K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Kazuo Hayashi
Department of History
Professor
Last Updated :2019/07/13

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Kazuo Hayashi

所属・職名

  • Department of History, Professor

学位

  • 文学修士

本学就任年月日

  • 01 Apr. 1996

研究分野

  • Historical geography, Area studies (China)

研究活動

論文

  • 第63巻第1号, 69, 105, 01 Jan. 1980
  • 第27集, 85, 116, 01 Mar. 1981
  • 126, 135, 01 Jun. 1982
  • 139, 159, 01 Sep. 1983
  • 419, 454, 01 Mar. 1984
  • 399, 410, 01 Apr. 1986
  • 255, 272, 01 Jun. 1989
  • 123, 131, 01 Jan. 1991
  • 第46号, 45, 72, 01 Jul. 1993
  • 第4巻第7号, 39, 44, 01 Jul. 1993
  • 第38巻第2号, 14, 27, 01 Mar. 1996
  • 95, 129, 01 Mar. 1996
  • 113, 150, 01 Mar. 1997
  • 第98巻第3号, 50, 66, 01 Mar. 1997
  • 103, 138, 01 Mar. 1998
  • 76, 108, 01 Mar. 2002
  • 177, 194, 01 Mar. 2003
  • 97, 153, 01 Nov. 2003
  • 23, 26, 01 Mar. 2004
  • 213, 229, 20 Jun. 2007
  • 600, 611, 25 Apr. 2007, 吉川博輔
  • 621, 633, 25 Apr. 2007
  • 27, 50, 10 Feb. 2010
  • 10 Mar. 2011

Misc

  • 376号, 05 Jun. 2012
  • 56巻4号, 20 Sep. 2014

講演・発表

  • Reforms of State‐owned Munitions Industry in the "Third‐line onstruction" Area and Grand‐scale Development of Western Region in China, 01 Mar. 2001
  • 18 Dec. 2004
  • 01 Dec. 2007

競争的資金

  • 19500878, Fundamental Research on the methodology for the evaluation and the conservation of the cuIturaI Landscape
  • 16520491, Comparative Studies of Welfare States between China and Japan ; From the Geographical Viewpoint., In Chapter 1,the difference and similarity between Welfare regime of China and Japan were analyzed. The two countries share familialism in care giving for the elderly, however, families in Shanghai can reduce their rolls by outsourcing care services from diverse providers, such as institutional care, housemaids, and voluntary associations based on communities.;In Chapter 2,the characteristics of the out-of-home activities of the elderly were analyzed comparing the activity data of the elderly extracted from the results of an activity-diary survey in a Chinese city and the time-use data collected by a time-use survey by NHK in Japan. The reduce of the difference between weekday activities and holiday ones are commonly found in both China and Japan. The most noteworthy feature of the activities of the Chinese elderly is a traditional gender becoming obvious in the aged days.;On the basis of the questionnaire surveys in Shanghai, chapter 3 establishes its framework on the behavior geography, tries to get a full-range knowledge of the daily activity space of the urban elderly. First, great efforts were made to display the generic characteristics of daily activities of the elderly. Meanwhile, concerns the differences of activity characteristics among different subgroups of the elderly. Finally, comparisons were made between the daily activity spaces of the elderly from different residents as to understand the influence that built environment posed on the daily activity space of the elderly;The aim of Chapter 4 is to clarify the futures and generating factors of intra-urban migration in Shanghai by using the population census as well as the hearing survey to 217 elderly persons. Its elderly people concentrate in the central core area of the city, where various reconstruction projects are now in full flood. The main reason of elderly migration in Shanghai is these reconstruction projects. Many old people had to move out from the central core area to its neighboring areas under the downtown redevelopment. Urban development projects are also being done in the suburban area, which are forcing old farmers to move within suburban area.
  • 13610394, The Fundamental Research on Nitto Guho Junrei Koki and Its Recension, 1)Investigation of Old Manuscripts of Nitto Guho Junrei Koki;In 2001 and 2002,we checked out whereabouts of the old manuscripts of Nitto guho junrei koki. We located the copies in Toji kanchiin and Tuganeji, and investigated the publishment of its recensions, Japanese reading versions, and commentaries in Japan, Korea, and China.;2)Recension and transliteration of Nitto Guho Junrei Koki, Vol 1.;The recension and transliteration of Nitto guho junrei koki, vol.1 was completed. Regarding the recension, we elaborated each character in its text by referring to the Toji kanchiin copy, and compiled it into a database which enables cross-reference of characters. A database of its transliteration was also completed.;3)Annotation of Nitto Guho Junrei Koki, Vol 1;70% of the annotation for Volume 1 has been completed. In 2003,we made explorations into Shandong Peninsula, China, with the need of field perambulation on the process of annotating. As the result of the explorations, we detected errors of geographic names conventionally recorded, and also discovered spots that their names could be newly extrapolated.;4)Compilation of Relevant Documents of Nitto Guho Junrei Koki;Due to budgetary constraints, this project could not be conducted.;5)Compilation of Relevant Bibliography of Nitto Guho Junrei Koki;We completed to compile the relevant bibliography for Japanese publications. Regarding Chinese and Korean ones, we have not completed.;6)Publishing Research Papers on Nitto Guho Junrei Koki;Workshops were conducted on April 17 and September 18 in 2004, and each result will be published as a research paper in the Final Report.
  • 11691018, A Study on Change of Living Space in Sichuan Basin, China, The investigators conducted field research works under complete cooperation with Chengdu Research Institute of Mountain Hazard and Environment (Science Academy of China) in Chengdu Metropolis and its suburbs, industrial city Mianyang and its surrounding rural area, and a tourist town Xichang and its neighboring hilly area. The researched items are as follows ; 1) urbanization and city environment, 2) change of commercial activities and development of free markets, 3) development of small towns, 4) development of rural industries, 5) restructuring of state-owned enterprises, 6) change of landuse and landscape in rural area, 7) economic condition of farms, and 8) green tourism and tourism policy. The methods of the research were observation, interview, analysis of questionnaires, statistic analysis etc.;The findings of the research are as follows; 1) Each of the metropolis, the industrial city and the tourist town has experienced rapid urbanization and reconstruction, but suffered from severe en-vironmental problems. 2) Commercial activities of private shops and free markets have been activated, while nation-owned and cooperative commerce have declined. 3) The policy of small town development has not been so successful comparing with that in the Coastal Region. 4) One of the reasons for it is poor development of rural industries. 5) State-owend industrial enterprises changed their products from military to civil ones and have sold their apartments to the employees. 6) Agriculture have been commercialized and production of fruits and vegetables have increased. 7) Increase of farmers' income, however, depends on their temporal work in other areas. 8) A kind of green tourism called 'nongjiale' have recently developed, and local governments are very eager in development of tourism.
  • 10680089, The Geographical Study about the Actual Condition and the Change of Traditional Markets in Modern Rural China, In this study, first I endeavored to collect the data on traditional market exchange in modern China and various map data, and statistics data in the library and the research organization which possesses China-related books and data abundantly. Second I created the database about various attributes of traditional market in Guangxi and Guangdong Province, and analyzed the distribution and the location of markets by mapping database. Furthermore, based on detailed data analysis of frequent changes in policy about commerce, I analysed changes of market exchange. The result of research can be collected as follows.;1) After the founding of the country, market exchange were greatly influenced by frequent change of a commercial policy, and markets repeated closing and resumption. However, from the necessity for everyday life, even in the time of the Great Leap or the Cultural Revolution, many markets continued trade activities.;2) After enforcement of the economic reform and open-door policy, markets were extensively resumed. The role which markets were expected is to permeate market economy in rural area and to lead economical development by activating dealings of goods.;3) As a general tendency, markets are changing from periodic market to daily market, and location of market also changing from the stall of along a street or an open space to the standing store in a building.;4) In order that many people may gather, market place is not only the place of dealing of goods, but like the Ming and Qing time, a role as central place which various fucaons accumulate is important.
  • 07041010, Living space of urban and rural residents 1n Henan Province REGISTERED NUMBFJR/NAME/1NSTITUTION/DEPARTMENT/TITLE OF POSITION, The investigators conducted filed research works under complete cooperation with the Science Academy of Henan province and the Zhengzhou City Government in Zhengzhou metropolis and its suburbs, a local city Shinzhen and its surrounding rural areas, and a tourist town Dengfeng and its neighboring hilly areas. The reserched items are as follows ; l) urbanization and city development, 2) change of commercial activities and development of free markets, 3) development of rural industries, 4) Ianduse and landholding in rural area and circulation of agricultural products, 5) change in living space of ruraland urban residents. The methods of the research were observation, interview, questionnaire, statistic analysis etc.;The findings of the research are as follows ; 1) Under the reform and opening policy, each of metropolis, the local city and the tourist town have experienced rapid urbanization and reconstruction. 2) Commercial activities, particularly those of private shops and free markets, have been activated, a1though nation-owned and cooperative commerce has been stagnant. 3) In spite of their inland location, rural industries have somewhat developed, but there is a large areal variation of the development caused by conditions of resources, technology and entrepreneur-ship. 4) Agriculture have been individual lized and commercialized under the production contract system, and unregistered reclamation of land completely new channel of agricultural products have appeared in some rural areas. 5) Living space of residents have been expanded and diversified because of separation between residence and work place caused by break up tanwei system in urban area, or because of development of pat-time farming and emigrate in rural area.

教育活動

担当授業

  • 2019, 過去に生きた人々の様々な活動や考え方は文字史料や古地図・絵図、絵画に記録・表現されています。地図・絵図の歴史は文字よりも古く、たとえ文字を持たない社会でも地図・絵図を描き日常生活に活用していました。彼らは日々の生活のなかで得た有用な情報を地図や絵図に描いて蓄積・共有し、地図をとおして互いの意志の疎通をはかったり、また自分たちの世界観を地図に表現したりしてきました。| 地図や絵図には、それらが作られた時代の知識や情報が凝縮されて詰め込まれています。古地図や絵図を解読することは、その時代の歴史や社会を読みとることにもなります。また、過去の人々が頭の中に描いていた地理像を知ることもできます。この授業では、近世末に刊行された江戸切絵図の読解を通して江戸・東京の都市空間を考えていきます。具体的には、当時ベストセラーだった尾張屋板の江戸切絵図(32枚)を受講生は1枚ずつ担当して絵図に描かれた範囲を実際に歩いてもらいます。そして現代図との比較から現代に残る江戸の歴史的景観(道路や橋・坂道、土地や町の区画、建物、神社・寺院、庭園・緑地、大名屋敷の位置・地形など)を探し出し、さらに絵図の範囲内での江戸末期~明治~大正~昭和~平成の間の都市景観の変化について順番に報告してもらいます。| また教室で古地図や明治・大正期の旧い地形図上で地名、土地利用、景観などを手がかりに、地表に歴史の痕跡を見出して、それを生み出した人々の営みや意図を読み取る作業もおこないます。|さらに、休日などを利用して古地図や地形図を携えて大学の周辺を一緒に歩いて渋谷の成り立ちを考えたり、東京近郊に出かけて様々な歴史的景観を観察する「ブラタモリ」的エクスカーションも実施します。
  • 2019, 地域文化と景観コースの私の演習では、眼前に展開する都市や村落などの様々な景観の成り立ちとその変化・仕組みや、地域が育んできた祭礼・伝統行事・芸能など伝承文化、京都・江戸・大坂などの都市で培われた諸文化などをテーマに取り上げます。| 前期の演習Ⅰでは、受講生諸君それぞれが関心をもつテーマに関連した学術論文や専門図書を読み、さらに都市や農村に残る様々な歴史的景観や祭礼・伝統行事・芸能などの実地調査を通して歴史学や地理学の基本的考え方や課題、研究方法などを身につけて、卒業研究などに活用できることをめざします。受講生には自分で検索した学術文献の批判的な読解や、実地調査などをもとに報告資料を作成・配布して報告してもらい、活発な質疑・討論を通して互いに課題に対する理解を深めていきます。また研究の資料である古地図や絵図、絵画史料、文書史料などを読解し研究に活用する技法も学びます。休日を利用したエクスカーションや見学会、実習旅行も実施したいと考えています。| 受講生諸君の卒業研究で取り組みたいテーマは非常に多岐にわたっていますので、受講生それぞれの関心やテーマに合わせて研究方法などの個別指導も積極的に行います。
  • 2019, 地域文化と景観コースの私の演習では、眼前に展開する都市や村落などの様々な景観の成り立ちとその変化・仕組みや、地域が育んできた祭礼・伝統行事・芸能など伝承文化、京都・江戸・大坂などの都市で培われた諸文化などをテーマに取り上げます。| 後期の演習では、名所番付などに掲載された江戸時代の行楽地や景勝地、あるいは今に残る歴史的な都市や町並み・村落、伝統的生業景観などについて、絵図・古地図や絵画資料、古文書、文献資料などで事前に研究したうえで、実際に現地を訪れて実地調査を行ってそれぞれの景観の特徴やその歴史的変遷などを考察します。この作業を通して歴史学や地理学の基本的考え方や課題、研究の視座や方法などを学習して、卒業研究などに活用できることをめざします。受講生には自分で検索した学術文献の批判的な読解や、最低1回の現地での実地調査などをもとに報告資料を作成・配布して報告してもらい、活発な質疑・討論を通してテーマに対する理解をいっしょに深めていきます。また研究の資料である古地図や絵図、絵画史料、文書史料などを読解し研究に活用する技法も学びます。休日を利用したエクスカーションや見学会、実習旅行も実施したいと考えています。| 後期は、受講生諸君の卒業研究のテーマの決定や提出した第一次卒業論文題目にもとづいて具体的に卒業研究を進めるための個別指導にも力を入れます。
  • 2019, コンピュータは今や日常生活でも学術研究でも必要不可欠な道具になっています。また難しいプログラミング言語やぶ厚いマニュアルを理解していなくても、だれでも容易にコンピュータを操作できるようになりました。しかし、ある程度コンピュータの操作に習熟していれば、もっと効率よく、また的確に必要な情報の検索や処理、そして発信を行うことができます。| この授業では、コンピュータ操作の初心者を対象に、コンピュータを使用して歴史研究に関連した文字情報や画像情報・数値情報の処理技術と文献データベース等の構築方法を実習を通して学び、またインターネットを活用して歴史学・地理学・考古学などに関連した様々な情報にアクセスし検索するノウハウの習得をめざします。さらにPower Pointを使って、歴史をテーマにプレゼンテーションを作成して、自ら情報を発信する技法の練習もします。| この授業の基本的な方針は、「習うより慣れろ!」です。授業でパソコン操作に失敗すればするだけ技能は上達します。
  • 2019, コンピュータは今や日常生活でも学術研究でも必要不可欠な道具になっています。また難しいプログラミング言語やぶ厚いマニュアルを理解していなくても、だれでも容易にコンピュータを操作できるようになりました。しかし、ある程度コンピュータの操作に習熟していれば、もっと効率よく、また的確に必要な情報の検索や処理、そして発信を行うことができます。| この授業では、コンピュータ操作の初心者を対象に、コンピュータを使用して歴史研究に関連した文字情報や画像情報・数値情報の処理技術と文献データベース等の構築方法を実習を通して学び、またインターネットを活用して歴史学・地理学・考古学などに関連した様々な情報にアクセスし検索するノウハウの習得をめざします。さらにPower Pointを使って、歴史をテーマにプレゼンテーションを作成して、自ら情報を発信する技法の練習もします。| この授業の基本的な方針は、「習うより慣れろ!」です。授業でパソコン操作に失敗すればするだけ技能は上達します。
  • 2019, 日本の近世・近代における都市と村落の様々な景観がもつ特徴と、それらの形成および変化のプロセスとメカニズムの解明を目指す授業です。具体的には近世の城下町や在郷町・宿場町などの都市的景観の形成と内部構造のプラン、近世および近代の開発にともなって形成された特色ある村落景観の形成と付随する土地利用システムや生活様式、近世の交通の発展と旅の諸相などにかかわる諸問題を取りあげます。様々な歴史的景観のもつ意義や意味について考察することを通して、都市研究、農村研究などにおける景観論的視座からの問題意識とそのアプローチの独自性を明らかにしていきます。
  • 2019, 中国を代表する河川である黄河と長江を取りあげ、二大河川の流域で展開した歴史と地理を考える。| 古来より中国では「江」といえば長江を、「河」といえば黄河をさした。中国を象徴する二つの大河は、黄河文明と長江文明という二大古代文明を育んだ中華世界の母なる河川でもある。長江は長さ約6300㎞、黄河は約5460㎞とさほどの差はないが、流域面積は黄河は長江の約4割に過ぎず、年間流出量は黄河は長江の17分の1に過ぎない。自然的な面では、黄河は長江の雄大さに及ばないが、下流部は旧石器時代から人類居住の地であり、とくに関中平原から中原にかけては夏・商から北宋代まで歴代王朝の都が置かれた中華文明の発祥・揺籃の地であり、漢民族の心の拠り所としての存在感は長江をしのいでいる。| しかし長江流域は南北朝以来、中国の歴史を支える穀倉として、また文化の淵藪として数多くの文化人を生みだした。宋代以降、中国経済の核心地域は黄河下流の中原地方から稲作を柱に農業開発が進展した長江下流部の江南地方に移行し、現在に至っている。|  授業では、まず黄河と長江を概観し、古代の漢民族の地理認識と世界観をさぐる。続いて史料と古地図をもとに歴代王朝が黄河の源流を探索した歴史をたどる。流域に住む人びとは、絶えることなく流れる黄河の発源地に対して古代より強い関心をもっていた。長江では、流域の自然環境の変遷や自然災害、下流部の江南デルタでの干拓による大規模な農業開発の進展、縦横に走る水路の結節点に生成・発達した小商工業都市(鎮市)の歴史的景観の特徴などを主要なテーマにする。| 方志(地方史誌)や古典籍などの文字史料に加えて、古地図や絵図などをできるだけ用いて授業を進めていきたい。また、POWER POINTを用いて、できるだけ地図や写真などをスクリーンに提示する。
  • 2019, 創立120周年記念事業として行われた渋谷学研究会は、しばらく休眠していましたが、平成20年度から新しい陣容で再開し、着実に研究活動を進めています。本年度後期、皆さんに、渋谷を多面的に知っていただき、また地域研究のあり方を知っていただくため、総合講座として開講することとしました。講師は毎回異なり、それぞれの分野から渋谷を取り上げます。
  • 2019, 創立120周年記念事業として行われた渋谷学研究会は、しばらく休眠していましたが、平成20年度から新しい陣容で再開し、着実に研究活動を進めています。本年度後期、皆さんに、渋谷を多面的に知っていただき、また地域研究のあり方を知っていただくため、総合講座として開講することとしました。講師は毎回異なり、それぞれの分野から渋谷を取り上げます。
  • 2019, 本授業の前半では、本学の史学科生として充実した学生生活を送るために必要な基礎知識や能力、姿勢を培う。具体的には以下の4つを学ぶ。|(1)「学びの場」である史学科の歴史やカリキュラム、特徴を理解する|(2)大学での学び方、生活のマナーを身につける|(3)学修に必要な知識・情報(書籍・論文)の入手の仕方、情報ツールの活用法、学習・研究上の倫理(ルール)を知る|(4)学んだことをまとめ、考えたことを仲間に伝えるための発表の技術、文章作成術を身につける||本授業の後半では、各自が専攻しようとするコースでどのような研究をする場なのか、実際の研究にふれて、その概要を知る機会とする。|
  • 2019, 人々(=社会集団)は地域の自然環境から受ける様々な制約や可能性を、新たな発想や新技術の導入などによって徐々に克服しかつ利用しながら、地域の自然環境に適応した独自の生活のシステム(生活様式)や生業形態、また地域ごとに特徴ある個性的な歴史的景観(生活空間)を造りあげ、またそれらを作りかえてきました。これら地域ごとに特色ある生活様式と生業形態、生活空間をまとめて地域文化と呼びます。また地域文化を構成する要素、例えば「方言」などは空間的な広がりを有しています。その分布を地図に表現することで、「方言」という要素がもつ特性を見いだすことができます。さらに全体である地域文化そのものも空間的広がりをもち、類似した地域文化の空間的な範囲を文化領域として地図に表現することができ、そこからそれぞれの地域文化がもつ個性を考えることができます。| 授業では、地域文化やそれを構成する諸要素の空間的広がりを表現した地図を読み解きながら、それらの特性や個性を歴史的過程をふまえて理解します。
  • 2019, 卒業論文の完成という最終目標をめざして、各自の卒業論文のテーマの研究の進展に応じて中間報告を行い、全員で討議して内容を深めていく。卒論作成に必要な資料収集や分析方法、具体的な論文構成や執筆方法に関する指導も随時行っていく。|受講生は少なくとも必ず四回は発表をすることとし、第一回は卒論テーマに関する研究史の整理と研究課題の設定、第二回と第三回は実際の卒業研究の進行状況に応じた中間発表とし、第四回では卒論の章節に従った最終報告とする。他の受講生の発表を批判的に聞き、積極的に発言して意見を表明するすることは、自己の研究の自省と思考能力の鍛錬につながるものであるから、意欲的に授業に参加してもらいたい。授業以外でも、できるだけ個人指導を研究室にて行います。
  • 2019

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • Apr. 1972
  • Apr. 1973
  • Apr. 1978
  • Apr. 1983
  • Apr. 1990


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.