティ―」, 第27輯, 01 Mar. 1996
  • 「小林秀雄「Xへの手紙」論―手紙という〈間〉―」, 第56冊, 01 Mar. 1997
  • 「〈折口信夫の詩〉論への前哨―萩原朔太郎との比較から―, 01 Nov. 1998
  • 「小林秀雄「様々なる意匠」論―批評という「事件」―」, 01 Dec. 1998
  • 「小林秀雄「川端康成」論―川端康成の〈個性〉をめぐって―, 532・533集, 01 Aug. 1999
  • 「小林秀雄の中国体験―批評への小林の確信について―」, 01 Jul. 2000
  • 「芥川龍之介「羅生門」論―研究と授業論との狭間からの問題提起―」, 550・551集, 01 Feb. 2001
  • 「横光利一「上海」論―分類された物語―, 第103巻11号, 01 Nov. 2002
  • 「論横光利一的《上海》―典型的都市小説―」, 01 Mar. 2003
  • 「小林秀雄『無常といふ事』論への前哨―転換の意味、回帰したこと―」, 第105巻11号, 01 Nov. 2004
  • 「横光利一「機械」論―語ることの原理へ―」, 第106巻1号, 01 Jan. 2005
  • 「太宰治「走れメロス」論―見覚えのない物語―」, 610・611集, 01 Feb. 2006
  • 「太宰治「走れメロス」の授業論の試み―構造の理解によってはじまる授業―」, 614・615集, 01 Jun. 2006
  • 「小林秀雄の〈歴史〉観・序説―「私」の問題と〈歴史〉観との接続―」, 第46巻, 01 Feb. 2008
  • 「閉じきられたフィクション―荷風「腕くらべ」を読む―」, 第10巻第2号, 01 Mar. 2009
  • 「横光利一「旅愁」生成過程の考察―山形県鶴岡市所蔵「旅愁」自筆原稿をめぐって―」, 01 Jul. 2009
  • 「横光利一「梅瓶」論への試み―「梅瓶」自筆原稿翻刻を中心に―」, 652集, 01 Jan. 2010
  • The study of Kunikida Doppo's Gyuniku to Bareisho structure to generate a monologue conversation, KAISHAKU, 第57巻第7・8号, 01 Aug. 2011, KAISHAKU GAKKAI
  • study of YOKOMITSU Riichi's , KOKUGAKUIN ZASSHI, 第111巻第10号, 15 Oct. 2011, KOKUGAKUIN UNIVERSITY
  • Structural understanding of as a teaching materials as , KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU KIYO, 第46号, 10 Feb. 2012, KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU
  • The outpost to the establishment process theory , KAISHAKU, 第58巻第7・8号, 01 Aug. 2012, KAISHAKU GAKKAI
  • The structure of the , KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU KIYO, 第47号, 10 Feb. 2013, KOKUGAKUIN University KYOUIKUGAKU KENKYUSHITSU
  • children image to be drawn:Line of sight to the modern, Comprehensive Study of Child magazine Kokugakuin University Publications Department issued , 01 Feb. 2013, KOKUGAKUIN University

Misc

著書等出版物

  • 25 Feb. 2021
  • 28 Feb. 2020
  • 01 Mar. 2015, 第70集
  • 01 Mar. 2016
  • Comprehensive Study of Mori Atsushi's Gassan, KOKUGAKUIN University, 31 Mar. 2014
  • Literary Representation Theory, Introduction:Boundary of literary discourse - Kobayashi Hideo,Yokomitsu Riichi, Kanrin Shobo, 20 Feb. 2013
  • 01 Sep. 2000
  • 01 Jul. 2009
  • 01 Jul. 2000
  • 01 Mar. 2002
  • 01 Oct. 2002
  • Reserch”YOKOMITSU Riichi's Yoruno Kutsu, KOKUGAKUIN UNIVERSITY, 20 Mar. 2012
  • 01 Mar. 2013
  • 2013
  • 2013
  • 2012
  • Jul. 2009
  • 2009
  • 森敦研究の可能性ー生成過程と実地踏査からー, 01 Mar. 2015
  • 森敦資料目録, 01 Mar. 2016
  • Comprehensive Study of Mori Atsushi's Gassan, KOKUGAKUIN University, 31 Mar. 2014
  • Literary Representation Theory, Introduction:Boundary of literary discourse - Kobayashi Hideo,Yokomitsu Riichi, Kanrin Shobo, 20 Feb. 2013
  • 『横光利一と鶴岡―21世紀に向けて―』, 01 Sep. 2000
  • 『横光利一 歐洲との出会い『歐洲紀行』から『旅愁』へ』, 01 Jul. 2009
  • 『向田邦子鑑賞事典』, 01 Jul. 2000
  • 『現代文学鑑賞辞典』, 01 Mar. 2002
  • 『横光利一事典』, 01 Oct. 2002
  • Reserch”YOKOMITSU Riichi's Yoruno Kutsu, KOKUGAKUIN UNIVERSITY, 20 Mar. 2012

講演・発表

  • 01 Nov. 1993
  • 01 Nov. 1997
  • 01 May 2001
  • 01 Aug. 2002
  • 01 Aug. 2005
  • 01 Oct. 2005
  • 01 Aug. 2009
  • 「芥川龍之介「羅生門」論―署名者への回路―」
  • 「小林秀雄の〈歴史〉観―『ドストエフスキイの生活』序「歴史について」を中心に―」
  • 「小林秀雄と正宗白鳥―「思想と実生活」論争をめぐって―」
  • 「横光利一「機械」論への試み―「私」あるいは物語の生成―」
  • 「教材としての「走れメロス」研究」
  • 「森敦「月山」論―〈境界〉化する「月山」―」
  • 「芥川龍之介の文学における中国文学の受容」

その他

  • 01 Mar. 2002, 井上謙, 井上謙氏の著書で、NHKラジオ第二放送のためのテキストである。いわゆる文学探訪という文学作品や作家にゆかりの土地を実際に歩くという内容でラジオ講座を設けたいという企画があり、その構成の段階から協力した。上下合わせて26回あるため、作家や作品を選び、26コースを設定し、実際に取材した。また井上謙氏の原稿を取材内容に合わせて整合性をとるなど、編集にも協力し、各回の「脚注」と巻末に「主要人物生没年表」を作成し付した。
  • 01 Oct. 2002, 井上謙, 井上謙氏の著書で、『東京文学探訪 明治を見る、歩く』の続編である。NHKラジオ第二放送のテキストとして、全26回分を企画し、それぞれの土地を取材した。それに基づいて井上謙氏に執筆してもらい、私は校正を担当した。さらに、各回の「脚注」と巻末に「関連文学史年表」を付し、読解の助けになるようにした。
  • 01 Oct. 2006, 井上謙, 井上謙氏の著書で、東京のほかに横浜や鎌倉を扱ってほしいとの要望から実現したものである。NHKラジオ第二放送のテキストである。横浜と鎌倉に湘南方面も加え、全25回構成で企画した。今回も編集協力として、現地コースの取材をし、井上謙氏の原稿の校正を担当した。各回の「脚注」と巻末に「参考文献一覧」を付した。
  • 01 Jul. 2007, 太田治子, 太田治子氏の著書で、NHKラジオ第二放送のテキストである。近代文学のベストセラーを取り上げる講座に企画段階から協力を依頼され参加した。明治以降のベストセラーを調査し、太田氏に選択してもらい、それで執筆いただいた。原稿の校正を担当しながら、不明箇所の意見を出した。読者の便宜をはかり、とりあげた15作品のあらすじを各回巻頭に置き、その執筆をした。

競争的資金

  • 16K02417
  • 25370228, Basic research by the Atsushi Mori's autographic material Mori's home possesses, This challenge study is intended to show the whole picture of Mori Atsushi autograph materials holdings of Mori's home. For this to huge Mori Atsushi autograph material was unpublished, novel, critic, classified into essays, etc., was a list of on the basis of bibliographic matters such as those announced magazine. The results were published as "Mori Atsushi material inventory.";Conducted a survey such as the draft and a piece of paper of Mori Atsushi literature, this challenge studies that support for the production process, has made the efforts of basic research of Mori Atsushi literature. In particular masterpiece for the "Gassan" is, to reprint all of the draft class, terms of content of each of the draft, also revealed for the expressive association.;Done at the same time "Gassan" field survey of Tsuruoka, Yamagata Prefecture Shimekake district is a stage, it revealed the fiction of the work.
  • 23820049, Base formation of research by the result which was investigated about the data in Riichi Yokomitsu's own hand, and was reprinted, This research investigated the data in Riichi Yokomitsu's own hand possessed by The Yokomitsus and Tsuruoka-shi, Yamagata, and created the list. Moreover, it reprinted over all the data. About the reprint, from a viewpoint of source material preservation
  • 自筆資料調査および実地踏査による森敦文学の総合的研究
  • Basic research by the Atsushi Mori's autographic material Mori's home possesses, This challenge study is intended to show the whole picture of Mori Atsushi autograph materials holdings of Mori's home. For this to huge Mori Atsushi autograph material was unpublished, novel, critic, classified into essays, etc., was a list of on the …
  • Base formation of research by the result which was investigated about the data in Riichi Yokomitsu's own hand, and was reprinted, This research investigated the data in Riichi Yokomitsu's own hand possessed by The Yokomitsus and Tsuruoka-shi, Yamagata, and created the list. Moreover, it reprinted over all the data. About the reprint, from a viewpoint of source material preservation

教育活動

担当授業

  • 2019, 新感覚派の旗手として記憶される横光利一は、新しい表現を追究した作家である。また森敦はその才能を横光に見出された作家である。そこで本演習では、前期に森敦「月山」を取り上げ、生成論的な視点を加えて構造的に徹底した読解を試みる。後期は横光文学の表現を構造的に分析することを目的とする。具体的には「上海」「紋章」「家族会議」「夜の靴」など、中編を中心に扱う。前期は「月山」のみを扱い、発表してもらう。後期は横光作品をそれぞれ数回取り上げ、グループ発表してもらう。発表は先行研究を紹介し、研究史を概括した上で、独自の見解を提示する。その発表内容をめぐって質疑応答を行う。
  • 2019, 本演習は、受講者が卒業論文で取り上げる作家とその作品について、精緻に発表することを目的とする。受講者は、各々の作品について、先行研究をしっかりと踏まえ、独自の解釈を論理的に組み立てて発表する。そしてその後の質疑応答を取り入れて、最終的には卒業論文の完成を目指す。
  • 2019, 新感覚派の旗手として記憶される横光利一は、新しい表現を追究した作家である。また森敦はその才能を横光に見出された作家である。そこで本演習では、前期に森敦「月山」を取り上げ、生成論的な視点を加えて構造的に徹底した読解を試みる。後期は横光文学の表現を構造的に分析することを目的とする。具体的には「上海」「紋章」「家族会議」「夜の靴」など、中編を中心に扱う。前期は「月山」のみを扱い、発表してもらう。後期は横光作品をそれぞれ数回取り上げ、グループ発表してもらう。発表は先行研究を紹介し、研究史を概括した上で、独自の見解を提示する。その発表内容をめぐって質疑応答を行う。
  • 2019, 本演習は、受講者が卒業論文で取り上げる作家とその作品について、精緻に発表することを目的とする。受講者は、各々の作品について、先行研究をしっかりと踏まえ、独自の解釈を論理的に組み立てて発表する。そしてその後の質疑応答を取り入れて、最終的には卒業論文の完成を目指す。
  • 2019, 明治から昭和前期の日本近代文学の著名な作品を読み、それぞれの問題点を検討しながら、各自が日本近代文学の概念を構築していく必要がある。一年間でできるだけ多くの作品に触れていくことを第一にするので、毎回一作品の解説、検討をしていく。したがって、あらかじめ該当作品を読み、自分なりのイメージをつかんでおくことが大切であるから、必ず事前に読んで講義に臨むこと。その上で、毎回レポートを提出してもらう。それは|論点(何をどのように論じていくべきか)|という内容である。これを|A4サイズの400字詰め原稿用紙一枚|にまとめ、提出する。これを書くことで、作品を構造的に〈読む〉ということが明瞭になるはずである。 |なお、本講座は前期のみの開講であるが、通年で想定しているため、後期「日本文学講読2」も合わせて受講してほしい。
  • 2019, -
  • 2019, 明治から昭和前期の日本近代文学の著名な作品を読み、それぞれの問題点を検討しながら、各自が日本近代文学の概念を構築していく必要がある。一年間でできるだけ多くの作品に触れていくことを第一にするので、毎回一作品の解説、検討をしていく。したがって、あらかじめ該当作品を読み、自分なりのイメージをつかんでおくことが大切であるから、必ず事前に読んで講義に臨んでほしい。その上で、毎回レポートを提出してもらう。それは|論点(何をどのように論じていくべきか)|という内容である。これを|A4サイズの400字詰め原稿用紙一枚|にまとめ、提出する。これを書くことで、作品を構造的に〈読む〉ということが明瞭になるはずである。 |なお、本講座は後期開講であるが、通年講義を想定しているため、前期「日本文学講読1」も合わせて受講してほしい。
  • 2019, 國學院大學の歴史や建学の精神、日本文学研究の伝統について解説し、その学問的特質を踏まえた文学(日本文学)研究についての基礎的な事項を講述する。また、具体的な文学作品のいくつかを取り上げ、その表現における特質を考察した上で、読むこと、調べること、考えること、そして書くことの4項目について実践し、文学研究に関わるコミュニケーション全般を体験することを目指す。
  • 2019, 日本文学に限らずすべての文学は「読む」ことに始まる。それは高等学校時代までに習得してきた技術ではあるが、本講座ではさらに一歩を進め、作家の意図や物語の主題といった正解から脱却し、読みの可能性を得ることを目指す。そのために言葉とは何か、物語とは何かといった問題を講義形式で投げかけ、共有できるようにし、論理的な思考を養う。そのために、前期で習得した古典文学の内容に近代文学を加え、現代思想を踏まえた方法を講義する。この講座を通じて、さまざまジャンルの文学研究の基礎を修得してほしい。
  • 2019
  • 2020, *本演習は、前期同様、遠隔形式になります。原則 zoomを使用します。URLはその都度お知らせします。|新感覚派の旗手として記憶される横光利一は、新しい表現を追究した作家である。また森敦はその才能を横光に見出された作家である。そこで本演習では、前期に森敦「月山」を取り上げ、生成論的な視点を加えて構造的に徹底した読解を試みる。後期は横光文学の表現を構造的に分析することを目的とする。具体的には「上海」「紋章」「家族会議」「夜の靴」など、中編を中心に扱う。前期は「月山」のみを扱い、発表してもらう。後期は横光作品をそれぞれ数回取り上げ、グループ発表してもらう。発表は先行研究を紹介し、研究史を概括した上で、独自の見解を提示する。その発表内容をめぐって質疑応答を行う。
  • 2020, *本演習は、前期同様、遠隔形式になります。原則 zoomを使用します。URLはその都度お知らせします。|本演習は、受講者が卒業論文で取り上げる作家とその作品について、精緻に発表することを目的とする。受講者は、各々の作品について、先行研究をしっかりと踏まえ、独自の解釈を論理的に組み立てて発表する。そしてその後の質疑応答を取り入れて、最終的には卒業論文の完成を目指す。
  • 2020, *本演習は、前期同様、遠隔形式になります。原則 zoomを使用します。URLはその都度お知らせします。|新感覚派の旗手として記憶される横光利一は、新しい表現を追究した作家である。また森敦はその才能を横光に見出された作家である。そこで本演習では、前期に森敦「月山」を取り上げ、生成論的な視点を加えて構造的に徹底した読解を試みる。後期は横光文学の表現を構造的に分析することを目的とする。具体的には「上海」「紋章」「家族会議」「夜の靴」など、中編を中心に扱う。前期は「月山」のみを扱い、発表してもらう。後期は横光作品をそれぞれ数回取り上げ、グループ発表してもらう。発表は先行研究を紹介し、研究史を概括した上で、独自の見解を提示する。その発表内容をめぐって質疑応答を行う。
  • 2020, *本演習は、前期同様、遠隔形式になります。原則 zoomを使用します。URLはその都度お知らせします。|本演習は、受講者が卒業論文で取り上げる作家とその作品について、精緻に発表することを目的とする。受講者は、各々の作品について、先行研究をしっかりと踏まえ、独自の解釈を論理的に組み立てて発表する。そしてその後の質疑応答を取り入れて、最終的には卒業論文の完成を目指す。
  • 2020, 今般の事情に鑑みて、以下の内容をzoom等を利用した遠隔授業で行います。|詳細につきましては、初回のガイダンスの時間に説明しますので、必ず参加をして下さい。|明治から昭和前期の日本近代文学の著名な作品を読み、それぞれの問題点を検討しながら、各自が日本近代文学の概念を構築していく必要がある。一年間でできるだけ多くの作品に触れていくことを第一にするので、毎回一作品の解説、検討をしていく。したがって、あらかじめ該当作品を読み、自分なりのイメージをつかんでおくことが大切であるから、必ず事前に読んで講義に臨むこと。その上で、毎回レポートを提出してもらう。それは|論点(何をどのように論じていくべきか)|という内容である。これを|A4サイズの400字詰め原稿用紙一枚|にまとめ、提出する。これを書くことで、作品を構造的に〈読む〉ということが明瞭になるはずである。|なお、本講座は前期のみの開講であるが、通年で想定しているため、後期「日本文学講読2」も合わせて受講してほしい。
  • 2020, -
  • 2020, *本講義は、遠隔形式になります。原則 zoomを使用します。URLはその都度お知らせします。|明治から昭和前期の日本近代文学の著名な作品を読み、それぞれの問題点を検討しながら、各自が日本近代文学の概念を構築していく必要がある。一年間でできるだけ多くの作品に触れていくことを第一にするので、毎回一作品の解説、検討をしていく。したがって、あらかじめ該当作品を読み、自分なりのイメージをつかんでおくことが大切であるから、必ず事前に読んで講義に臨んでほしい。その上で、毎回レポートを提出してもらう。それは|論点(何をどのように論じていくべきか)|という内容である。これを|A4サイズの400字詰め原稿用紙一枚|にまとめ、提出する。これを書くことで、作品を構造的に〈読む〉ということが明瞭になるはずである。|なお、本講座は後期開講であるが、通年講義を想定しているため、前期「日本文学講読1」も合わせて受講してほしい。
  • 2020, 今般の事情に鑑みて、以下の内容をzoom等を利用した遠隔授業で行います。|詳細につきましては、初回のガイダンスの時間に説明しますので、必ず参加をして下さい。|國學院大學の歴史や建学の精神、日本文学研究の伝統について解説し、その学問的特質を踏まえた文学(日本文学)研究についての基礎的な事項を講述する。また、具体的な文学作品のいくつかを取り上げ、その表現における特質を考察した上で、読むこと、調べること、考えること、そして書くことの4項目について実践し、文学研究に関わるコミュニケーション全般を体験することを目指す。
  • 2020, *本講義は、遠隔形式になります。原則 zoomを使用します。URLはその都度お知らせします。|日本文学に限らずすべての文学は「読む」ことに始まる。それは高等学校時代までに習得してきた技術ではあるが、本講座ではさらに一歩を進め、作家の意図や物語の主題といった正解から脱却し、読みの可能性を得ることを目指す。そのために言葉とは何か、物語とは何かといった問題を講義形式で投げかけ、共有できるようにし、論理的な思考を養う。そのために、前期で習得した古典文学の内容に近代文学を加え、現代思想を踏まえた方法を講義する。この講座を通じて、さまざまジャンルの文学研究の基礎を修得してほしい。
  • 2021, |本講義は、近代日本文学作品を構造的に読解する方法の修得を目指す。|そのためには明治から昭和前期の日本近代文学の著名な作品を読み、それぞれの問題点を検討しながら、各自が日本近代文学の概念を構築していく必要がある。開講内でできるだけ多くの作品に触れていくことを第一にするので、毎回一作品の解説、検討をしていく。したがって、あらかじめ該当作品を読み、自分なりのイメージをつかんでおくことが大切であるから、必ず事前に読んで講義に臨むこと。その上で、毎回レポートを提出してもらう。それは|論点(何をどのように論じていくべきか)|という内容である。これを|A4サイズの400字詰め原稿用紙一枚|にまとめ、提出する。これを書くことで、作品を構造的に〈読む〉ということが明瞭になるはずである。|なお、本講座は前期のみの開講であるが、通年で想定しているため、後期「日本文学講読2」も合わせて受講してほしい。
  • 2021, 本講義は近代日本文学の作品を構造的に読解する方法の習得を目指す。|明治から昭和前期の日本近代文学の著名な作品を読み、それぞれの問題点を検討しながら、各自が日本近代文学の概念を構築していく必要がある。一年間でできるだけ多くの作品に触れていくことを第一にするので、毎回一作品の解説、検討をしていく。したがって、あらかじめ該当作品を読み、自分なりのイメージをつかんでおくことが大切であるから、必ず事前に読んで講義に臨んでほしい。その上で、毎回レポートを提出してもらう。それは|論点(何をどのように論じていくべきか)|という内容である。これを|A4サイズの400字詰め原稿用紙一枚|にまとめ、提出する。これを書くことで、作品を構造的に〈読む〉ということが明瞭になるはずである。|なお、本講座は後期開講であるが、通年講義を想定しているため、前期「日本文学講読1」も合わせて受講してほしい。
  • 2021, 國學院大學の歴史や建学の精神、日本文学研究の伝統について解説し、その学問的特質を踏まえた文学(日本文学)研究についての基礎的な事項を講述する。また、具体的な文学作品のいくつかを取り上げ、その表現における特質を考察した上で、読むこと、調べること、考えること、そして書くことの4項目について実践し、文学研究に関わるコミュニケーション全般を体験することを目指す。
  • 2021, 新感覚派の旗手として記憶される横光利一は、新しい表現を追究した作家である。また森敦はその才能を横光に見出された作家である。そこで本演習では、前期に森敦「月山」を取り上げ、生成論的な視点を加えて構造的に徹底した読解を試みる。後期は横光文学の表現を構造的に分析することを目的とする。具体的には「上海」「紋章」「家族会議」「夜の靴」など、中編を中心に扱う。前期は「月山」のみを扱い、発表してもらう。後期は横光作品をそれぞれ数回取り上げ、グループ発表してもらう。発表は先行研究を紹介し、研究史を概括した上で、独自の見解を提示する。その発表内容をめぐって質疑応答を行う。
  • 2021, 本演習は、受講者が卒業論文で取り上げる作家とその作品について、精緻に発表することを目的とする。受講者は、各々の作品について、先行研究をしっかりと踏まえ、独自の解釈を論理的に組み立てて発表する。そしてその後の質疑応答を取り入れて、最終的には卒業論文の完成を目指す。
  • 2021, 新感覚派の旗手として記憶される横光利一は、新しい表現を追究した作家である。また森敦はその才能を横光に見出された作家である。そこで本演習では、前期に森敦「月山」を取り上げ、生成論的な視点を加えて構造的に徹底した読解を試みる。後期は横光文学の表現を構造的に分析することを目的とする。具体的には「上海」「紋章」「家族会議」「夜の靴」など、中編を中心に扱う。前期は「月山」のみを扱い、発表してもらう。後期は横光作品をそれぞれ数回取り上げ、グループ発表してもらう。発表は先行研究を紹介し、研究史を概括した上で、独自の見解を提示する。その発表内容をめぐって質疑応答を行う。
  • 2021, 本演習は、受講者が卒業論文で取り上げる作家とその作品について、精緻に発表することを目的とする。受講者は、各々の作品について、先行研究をしっかりと踏まえ、独自の解釈を論理的に組み立てて発表する。そしてその後の質疑応答を取り入れて、最終的には卒業論文の完成を目指す。

教育活動に関する実践・工夫・取組等

  • 2020, テキストマイニングの手法によるテクスト分析, 日本文学演習IIにおいて、KH coderを用いてテキストマイニングの手法を取り入れ、読みの可能性を学生と共有し、考察した。

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • Apr. 1993
  • Apr. 1997
  • Apr. 1997
  • Apr. 1997
  • Nov. 1999
  • Mar. 2002
  • KAISHAKU GAKKAI
  • ASSOCIATION FOR MODERN JAPANESE LITERARY STUDIES


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.