K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Masato Furuyama
Department of History
Professor
Last Updated :2019/06/29

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Masato Furuyama

所属・職名

  • Department of History, Professor

学位

  • 文学修士

本学就任年月日

  • 01 Apr. 1995

研究分野

  • History of ancient Greece

研究活動

論文

  • 33, 68, 01 Jun. 1977
  • 91-8, 1, 31, 01 Aug. 1982
  • 17, 38, 56, 01 Oct. 1984
  • 新輯13, 53, 77, 01 Nov. 1984
  • 597号, 1, 18, 01 Sep. 1989
  • 3-2, 289, 299, 01 Dec. 1990
  • 1, 20, 01 Jul. 1991
  • 4-2, 257, 266, 01 Dec. 1991
  • 67, 96, 01 Nov. 1992
  • 17, 34, 01 Mar. 1994
  • 新輯第24号, 210, 224, 01 Nov. 1995
  • 01 Mar. 1998
  • Spartan Syssitia - From the Viewpoint of the Symposion Theory, Transactions of Kokugakuin University,Vol.37, 第37巻, 15, 35, 01 Mar. 1999
  • Issues Regarding the Use of Metal Currency in Classical Sparta, Humanities of Tradition and Creation : The 50th Anniversary Memorial Collection of Graduate School of Literature, Kokugakuin University, 425, 458, 01 Mar. 2002
  • 第41巻, 73, 100, 01 Feb. 2003
  • 第34輯, 173, 194, 01 Mar. 2003
  • 51, 58, 68, 01 Mar. 2003
  • A Critical Introduction of Figueira's Theory on Spartan Use of Money, The Journal of Kokugakuin University, Vol.105,No.2, 第105巻第2号, 1, 15, 01 Feb. 2004
  • Study on Spartan Perioikoi from a Regional Perspective ╾A Preliminary Survey, 1, 58, 01 Jul. 2005
  • Curse Tablets in Ancient Greece and Rome ╾Overview and Litigation-Political Curses, The Journal of Kokugakuin University, Vol.107,No.2, 第107巻第2号, 1, 12, 01 Feb. 2006
  • Northern Frontier Districts in Sparta and Their Constitutional Status ╾Aigytis, Maleatis, Belbinatis, Skiritis, Karyatis, Skotitas, Journal of the Graduate School Kokugakuin University -Graduate School of Letters-,Vol.37, 第37輯, 157, 178, 01 Feb. 2006
  • Recent Studies on the Perioikoi, Transactions of Kokugakuin University, Vol.44, 第44巻, 163, 189, 01 Feb. 2006
  • Situations of Perioikic Communities in Southern Lakonia, 第38輯, 171, 194, 01 Mar. 2007
  • 第39輯, 01 Mar. 2008
  • 第46巻, 01 Feb. 2008
  • 第109巻第6号, 01 Jun. 2008
  • 第111巻第6号, 01 Jun. 2010
  • 第109巻第11号, 01 Nov. 2008
  • Stephen Hodkinson, Property and Wealth in Classical Sparta., Pp xiii+498, London, Duckworth/The Classical Press of Wales, 2000., £40.00., Furuyama Masato, Journal of Classical Studies, 52, 0, 116, 119, 2004, The Classical Society of Japan
  • W. G. Cavanagh, J. H. Crouwel, R. W. Catling & G. Shipley, Continuity and Change in a Greek Rural Landscape : The Lakonian Survey, Vol.I. Methodology and Interpretation (Annual of the British School at Athens, Supplementary Volume No.26)., Pp.xxx+465, The British School at Athens, 2002 / Vol.II., Archaeological Data (Annual of the British School at Athens, Supplementary Volume No.27)., Pp.xxx+459+Figures 19+Plates 22, The British School at Athens, 1996., Furuyama M., Journal of Classical Studies, 54, 0, 144, 147, 2006, The Classical Society of Japan

Misc

  • 01 Apr. 1982
  • 110編2号, 150, 151, 01 Feb. 2001
  • Book Review: Stephen Hodkinson,, Journal of Classical Studies, 52, 52, 116, 119, 01 Mar. 2004
  • Book Review: W.G.Cavanagh, J.H.Crouwel, R.W.Catling and G.Shipley, Continuity and Change in a Greek Rural Landscape. The Lakonian Survey, VolⅠ. Methodology and Interpretation (Annual of the British School at Athens, Supplementary Volume No.26), The British School at Athens, 2002, ⅹⅹⅹ+465. Vol.Ⅱ. Archaeological Data (Annual of the British School at Athens, Supplementary Volume No.27), The British School at Athens, 1996, ⅹⅹⅹ+459+Figures19 +Plates22., Journal of Classical Studies, 52, 52, 144, 147, 01 Mar. 2006

著書等出版物

  • 01 Nov. 1987, 古山正人、中村 純、田村 孝、毛利 晶、木村凌二、後藤篤子
  • 01 Mar. 1997, 伊藤貞夫、本村凌二、他20名
  • 01 Jun. 1998, 本村凌二、他11名
  • 01 Oct. 2001
  • 01 Apr. 2002
  • 01 Jun. 2002
  • 01 Mar. 2009

講演・発表

  • 01 Apr. 1998
  • Some Problems Regarding Thyreatis, The 53rd Colloquium of the Classical Society of Japan, at The University of Hiroshima, 01 Jun. 2002
  • 22 Oct. 2010

その他

  • 110-2, 01 Feb. 2001, 150, 151
  • 01 Dec. 2001, 1, 3

競争的資金

  • 19320104, The elucidation of OFUDA culture in JAPAN
  • 18520571, A Reconsideration of the State Structure of Ancient Sparta : From aPerspective of Perioikic Study
  • 15320087, Basic Studies on Cultural and Social Significances of GofuAmulets, 1 Our project concentrated our efforts on finding materials' locations and collecting them. As for Japanese gofu amulets abroad, we confirmed their locations and investigated the collections of them in the Pit River Museum, in Oxford, Musee Guimet in Paris and so on.;2 Japanese gofu amulets abroad collected by museum and institutions like Bernard Frank Collection are mostly ones from Buddhist temples. But gofu amulets preserved by Shinto shrines have been scarcely surveyed. So our projects conducted a questionnaire on gofu amulets. It was addressed nationwide to Shinto shrines which had not been surveyed before. The questionnaire sheets were sent to about 2,000 shrines with a history by the help of National Association of Shinto Shrine and all Associations of Shinto Shrine in all the Prefectures. About 400 shrines submitted a reply to the questionnaire. As the results, for example, it revealed they have gofu and Goou-hoin amulets which have not been recognized their presence. So we appreciate that it brought important outcomes.;3 We conduced on-the-spot surveys at Mishimataisha, Shiogama Jinja, Fusimi temple at Kanazawa and so on which have confirmed to have printing blocks which are not used at present. Though the survey's results are reported in detail in the survey report, that we have established a method of investigation into gofu amulets such as rubbing and drawing up of a record of each item is a result worthy of special mention.;4 As for kishoumons (written pledges with gods) with Goou-Hoin, we investigated documents written in Medieval and Early Modern Ages which are preserved by the Hosokawas in Kumamoto, the Maedas and so on. Among them we have found a great many kishoumons. Especially we confirmed kishoumons issued to vassals by Japanese feudal lords and Reisha Jogan Kishoumon (written pledges with gods affirmed by documents of powerful shrines in Early Modern Age. It is very significant that we investigated documents neglected before our survey. Further we found a Goou-Hoin printing a crow which seems to date to the 15th century and to be the earliest extant one.;5 The investigation of gofus derived from Buddism and Taoism in China is important for us to trace Japanese gofus to their origin. We tried to find out Buddist gofus among the documents of Dong Feng. Further we have gotten gofus issued at present in Taiwan. And an investigator continues systematically to collect Taiwanese gofus by the help of a Taiwanese scholar.;6 We continue to build a database of collected materials after this project is finished. The details of the surveys and studies mentioned above are to be made public when Academic Medea Center, Kokugakuin University is open.
  • 08610393, A Study on Symposion in Ancient Greece, I met and discussed on Symposion with Prof.Oswyn Murray in Balior College, Oxford in Sept.1997. What we discussed on that occasion is that whether or not we could ever explain and understand the Greek history diachronically by means of the concept of Symposion. When I began this research, I was stimulated and motivated by a set of articles on Symposion by Murray in 1980s. Inspired by F.Bourriot and D.Roussel who denied phratria and genos to have been originally kinship groups, He tried to find the basic principles of social and political organizations in Archaic age in the organizations of communal commensality based on equality. In our discussion, Murray told that he still keeps his opinion that the theory on Symposion is valid to understand Archaic age Greece. But he admitted that his prospect of the applicability of his theory to Greek history diachronically was not so good. He argued that it is applicable to the study of cultural history.;In Japan there appeared a full-scale and detailed article by S.Ito in Shigaku Zasshi 106-11,1997, which criticized F.Bourriot and D.Roussel. But I still admit the theory on Symposion is promising to understand the principles of social and political organizations from the emergence of polis to Archaic age. Moreover, I think it promising to study further and attest positively ideas which Murray suggested and referred to in his articles. I am going to report on Spartan syssitia and agoge in the meeting of Legal History Association in April 1998.;As for iconographic study, I have preserved pictures and figures published in books and articles in a hard disc. But because of my low proficiency in manipulating softwares, I have not yet realized the anticipated outcome. This is a problem to be solved henceforth.
  • 04301047, A STUDY OF SOCIAL INJUSTICE IN GREECE AND ROME, The present research has manifested some aspects of injustice -- especially social and political -- in Greece and Rome : it has been attested that in the world of the classical antiquity there existed indeed various kinds of injustice, which constituted some important factors influencing its history. The problems which we could take up in the present Research was but a part of such various kinds of injustice, it is true, but we are convinced that their results as a whole will contribute to comprehending more thoroughly the world of the classical antiquity. For the theme of each member's research is concerned to the fundamental problem in each of its periods, as follows, and the research shown in individual publications or in the present report are demonstated by means of historical sources. As for Greece, the present Research clarifies, as its results, the significance of the disturbances between individuals and the community concerning the land tenure in the Mycenaean age (Yamakawa), the real situation of the crisis in the Athenian society in the archaic age (Seimiya), the roll of the bribe chiefly in Sparta (Furuyama), and Roman injustice in Asia Minor in the hellenistic age ; as for Rome, Cicero's theory on just and unjust kings in the Roman monarchy (Hirata), the discrimination of the Italians on the part of the Romans in the latest republican age (Iwai), the inequality in the permanent inquiry, the senatorial and imperial courts in the early Principate (Shimpo), the injustice by some Roman provincial governors (Sakamoto), the secularization and corruption in the early Christianity (Matsumoto) and the unjust patrocinium and the establishment of the office of defensor civitat is in the late Roman Empire.
  • 03301047, Cultures, Folkways, and Attitudes toward Society in the Ancient Mediterranean, The original aims of this joint research project were as follows:(1) to clarify realities of daily life in the ancient Greco-Roman world and the mentality of the inhabitants; (2) to examine the relationship between behavior patterns and social structures, taking account of geographical and chronological differences; (3) thus to gain new insights into the ancient Mediterranean world and to develop a broader perspective than the conventional one. Since considerations of time and participants' specialization made a comprehensive deal of every aspect of cultures impossible, we have decided to conduct our research under the following headings: "Family and Social Life," "Religious Life," and "Intercultural Encounters and Acculturation.";Individual research results can be found in the Report of this research project. As for the overall results, we could establish the following points: the variety of ancient Mediterranean social environments, both geographical and over time, requires us to reconsider the validity of analysis of ancient Greece and Rome under a single theoretical framework; traditional categories applied uniformly to Greece and Rome, either as "Indo-European societies" of "Classical Civilization," should perhaps be discarded. Despite conventional assumptions, we could find no evidence for any unifying structures between ancient Greece and Republican Rome.;Two themes of particular significance emerged during our research. Concerning the relationship between the Greco-Roman world and its neighbors, the inadequacy of an exclusively Helleno-centric - Rome-centered perspective, and the distortion inherent in such a perspective, became increasingly apparent. Another important conclusion concerns the relationship between "private" and "public" behavior. The relationship between these two spheres, and in particular the sense of difference between them, are important variables in the societies under consideration.;Construction of a new hypothesis concerning the overall framework of ancient Mediterranean history lies beyond the scope of the two-year program available to us. The formulation of such a hypothesis, nevertheless, seems within reach of participants. We intend to continue gathering information upon individual case studies, and correlating the results of our researches in the future.
  • 01510228

教育活動

担当授業

  • 2019, 本演習の主眼は西洋前近代史を研究するためにはどのような方法・技術が必要であるかを理解すると同時に、西洋前近代史の基礎的知識を身につけてもらうことにある。西洋史を専攻するに至っていない者が対象であるので、基本的には日本語文献を用いて、レジュメを作成しレポートしてもらう。レポートに基づいて行う質疑応答も重要である。さらに英語の基礎的な力を維持市高めることは現在の社会状況においてきわめて重要である。したがって、英語翻訳も行う。|受講者には各自の関心あるテーマに関連する最も重要な論文を取りあげて、その論文の特徴・批判すべき点を考え、自らの研究の見通しを論じる機会を設ける。受講生はそれによって卒論のテーマの確定に向けて準備を進めてもらう。|この演習は、史学入門を受けて、より専門的に西洋史研究の方法を身に着けることと、卒業論文執筆の基盤を形成することを目的とする。受講生の研究テーマは当然多岐にわたるが、そのための基本的方法は同じである。研究テーマについて、これまでの研究史を押さえ、研究の現状を正確に理解するとともに研究テーマの現代的意味を理解することが出発点となる。|これらを背景に、研究テーマについての自己の関心・動機に基づいて、史・資料を博捜し読み込むことになる。そのためには邦語の専門論文・専門書をまずは網羅的にリストアップし、読み込むことになる。日本における西洋史研究の蓄積も多くなり、基礎的作業を邦語文献で行うことは可能であろう。しかしながら、個々のテーマについては研究者の数が限られるので、どうしても、欧米語の文献を読むことが欠かせない。このような本演習の目的に即して、受講生には絶えず文献の収集と閲読を行い、それをレポートすることを求める。前期・後期にそれぞれ1・2回授業時の報告を行い、全員で議論する。また、並行して英語文献の講読も行い、語学力の涵養にも努める。毎回翻訳の提出を義務づける。また夏期休暇中と冬期休暇中に、自己の研究テーマに即した英語文献を読んで翻訳を提出することも求める
  • 2019, 本演習の主眼は西洋前近代史を研究し、卒業論文を作成するためにはどのような方法・技術が必要であるかを理解し、身につけてもらうことにある。受講者は研究対象に応じてその対象地域の言語を習得する必要があり、西洋古代・中世を研究しようとする者はこのほかにギリシア語と(あるいは)ラテン語が欠かせない。従って、受講生には、英語は当然のこと、英語以外の言語についても最低限辞書を引けば読めるよう努力することを求める。望み得るならば、ギリシア語とラテン語のコースを受講すること。|受講者には各自の関心あるテーマに関連する最も重要な論文を取りあげて、その論文の特徴・批判すべき点を考え、自らの研究の見通しを論じる機会を設ける。受講生はそれによって卒論のテーマの確定に向けて準備を進めてもらう。|この演習は、基礎演習Bを受けて、より専門的に西洋史研究の方法を身に着けることと、卒業論文執筆の基盤を形成することを目的とする。受講生の研究テーマは当然多岐にわたるが、そのための基本的方法は同じである。研究テーマについて、これまでの研究史を押さえ、研究の現状を正確に理解するとともに研究テーマの現代的意味を理解することが出発点となる。|これらを背景に、研究テーマについての自己の関心・動機に基づいて、史・資料を博捜し読み込むことになる。そのためには邦語の専門論文・専門書をまずは網羅的にリストアップし、読み込むことになる。日本における西洋史研究の蓄積も多くなり、基礎的作業を邦語文献で行うことは可能であろう。しかしながら、個々のテーマについては研究者の数が限られるので、どうしても、欧米語の文献を読むことが欠かせない。このような本演習の目的に即して、受講生には絶えず文献の収集と閲読を行い、それをレポートすることを求める。前期・後期にそれぞれ1・2回授業時の報告を行い、全員で議論する。また、並行して英語文献の講読も行い、語学力の涵養にも努める。毎回翻訳の提出を義務づける。
  • 2019, 本演習の主眼は西洋前近代史を研究するためにはどのような方法・技術が必要であるかを理解すると同時に、西洋前近代史の基礎的知識を身につけてもらうことにある。西洋史を専攻するに至っていない者が対象であるので、基本的には日本語文献を用いて、レジュメを作成しレポートしてもらう。レポートに基づいて行う質疑応答も重要である。さらに英語の基礎的な力を維持市高めることは現在の社会状況においてきわめて重要である。したがって、英語翻訳も行う。|受講者には各自の関心あるテーマに関連する最も重要な論文を取りあげて、その論文の特徴・批判すべき点を考え、自らの研究の見通しを論じる機会を設ける。受講生はそれによって卒論のテーマの確定に向けて準備を進めてもらう。|この演習は、史学入門を受けて、より専門的に西洋史研究の方法を身に着けることと、卒業論文執筆の基盤を形成することを目的とする。受講生の研究テーマは当然多岐にわたるが、そのための基本的方法は同じである。研究テーマについて、これまでの研究史を押さえ、研究の現状を正確に理解するとともに研究テーマの現代的意味を理解することが出発点となる。|これらを背景に、研究テーマについての自己の関心・動機に基づいて、史・資料を博捜し読み込むことになる。そのためには邦語の専門論文・専門書をまずは網羅的にリストアップし、読み込むことになる。日本における西洋史研究の蓄積も多くなり、基礎的作業を邦語文献で行うことは可能であろう。しかしながら、個々のテーマについては研究者の数が限られるので、どうしても、欧米語の文献を読むことが欠かせない。このような本演習の目的に即して、受講生には絶えず文献の収集と閲読を行い、それをレポートすることを求める。前期・後期にそれぞれ1・2回授業時の報告を行い、全員で議論する。また、並行して英語文献の講読も行い、語学力の涵養にも努める。毎回翻訳の提出を義務づける。また夏期休暇中と冬期休暇中に、自己の研究テーマに即した英語文献を読んで翻訳を提出することも求める
  • 2019, 本演習の主眼は西洋前近代史を研究するためにはどのような方法・技術が必要であるかを理解すると同時に、西洋前近代史の基礎的知識を身につけてもらうことにある。西洋史を専攻するに至っていない者が対象であるので、基本的には日本語文献を用いて、レジュメを作成しレポートしてもらう。レポートに基づいて行う質疑応答も重要である。さらに英語の基礎的な力を維持市高めることは現在の社会状況においてきわめて重要である。したがって、英語翻訳も行う。|受講者には各自の関心あるテーマに関連する最も重要な論文を取りあげて、その論文の特徴・批判すべき点を考え、自らの研究の見通しを論じる機会を設ける。受講生はそれによって卒論のテーマの確定に向けて準備を進めてもらう。|この演習は、史学入門を受けて、より専門的に西洋史研究の方法を身に着けることと、卒業論文執筆の基盤を形成することを目的とする。受講生の研究テーマは当然多岐にわたるが、そのための基本的方法は同じである。研究テーマについて、これまでの研究史を押さえ、研究の現状を正確に理解するとともに研究テーマの現代的意味を理解することが出発点となる。|これらを背景に、研究テーマについての自己の関心・動機に基づいて、史・資料を博捜し読み込むことになる。そのためには邦語の専門論文・専門書をまずは網羅的にリストアップし、読み込むことになる。日本における西洋史研究の蓄積も多くなり、基礎的作業を邦語文献で行うことは可能であろう。しかしながら、個々のテーマについては研究者の数が限られるので、どうしても、欧米語の文献を読むことが欠かせない。このような本演習の目的に即して、受講生には絶えず文献の収集と閲読を行い、それをレポートすることを求める。前期・後期にそれぞれ1・2回授業時の報告を行い、全員で議論する。また、並行して英語文献の講読も行い、語学力の涵養にも努める。毎回翻訳の提出を義務づける。また夏期休暇中と冬期休暇中に、自己の研究テーマに即した英語文献を読んで翻訳を提出することも求める
  • 2019, 西洋前近代を「古代」と「中世」に分け、それぞれの時代の重要トピックに焦点をあてながら、ほぼ時系列に沿って、概観する。|
  • 2019, 本演習の主眼は西洋前近代史を研究するためにはどのような方法・技術が必要であるかを理解すると同時に、西洋前近代史の基礎的知識を身につけてもらうことにある。西洋史を専攻するに至っていない者が対象であるので、基本的には日本語文献を用いて、レジュメを作成しレポートしてもらう。レポートに基づいて行う質疑応答も重要である。さらに英語の基礎的な力を維持市高めることは現在の社会状況においてきわめて重要である。したがって、英語翻訳も行う。|受講者には各自の関心あるテーマに関連する最も重要な論文を取りあげて、その論文の特徴・批判すべき点を考え、自らの研究の見通しを論じる機会を設ける。受講生はそれによって卒論のテーマの確定に向けて準備を進めてもらう。|この演習は、史学入門を受けて、より専門的に西洋史研究の方法を身に着けることと、卒業論文執筆の基盤を形成することを目的とする。受講生の研究テーマは当然多岐にわたるが、そのための基本的方法は同じである。研究テーマについて、これまでの研究史を押さえ、研究の現状を正確に理解するとともに研究テーマの現代的意味を理解することが出発点となる。|これらを背景に、研究テーマについての自己の関心・動機に基づいて、史・資料を博捜し読み込むことになる。そのためには邦語の専門論文・専門書をまずは網羅的にリストアップし、読み込むことになる。日本における西洋史研究の蓄積も多くなり、基礎的作業を邦語文献で行うことは可能であろう。しかしながら、個々のテーマについては研究者の数が限られるので、どうしても、欧米語の文献を読むことが欠かせない。このような本演習の目的に即して、受講生には絶えず文献の収集と閲読を行い、それをレポートすることを求める。前期・後期にそれぞれ1・2回授業時の報告を行い、全員で議論する。また、並行して英語文献の講読も行い、語学力の涵養にも努める。毎回翻訳の提出を義務づける。また夏期休暇中と冬期休暇中に、自己の研究テーマに即した英語文献を読んで翻訳を提出することも求める
  • 2019, 本授業の前半では、本学の史学科生として充実した学生生活を送るために必要な基礎知識や能力、姿勢を培う。具体的には以下の4つを学ぶ。|(1)「学びの場」である史学科の歴史やカリキュラム、特徴を理解する|(2)大学での学び方、生活のマナーを身につける|(3)学修に必要な知識・情報(書籍・論文)の入手の仕方、情報ツールの活用法、学習・研究上の倫理(ルール)を知る|(4)学んだことをまとめ、考えたことを仲間に伝えるための発表の技術、文章作成術を身につける||本授業の後半では、各自が専攻しようとするコースでどのような研究をする場なのか、実際の研究にふれて、その概要を知る機会とする。|
  • 2019

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018, 火曜日4時限、金曜日3時限、予めアポイントを取ること。

学外活動

学協会活動

  • Apr. 1978
  • Apr. 1978
  • Sep. 1978
  • Jun. 1981
  • Apr. 1984
  • Apr. 1991


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.