K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Masahito KUBOTA
Institute for the Advancement of Teaching and Learning
Professor
Last Updated :2022/03/30

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Masahito KUBOTA

所属・職名

  • Institute for the Advancement of Teaching and Learning, Professor

学位

  • 修士(文学)

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2017

研究分野

  • English linguistics, Psycholinguistics

研究活動

論文

  • 第4号, 1, 18, 01 Mar. 2010
  • 第4号, 55, 787, 01 Mar. 2010
  • 第3号, 111, 138, 01 Mar. 2009
  • 第3号, 61, 76, 01 Mar. 2009, 高橋秀夫、土肥充、Lorene Pacaligawan
  • 第2号, 75, 82, 01 Mar. 2008, 高橋秀夫、土肥充、Lorene Pacaliwagan
  • 第2号, 13, 51, 01 Mar. 2008
  • 第1号, 1, 8, 01 Mar. 2007
  • 第1号, 1, 10, 01 Mar. 2005
  • 01 Mar. 2005, 廣田栄子、樺澤一之、武智司尾子
  • 第13号, 13, 27, 01 Mar. 2004
  • 第13号, 1, 12, 01 Mar. 2004
  • 2002年11月号, 490, 491, 01 Nov. 2002
  • 第10号, 25, 46, 01 Mar. 2002, 清水さえ子
  • 第10号, 13, 24, 01 Mar. 2002, 佐々木仁子
  • 305, 316, 25 Mar. 2001
  • 第9号, 39, 55, 01 Mar. 2001
  • 第7号, 75, 99, 01 Mar. 2000
  • 第6号, 1, 25, 01 Mar. 1999
  • 第2号, 117, 129, 01 Mar. 1996
  • 第2号, 65, 83, 01 Mar. 1996
  • 第2号, 31, 63, 01 Mar. 1996
  • 第1号, 37, 57, 01 Mar. 1995
  • A-26, 91, 107, 01 Mar. 1993
  • B-24, 233, 243, 01 Mar. 1991
  • 491, 500, 01 Dec. 1991
  • 1225, 1307, 01 Jan. 1990, 笹沼澄子、神尾昭雄
  • 1309, 1353, 01 Jan. 1990, 笹沼澄子、神尾昭雄
  • A-22, 203, 219, 01 Mar. 1989
  • 第66巻第1号, 51, 64, 01 Jan. 1989
  • A-21, 137, 163, 01 Mar. 1988
  • B-18, 173, 189, 01 Mar. 1985
  • 421, 425, 01 Dec. 1985
  • B-15, 189, 193, 01 Mar. 1982
  • 35, 44, 01 Dec. 1981
  • Bー14, 81, 99, 01 Mar. 1981
  • 24号, 25, 43, 01 Sep. 1981
  • B-13, 79, 132, 01 Mar. 1980
  • 21号, 77, 85, 01 Sep. 1979
  • 20号, 60, 77, 01 Mar. 1979
  • 19号, 14, 32, 01 Sep. 1978
  • 18号, 22, 47, 01 Mar. 1978

Misc

著書等出版物

  • 30 Jun. 2017, 安井稔・久保田正人
  • 25 Oct. 2007
  • 25 Sep. 2014, 安井稔
  • Aspects of English Linguistics, 22 Nov. 2013, This book is a collection of papers on English linguistics and other areas including aphasiology.
  • 01 Jan. 2001, 石合純夫、水澤英洋他27名
  • 01 Oct. 1996, 安井稔(編)その他
  • 01 Jul. 1992, 荒木一雄、安井稔(編)その他169名
  • 01 May 1987, 安井稔(編)その他
  • 01 Jul. 1986, 荒木一雄(編)その他
  • 01 Oct. 2009
  • 01 Oct. 2009
  • 01 Oct. 2008
  • 01 Oct. 2008
  • 01 Sep. 2007
  • 01 Mar. 2006, 第2号, 椎名紀久子、高橋秀夫、田端敏幸、大山中勝、土肥充

競争的資金

  • 14571631, Research on Development of Speech-Language Assessment Using Multi-Sensory Modality for Hearing-Impaired and Language Disordered Children, Our research has developed a language assessment system from a psycholinguistic viewpoint by the relation to acquisition of fundamental syntax structures during the infant years. We made up an assessment on how to evaluate the language delay stages, which consists of nine syntactic categories.;In our research, we composed our assessment into a computer program to enable selection among multisensory paths (using individually or in combination of spoken language, lip reading, signed language, and written language), and which led to an easy intercomparison of the results. The program provided instantaneous analysis of the result and display of the profile after the clinical examinations, which enabled us to collect audiological and speech-language-pathological data. The program also provides a judgment of sentence error and a touch-panel response method, which enables children to sustain themselves interested, and the efficacy of an earlier diagnosis from a newborn hearing screening test, various advanced medical technologies, etc.;The following is a brief overview of this study this year : 1)Improved the practical utility of our program on computers. : On-screen operation was modified to give a graphic representation of the correct percent, the sub-classification rate, and profiles. 2)Reduced examination practice time. : We selected helpful test items out of the results from deaf children to narrow down into 176 sentences and classified them into two levels according to the degree of difficulty. 3)Accommodated our method to hearing-impaired children. We analyzed the tendency of answers of the hearing-impaired children to succeed in making clear the growth tendency and the disorder characteristics for syntax structures. 4)Collected reference material of normal children. The degree of difficulty of our test is such that as much as 92 % of normal 6-year-old children could give right answers.;This assessment system is now proved to be greatly helpful in evaluating the acquisition of the Japanese fundamental syntax structure by hearing-impaired and language disordered children.

教育活動

担当授業

  • 2020, 比較的読みやすい文章を正確かつ精密に読みます。文章を正確かつ精密に読むというのは、特定の場面で用いられた特定の表現が、本来どのような意味内容を表すものであるか、そしてその場面で、用いようと思えば用いることができたはずの別の表現を用いずに、その表現を用いたのはなぜであるのかと考えながら読むことを指します。例えば He was not injured. という表現を用いても文法的には問題のないところに He was uninjured. と書かれていたら、筆者が何を意図していたと読者は読み込むべきかということです。このような作業は言語表現そのものに関する正確な知識が基盤にあってはじめて可能となるので、まず第一に、表現の正確な意味を理解することに重点を置きます。その上で、その表現と場面とのつながりを考えます。||本授業は、主に講義資料を利用した遠隔授業として実施します。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主に K-SMAPY II を利用した講義資料・課題提示による遠隔授業として実施する。||文芸作品および論説の文章を正確かつ精密に読み、字面の裏にある登場人物および著者の思考を読み解きます。文章を正確かつ精密に読むというのは、特定の場面で用いられた特定の表現が、本来どのような意味内容を表すものであるか、そしてその場面で、用いようと思えば用いることができたはずの別の表現を用いずに、その表現を用いたのはなぜであるのかと考えながら読むことを指します。例えば No taxi was available. という表現を用いても文法的には問題のないところに No taxis were available. と書かれていたら、筆者あるいは登場人物が何を意図していたと読者は読み込むべきかということです。このような作業は言語表現そのものに関する正確な知識が基盤にあってはじめて可能となるので、まず第一に、表現の正確な意味を理解することに重点を置きます。その上で、その表現と場面とのつながりを考え、総合的に登場人物および著者の思考に接近してゆきます。

教育活動に関する実践・工夫・取組等

  • 2021, 英語科目の新カリキュラムの設定, 英語に関して高い学力を有する学生には学年の枠を超えて上位の科目を受講することを可能とする「飛び級」制度を導入し、英語を苦手とする学生には基礎的な再教育を施すように、カリキュラムを改変した。また、卒業要件単位を充足するためにあらかじめ指定された科目を履修するというのではなく、どの科目で卒業要件単位を充足してもよいとする柔軟性のあるカリキュラムとした。

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.