K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Yusuke ADACHI
Department of Economics
Assistant Professor
Last Updated :2021/12/26

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Yusuke ADACHI

所属・職名

  • Department of Economics, Assistant Professor

学位

  • 25 Mar. 2020, 博士(経済学), 名古屋大学, 経済学関係, 経済博第272号, Transportation Cost and Regional Economy

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2020

研究活動

論文

  • 14, 3, 287, 308, 01 Dec. 2021
  • 01 Oct. 2021
  • 47, 58, 67, 01 Sep. 2018

競争的資金

  • 20K22128, 2020
  • 20K22128

教育活動

担当授業

  • 2020, 【重要:新型コロナウイルス対応の授業実施の変更ポイントをまとめて示す】本授業は,主にZoomを利用した双方向型授業として実施する。授業内容に即したPowerPoint資料を提示し,担当者が解説を加えるかたちで進める。PowerPoint資料の配布の可否をはじめとした提示・活用方法については初回の講義で担当者が詳しく説明する。成績評価についてはリポートによる評価を基本とし,内容については担当者がガイダンス等で詳しく説明する。||現代経済学の土台にはミクロ経済学とマクロ経済学があり(加えて経済統計学),その上に多くの応用的な科目が接続する(例:産業組織論,国際金融論・・)。したがって,基礎的なミクロ経済学とマクロ経済学の考え方やアプローチ法を習得することは経済学部生にとって必須であり,そのエッセンスを学ぶためにこの授業が存在する。|授業の内容は世界標準と言えるものであるが,プラスしていくつかの興味深いトピックを取り上げ,道具の応用の仕方を学びながら,経済学的な観点からの評価を試みる。例えば,大規模自然災害時におけるモノの配分方法や環境問題への対処方法といったことが格好の分析対象となり得るだろう。|
  • 2020, 【重要:新型コロナウイルス対応の授業実施の変更ポイントをまとめて示す】本授業は,主にZoomを利用したオンデマンド型(録画配信)として実施する。授業内容に即したPowerPoint資料を提示し,担当者が解説を加えるかたちで進める。PowerPoint資料の配布の可否をはじめとした提示・活用方法については初回の講義で担当者が詳しく説明する。成績評価についてはリポートによる評価を基本とし,内容については担当者がガイダンス等で詳しく説明する。||現代経済学の土台にはミクロ経済学とマクロ経済学があり(加えて経済統計学),その上に多くの応用的な科目が接続する(例:産業組織論,国際金融論・・)。したがって,基礎的なミクロ経済学とマクロ経済学の考え方やアプローチ法を習得することは経済学部生にとって必須であり,そのエッセンスを学ぶためにこの授業が存在する。|授業の内容は世界標準と言えるものであるが,プラスしていくつかの興味深いトピックを取り上げ,道具の応用の仕方を学びながら,経済学的な観点からの評価を試みる。例えば,大規模自然災害時におけるモノの配分方法や環境問題への対処方法といったことが格好の分析対象となり得るだろう。|
  • 2020, ***本授業は、主にzoomのオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として実施します。ただし、初回の授業のみオンライン授業(ライブ配信)を行います。初回の授業で、授業の進め方や質問受付用の時間について話します。***||ミクロ経済学の講義では、私たちの生活と深くかかわる経済の問題を分析するための手法を学びます。本講義は消費者の行動、企業の行動と市場均衡について解説をしていきます。講義の内容を普段の行動に関連付けることができるようにしましょう。|また、ミクロ経済学はマクロ経済学とともに近代経済学の根幹をなす分野で、都市経済、国際経済や財政など様々な分野を理解するための基礎となるものです。講義でも、これらの分野にも言及していきます。
  • 2020, ***本授業は、主にzoomのオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として実施します。ただし、初回の授業のみオンライン授業(ライブ配信)を行います。初回の授業で、授業の進め方や質問受付用の時間について話します。***||都市の問題は、普段の生活と深くかかわっています。例えば、朝の電車はなぜ混雑しているのでしょうか?|この授業では、都市の問題を分析するための基本的な考え方や知識を学びます。混雑のような実際に観察される都市問題が発生する要因について学んだ知識をもって理解し、解決策を考えることができるようになることを目指します。
  • 2020, !!オンラインミーティングZoom(パソコンWindows版を標準とする)のダウンロードとインストール(クラスの集いで説明済み)、Microsoft Officeの最新Windows版を⼤学のWebメールサイトにあるOffice365からインストールすること。課題の指示はすべてMicrosoft Officeの最新Windows版を前提に行われ、Mac版およびMicrosoft Office以外のソフトウェアの利用は妨げないが、Windows版との差異は一切配慮しない。!!|この講義内での知識の獲得ではなく、習得した⼿法を後の授業や社会で駆使して⾃分独⾃の分析が可能となることが⽬標である。||1)国⺠経済計算(⼀国経済の会計体系)利⽤のために必要な基礎の理解|経済学部で学ぶ上で、また⽇本全体の経済動向の把握においてGDPは⽋かせない。|また、更新が定期的に⾏われデータ形式に癖がないので政府統計の処理を学ぶ上で代表として取り上げる。内閣府が発表するGDPデータの所在、特徴を把握した上で、折れ線グラフなどのグラフ化を中⼼として時系列データとしての分析⼿法を学ぶ。そのため、純・総⽣産の差異など概念的な詳細は省き、定義の変遷など、実際のデータ利⽤に影響を及ぼす項⽬ついては、具体的なデータを内閣府のGDPサイトからダウンロードして確認する。||2)家計調査データを通じて「分布表として公表されている」横断⾯分析データの利⽤法を習得する。この授業では所得格差の分析をテーマとして設定し、家計調査の収⼊階級別表を⽤いて格差を視覚的に分析することを⽬標とする。|公表されている表はそれぞれの省庁の⽬的に応じて集計された結果であり、⾃分の⽬的に沿ったものとは限らない。必要な項⽬を探し、できるだけ⾃分の⽬的に近いデータの探索を「政府統計の総合窓⼝」で⾏い、得られた表を⾃分の⽬的に合わせて修正することが必要となる。|根本的な解決策である個票データの抽出・集計は利⽤上の注意に必要な点だけを概説するだけで⼿法には触れない。それぞれの⼿法や統計に関する解説は最⼩限にとどめ、実際にパソコン上でデータをどのように加⼯していくのかをプロジェクタ上で提⽰する。解説は講義ノートとしてK-SMAPYで提供し、板書でも確認するが操作も確認するが操作⼿順などマニュアル的な表現は含めない。
  • 2020, 【重要】|【授業の実施形態】本授業はオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を活用して授業を実施します。詳細は「K-SMAPYⅡ」内の掲示にて講義連絡をするので、必ず確認して授業に臨むようにしてください。|【授業回数の変更について】授業回数は12回に短縮し、当面、遠隔授業で行う予定ですが新型コロナウイルスの感染状況や社会情勢を見極めて大学当局から対面授業への移行が要請された際は通常の対面授業に戻す予定です。本来の回数から不足する3回分については,資料の補足を行ったり,課題を課したりすることにします。||【授業内容】|   「基礎演習A」では、大学生に求められる基礎的学修スキル(スタディスキル)について、グループワークを主体として修得します。ここでいう基礎的学修スキルとは、ノートの取り方、情報検索・収集の仕方、専門書の読み方、情報整理の仕方、構成の立て方、レポート・レジュメ(報告資料)・スライド作成の仕方、発表の仕方といった大学での学びに必須の「基礎学力」だけでなく、そうした基礎学力や専門知識を生かす力=「社会人基礎力」を指します。|  社会人基礎力とは経済産業省が定義したもので、「前に踏み出す力」(一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力)、「考え抜く力」(疑問を持ち、考え抜く力)、「チームで働く力」(多様な人々とともに、目標に向けて協力する力)からなり、大学生活だけでなく社会に出ても必要となります。|  この授業では、全体を通じて4人程度の少人数のグループワークをもとに基礎学力の修得を図り、後半では課題解決型学習(PBL:Problem-Based Learning)を中心として社会人基礎力を涵養します。| この「基礎演習A」と後期に開講される「基礎演習B」を通じて、経済学部での学びと社会との関連性を知り、國學院大學経済学部が目指す「経済と経済学に関する基礎力と日本経済に関する知見を兼ね備えた、社会に貢献する専門的教養人」の陶冶を目指します。
  • 2020, *重要|【授業の実施形態】|本授業はオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を活用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。詳細は「K-SMAPYⅡ」内の掲示にて講義連絡をしますので、必ず確認して授業に臨むようにしてください。||【授業内容】|「基礎演習B」では、「基礎演習A」で修得した大学生に求められる基礎的学修スキル(基礎学力に加えて、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」)を前提として、実際に企業・行政・NPOなどの外部組織から与えられた課題に対して、解決策を導き立案するための課題解決型学習(PBL:Problem-Based Learning)を行います。社会では答えのない課題に取り組む機会が増えます。この授業ではこうした社会に存在する課題に対する取り組み方を学びます。具体的には主体的かつ根気強く取り組み、他者に働きかけ、設定した目標に対して計画的かつ協働して実行していくスキルを定着させていきます。 |  また、この授業では課題解決策のプランについて、全てのクラスで代表チームを選出し、全体で発表するプレゼン大会を実施します。プレゼン大会では課題提供先の組織の方々の前で発表し、もらったコメントを受けて自分の基礎的学修スキルや学修態度を相対化させます。これによって、自分に不足しているスキルや態度を把握するとともに、それらを今後の大学生活で補い、成長するための契機とします。|  さらに、現実に外部組織が抱えている課題を理解し、それに対する解決策を立案する過程で幅広い問題意識の醸成を図り、プロジェクト終了後はそうした問題意識をレポートに落とし込み、専門教育へ誘導する取り組み(教員任意設定課題)を各クラスで行います。|  1年間を通して取り組む「基礎演習A」と「基礎演習B」によって、経済学部での学びと社会との関連性を知り、國學院大学経済学部が掲げる「経済と経済学に関する基礎力と日本経済に関する知見を兼ね備えた、社会に貢献する専門的教養人」の陶冶を目指します。
  • 2020, ***本授業は、主にzoomの双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。***||本演習では、都市や地域における諸問題を分析するために都市経済や地域経済の基本的な考え方を学びます。現在、東京一極集中といわれるように東京の人口が多くなりすぎて混雑などの様々な問題が発生をしています。このような日々の私たちの暮らしに深くかかわる都市の問題が発生する要因を分析するために、本演習では都市経済や地域経済の考え方を学びます。|2年次の目標は、2つあります。1つは、自身がどのような問題に関心があるのかを知ることです。もう1つは、レポートの書き方や発表の仕方など物事を分かりやすく他人に伝える方法を習得することです。
  • 2020, ***本授業は、主にzoomの双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。***||本演習の前半は、都市や地域における諸問題を分析するために都市経済や地域経済の基本的な考え方を学びます。現在、東京一極集中といわれるように東京の人口が多くなりすぎて混雑などの様々な問題が発生をしています。このような日々の私たちの暮らしに深くかかわる都市の問題が発生する要因を分析するために、本演習では都市経済や地域経済の考え方を学びます。|ゼミの後半は、データ分析の方法を学びます。データの分析方法を習得することで、前半に学んだ都市や地域の経済の基本的な考え方を実際の世界に当てはめることができるのか、諸問題を解決する方法は本当に効果があるのかなどを分析することができるようになります。|3年次の目標は、2つあります。1つは、興味関心を持った事柄を深く調べることです。もう1つは、統計学を学び、データの収集、分析ができるようになることです。
  • 2021, 「経済理論入門」は、私たちが直面する様々な「経済問題」を分析し、解決策を考えるための「道具」である「経済理論=ミクロ経済学+マクロ経済学」の基礎的部分を学習します。すごく大事なこと ==>「道具」は役に立たなければ意味がない!| 私たちの住んでいる経済社会は市場社会といわれます。「ミクロ経済学」の主要な分析対象はこの市場です。それぞれの家計(消費者)がどんな買い物をするか、それぞれの企業(生産者)がどんなふうにモノやサービスを提供するかを考えながら、需要と供給が出会う場としての市場でどのように価格が形成されるか、そうした市場の長所と短所は何かを分析します。それらをふまえ、たとえば貿易の自由化をどう評価すべきかなどについて、あなた自身で考えることができるようになります。| 「マクロ経済学」は、GDPなどの概念に代表されるように、経済の全体の動きを大づかみに理解するためのものです。日本の経済を全体としてみた場合の「景気」、「雇用」、「金利」、そして「為替相場」などが相互にどのように関係しているのかを学びながら、経済をマクロ的に見る目を養ってゆきます。政府の財政政策や日本銀行の金融政策などについて、あなた自身で評価できる(意見がもてる)ようになります。| この「経済理論入門」の学修後、「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」を本格的に学んで、あなたの分析力をいっそう磨いてください。| 具体的な授業計画等は、担当教員によって違う可能性がありますが、上記の内容については共通しています。| なお、本授業は、Zoomを利用したオンデマンド型授業として実施する予定(状況しだいで授業のしかたを変更することもある)。授業では、授業内容に即した資料を提示し、担当者が解説するとともに、受講生にはリポートの提出をもとめます(リポートについては担当教員から指示があります)。リポートのことなど、授業にかんする重要なことは、KSMAPYⅡを通じてお知らせするので必ずチェックのこと。
  • 2021, この講義では、私たちの生活と深くかかわる経済の問題を分析するための手法を学ぶことを目的として、消費者の行動、企業の行動と市場均衡について解説します。講義の内容を普段の行動に関連付けることができるようにしましょう。| ミクロ経済学はマクロ経済学とともに近代経済学の根幹をなす理論で、都市経済、国際経済や財政・金融など様々な分野の問題を分析し理解するための基礎です。講義ではこれらの分野にも言及します。||##なお、この授業は遠隔(オンデマンド)で行うことを予定している。オンデマンド型で授業を行うため、授業資料や課題、連絡などの重要なことは KSMAPYⅡを通して行いますので、忘れずにチェックしておいてください。
  • 2021, 地域や都市で起こっている経済社会問題を深く理解するためには、空間経済学や経済地理学など、さまざまな学問の知識が必要である。この科目手は、これら「空間」を扱う学問での事象の捉え方や、地域や都市が直面する様々な問題の実態を紹介することで、地域と都市の経済を理解するための知識を習得する。この科目の学習内容は、「都市経済」「経済地理」で扱う理論や事例を理解する際の基礎的な枠組みとなる。||※本講義は遠隔授業(オンデマンド)で行う。ただし、状況次第で変更になることもある。|※本講義は教員2名によるオムニバス授業となる。
  • 2021, 都市の問題は、普段の生活と深くかかわっています。例えば、朝の電車はなぜ混雑しているのでしょうか?|この授業では、都市の問題を分析するための基本的な考え方や知識を学びます。混雑のような実際に観察される都市問題が発生する要因について学んだ知識をもって理解し、解決策を考えることができるようになることを目指します。||##なお、この授業は遠隔(オンデマンド)で行うことを予定している。|
  • 2021, 「基礎演習 A」では、大学生に求められる基礎的学修スキル(スタディスキル)について、グループワークを主体として修得します。ここでいう基礎的学修スキルとは、ノートの取り方、情報検索・収集の仕方、専門書の読み方、情報整理の仕方、論理構成の立て方、レポート・レジュメ(報告資料)・スライド作成の仕方、発表の仕方といった大学での学びに必須の「基礎学力」だけでなく、そうした基礎学力や専門知識を生かす力=「社会人基礎力」を指します。| 社会人基礎力とは経済産業省が定義したもので、「前に踏み出す力」(一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力)、「考え抜く力」(疑問を持ち、考え抜く力)、「チームで働く力」(多様な人々とともに、目標に向けて協力する力)からなり、大学生活だけでなく社会に出ても必要となります。| この授業では、全体を通じて 4 人程度の少人数のグループワークをもとに基礎学力の修得を図り、後半では課題解決型学習(PBL:Problem-Based Learning)を中心として社会人基礎力を涵養します。|この「基礎演習 A」と後期に開講される「基礎演習 B」を通じて、経済学部での学びと社会との関連性を知り、國學院大學経済学部が目指す「経済と経済学に関する基礎力と日本経済に関する知見を兼ね備えた、社会に貢献する専門的教養人」の陶冶を目指します。|
  • 2021, 「基礎演習B」では、「基礎演習A」で修得した大学生に求められる基礎的学修スキル(基礎学力に加えて、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」)を前提として、実際に企業・行政・NPOなどの外部組織から与えられた課題に対して、解決策を導き立案するための課題解決型学習(PBL:Problem-Based Learning)を行います。社会では答えのない課題に取り組む機会が増えます。この授業ではこうした社会に存在する課題に対する取り組み方を学びます。具体的には主体的かつ根気強く取り組み、他者に働きかけ、設定した目標に対して計画的かつ協働して実行していくスキルを定着させていきます。 |  また、この授業では課題解決策のプランについて、全てのクラスで代表チームを選出し、全体で発表するプレゼン大会を実施します。プレゼン大会では課題提供先の組織の方々の前で発表し、もらったコメントを受けて自分の基礎的学修スキルや学修態度を相対化させます。これによって、自分に不足しているスキルや態度を把握するとともに、それらを今後の大学生活で補い、成長するための契機とします。|  さらに、現実に外部組織が抱えている課題を理解し、それに対する解決策を立案する過程で幅広い問題意識の醸成を図り、プロジェクト終了後はそうした問題意識をレポートに落とし込み、専門教育へ誘導する取り組み(教員任意設定課題)を各クラスで行います。|  1年間を通して取り組む「基礎演習A」と「基礎演習B」によって、経済学部での学びと社会との関連性を知り、國學院大学経済学部が掲げる「経済と経済学に関する基礎力と日本経済に関する知見を兼ね備えた、社会に貢献する専門的教養人」の陶冶を目指します。|
  • 2021, 「経済理論入門」は、私たちが直面する様々な「経済問題」を分析し、解決策を考えるための「道具」である「経済理論=ミクロ経済学+マクロ経済学」の基礎的部分を学習します。すごく大事なこと ==>「道具」は役に立たなければ意味がない!| 私たちの住んでいる経済社会は市場社会といわれます。「ミクロ経済学」の主要な分析対象はこの市場です。それぞれの家計(消費者)がどんな買い物をするか、それぞれの企業(生産者)がどんなふうにモノやサービスを提供するかを考えながら、需要と供給が出会う場としての市場でどのように価格が形成されるか、そうした市場の長所と短所は何かを分析します。それらをふまえ、たとえば貿易の自由化をどう評価すべきかなどについて、あなた自身で考えることができるようになります。| 「マクロ経済学」は、GDPなどの概念に代表されるように、経済の全体の動きを大づかみに理解するためのものです。日本の経済を全体としてみた場合の「景気」、「雇用」、「金利」、そして「為替相場」などが相互にどのように関係しているのかを学びながら、経済をマクロ的に見る目を養ってゆきます。政府の財政政策や日本銀行の金融政策などについて、あなた自身で評価できる(意見がもてる)ようになります。| この「経済理論入門」の学修後、「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」を本格的に学んで、あなたの分析力をいっそう磨いてください。| 具体的な授業計画等は、担当教員によって違う可能性がありますが、上記の内容については共通しています。| なお、本授業は、Zoomを利用したオンデマンド型授業として実施する予定(状況しだいで授業のしかたを変更することもある)。授業では、授業内容に即した資料を提示し、担当者が解説するとともに、受講生にはリポートの提出をもとめます(リポートについては担当教員から指示があります)。リポートのことなど、授業にかんする重要なことは、KSMAPYⅡを通じてお知らせするので必ずチェックのこと。
  • 2021, 本演習では、都市や地域における諸問題を分析するために、都市経済や地域経済の基本的な考え方を学びます。都市の問題は、私たちの日々の生活に深くかかわっています。例えば、東京一極集中といわれるように、東京圏の人口が多くなりすぎて混雑などが発生しています。本演習では、このような問題が発生する要因とその解決策を提案できるようになることが目標です。||2年次における目標は2つあります。1つは、自身がどのような問題に関心があるのかを知ることです。もう1つは、レポートの書き方や発表の仕方など物事を分かりやすく他人に伝える方法を修得することです。
  • 2021, 本演習では、都市や地域における諸問題を分析するために、都市経済や地域経済の基本的な考え方を学びます。都市の問題は、私たちの日々の生活に深くかかわっています。例えば、東京一極集中といわれるように、東京圏の人口が多くなりすぎて混雑などが発生しています。本演習では、このような問題が発生する要因とその解決策を提案できるようになることが目標です。
  • 2021, 本演習では、都市や地域における諸問題を分析するために、都市経済や地域経済の基本的な考え方を学びます。都市の問題は、私たちの日々の生活に深くかかわっています。例えば、東京一極集中といわれるように、東京圏の人口が多くなりすぎて混雑などが発生しています。本演習では、このような問題が発生する要因とその解決策を提案できるようになることが目標です。
  • 2021, 大学生活の集大成として卒業論文の作成を行ってもらいます。卒業論文の作成にあたり、(1)テーマ(仮説)の設定 (2)仮説の検証 (3)執筆 が重要になります。特に。(1)の間は、先行研究を読んでいくことが中心になります。|また、論文作成は、半期間のみで仕上げるのではなく、1年間かけて作成すると考え、授業に臨んでいただきたい。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.