K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

上神 貴佳
法学部 法律学科
教授
Last Updated :2021/06/02

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    上神 貴佳, ウエカミ タカヨシ

連絡先

  • 連絡先

    uekamit[at]kokugakuin.ac.jp

所属・職名

  • 法学部 法律学科, 教授

学位

  • 2012年05月17日, 博士(法学), 東京大学, 法学関係, 乙第17684号, 現代日本の政党政治と選挙制度の不均一性:制度工学の再検討

研究分野

  • 政治学
  • 現代日本政治
  • 政党
  • 選挙
  • 政策

研究活動

論文

  • 選挙制度は今のままでよいか―『総体としての制度改革』の構想―, 上神貴佳, 論究ジュリスト, 2020年春号(33号), 39, 46, 2020年04月, 有斐閣
  • 国と地方の選挙制度―選挙制度不均一を中心に―, 上神貴佳, 憲法研究, 5, 97, 110, 2019年11月, 信山社
  • District Population Size and Candidates’ Vote-Seeking Strategies: Evidence from Japan, Matsubayashi, Tetsuya, Michiko Ueda, and Takayoshi Uekami, Journal of Elections, Public Opinion and Parties, 25, 2, 159, 177, 2014年06月
  • 党派的に正確な投票は可能か―日本の地方議会議員選挙における有権者の誤認識―, 上神貴佳, 高知論叢(社会科学), 105, 1, 22, 2012年11月
  • 政権交代と政策過程―委任モデル再考―, 上神貴佳, 公共政策研究, 10, 45, 58, 2010年12月
  • 選挙制度改革と自民党総裁選出過程の変容―リーダーシップを生み出す構造と個性の相克―, 上神貴佳, 選挙研究, 26, 1, 26, 37, 2010年06月
  • Electoral Manifestos of Democratic Party of Japan, Uekami, Takayoshi, Social Science Japan, 42, 42, 12, 15, 2010年03月
  • 政党や政治家の政策的な立場を推定する―コンピュータによる自動コーディングの試み―, 上神貴佳・佐藤哲也, 選挙研究, 25, 1, 61, 73, 2009年07月
  • 党首選出過程の民主化:自民党と民主党の比較検討, 上神貴佳, 年報政治学, 2008, I, 220, 240, 2008年06月
  • 投票支援のためのインターネット・ツール―日本版ボートマッチの作成プロセスについて―, 上神貴佳・堤英敬, 選挙学会紀要, 10, 27, 48, 2008年05月
  • 政界再編と地方政治:岩手県釜石市議会を事例として, 上神貴佳, 社会科学研究, 59, 3・4, 39, 80, 2008年03月
  • 不均一な選挙制度における空間競争モデル, 上神貴佳・清水大昌, レヴァイアサン, 40, 255, 272, 2007年04月
  • 2003年総選挙における候補者レベル公約と政党の利益集約機能, 堤英敬・上神貴佳, 社会科学研究, 58, 5・6, 33, 48, 2007年03月
  • Survey of the Kamaishi City Council Members, Uekami, Takayoshi, Social Science Japan, 36, 36, 25, 27, 2007年03月
  • 投票支援ツールと『政策中心の選挙』の実現―オランダの実践と日本における展望―, 上神貴佳, 選挙学会紀要, 6, 43, 64, 2006年05月
  • Casual Cynics, or Disillusioned Democrats?: Political Alienation in Japan, Kabashima, Ikuo, Jonathan Marshall, Takayoshi Uekami, and Dae-Song Hyun, Political Psychology, 21, 4, 779, 804, 2000年12月
  • 小選挙区比例代表並立制における公認問題と党内権力関係―1996年総選挙を事例として―, 上神貴佳, 本郷法政紀要, 8, 79, 115, 1999年

Misc

  • 書評「濱本真輔『現代日本の政党政治—選挙制度改革は何をもたらしたのか—』有斐閣,2018年/中北浩爾『自公政権とは何か—「連立」にみる強さの正体—』ちくま新書,2019年」, 上神貴佳, 年報政治学, 2020, I, 430, 433, 2020年06月, 日本政治学会
  • 有権者の政治意識と岐路に立つ地方議会選挙」(特集「統一地方選挙と地方議会), 上神貴佳, 地方議会人, 45, 9, 25, 29, 2015年02月
  • エドワード・グレイ(名言の舞台), 上神貴佳, Voters, 23, 3, 3, 2015年01月
  • 地方議会の選挙制度を考える, 上神貴佳, Voters, 22, 8, 9, 2014年10月
  • Book Review: Japan Under the DPJ: The Politics of Transformation and Governance, edited by Kenji E. Kushida and Phillip Y. Lipscy. Stanford, CA: The Walter H. Shorenstein Asia-Pacific Research Center, 2013, Uekami, Takayoshi, Social Science Japan Journal, 2014年11月
  • 書評「白鳥浩(編)『統一地方選挙の政治学―2011年東日本大震災と地域政党の挑戦―』ミネルヴァ書房,2013年」, 上神貴佳, 選挙研究, 30, 1, 167, 168, 2014年, 日本選挙学会
  • 選挙制度改革後の自民党, 上神貴佳, nippon.com, 2013年11月
  • 議会と政党(早わかり『政治学』第6回), 上神貴佳, Voters, 14, 22, 23, 2013年06月
  • 書評「Ethan Scheiner. Democracy Without Competition in Japan: Opposition Failure in a One-Party Dominant State. Cambridge University Press. 2006」, 上神貴佳, 選挙研究, 23, 188, 189, 2008年
  • 書評「政治学を読み解く50冊」(内15冊分), 成廣孝・犬塚元・上神貴佳・逢坂巌・田島晃, アエラムック 新版政治学がわかる。, 152, 158, 2003年03月
  • 10, 45, 58, 2010年
  • 25, 1, 61, 73, 2009年
  • 2008-I, 220, 240, 2008年
  • 59, 3/4, 39, 80, 2008年
  • 40, 255, 272, 2007年

著書等出版物

  • Political Parties Abroad: A New Arena for Party Politics, Tudi Kernalegenn and Emilie van Haute eds., Routledge, 2020年03月
  • Institutionalisation of Political Parties: Comparative Cases, Robert Harmel and Lars G. Svåsand eds., Rowman & Littlefield International, in partnership with ECPR Press, 2019年03月
  • 日本政治の第一歩, 上神貴佳・三浦まり(編), 有斐閣, 2018年07月
  • Political Behavior and Technology: Voting Advice Applications in East Asia, Da-Chi Liao, Boyu Chen and Michael J. Jensen eds., Palgrave Macmillan, 2015年11月
  • 統治の条件―民主党にみる政権運営と党内統治―, 前田幸男・堤英敬(編), 千倉書房, 2015年02月
  • ローカルからの再出発―日本と福井のガバナンス―, 宇野重規・五百旗頭薫(編), 有斐閣, 2015年01月
  • 政権交代と政党政治―歴史のなかの日本政治6―, 飯尾潤(編), 中央公論新社, 2013年10月
  • 被災地から考える日本の選挙―情報技術活用の可能性を中心に―, 河村和徳・湯淺墾道・高選圭(編), 東北大学出版会, 2013年06月
  • 政党政治と不均一な選挙制度―国政・地方政治・党首選出過程―, 上神貴佳, 東京大学出版会, 2013年06月
  • 政治学, 川出良枝・谷口将紀(編), 東京大学出版会, 2012年07月
  • 民主党の組織と政策―結党から政権交代まで―, 上神貴佳・堤英敬(編), 東洋経済新報社, 2011年09月
  • 希望をつなぐ―釜石からみる地域社会の未来―, 東大社研・玄田有史・中村尚史(編), 東京大学出版会, 2009年06月
  • 地方政治家の肖像―2006年岩手県釜石市議会議員インタビュー記録―, 上神貴佳(編), 東京大学社会科学研究所研究シリーズNo.31, 2008年10月

講演・発表

  • Decomposing and Examining the Multiple Aspects of Party Institutionalization: Internal Party Organization and External Electoral Volatility, Takayoshi Uekami, The General Conference of the Japanese Political Science Association, 2020年09月27日, Takeshi Ito, Ryo Fujishima, Yuusuke Miyauchi, and Jyunpei Yamaguchi
  • Decomposing and Examining the Multiple Aspects of Party Institutionalization: Internal Party Organization and External Electoral Volatility, Takayoshi Uekami, The PPDB Virtual Meeting, 2020年07月09日, Takeshi Ito, Ryo Fujishima, Yuusuke Miyauchi, and Jyunpei Yamaguchi
  • The Spatial Competition Model under Multi-Level Inconsistent Electoral Systems: Explaining Intraparty Policy Variance in Japan, Takayoshi Uekami, Conference ‘Values in European and Japanese Politics’, 2019年09月20日, Daisuke Shimizu
  • Explaining How Parties Respond to the Multi-Level Governance in Europe: A Comparative Study of Party Manifestos and Organizations, Takayoshi Uekami, the ECPR General Conference, 2019年09月05日, Wrocław, Poland, Hiroki Ogawa, Masako Tanaka, Asako Takashima, Yu Ajishi, and Takayoshi Uekami
  • Explaining How Political Party Supports Supra-nationalism and Regionalism: A Comparative Study of Party Manifestos, Hiroki Ogawa, Conference 'Values in European and Japanese politics', 2019年03月09日, Masako Tanaka, Asako Takashima, Yu Ajishi, and Takayoshi Uekami
  • The Impact of Voting Advice Applications on Voters’ Behavior and Political Interest: A Field Experiment in the 2016 Upper House Election in Japan, The CeDEM Asia 2018: Conference for E-Democracy and Open Government, Asia 2018
  • Explaining Issue Salience of Party Manifestos in Multi-Level Settings: A Cross-national Study, The World Congress of the International Political Science Association
  • How to Measure Party Institutionalization: Expanding the PPDB to Asia, The Annual Meeting of the American Political Science Association
  • Party Organizations in Japan: Does the PPDB Coding Scheme Work Well?, The Düsseldorf Launch Conference of the Political Party Database Project
  • Japanese Parties from the Comparative Perspective of the Political Party Database (PPDB) Project, The Conference on “Parties in a Globalised World: Challenges and Responses in the Internet Era
  • Political Parties Online in Japan: An Overview, International Workshop on Parties Online: New Party Organizational Strategies in 8 Democracies
  • Inverse Relationship between Party and Party System Institutionalization: The Transformation of Postwar Japanese Party Politics, The ECPR Joint Sessions of Workshops (Workshop on Institutionalization and Deinstitutionalization of Political Organizations)
  • Inverse Relationship between Party and Party System Institutionalization: The Transformation of Postwar Japanese Party Politics, The Workshop on Institutionalization and Deinstitutionalization of Party and Political Organizations
  • 戦後70年の日本:政治の発展軌跡と展望, 中国社会科学フォーラム『戦後70年の日本 軌跡と展望』
  • Voting Advice Applications in Japan: An Overview, The International Workshop on Voting Advice Applications in East Asia
  • The Effects of VAAs on Voter’s Sophistication in Japan, The International Workshop on Voting Advice Applications in East Asia
  • Voting Advice Applications in Japan: An Overview, The Asian Network for Public Opinion Research
  • The Effects of VAAs on Voter’s Sophistication in Japan, The Asian Network for Public Opinion Research
  • 地方議会と住民自治組織, 戦前戦後・比較政治史研究フォーラム/現代政治過程研究フォーラム春季研究会
  • VAAs in Japan: History and Future Prospects, The International Workshop on Voting Advice Applications: Review & Prospect
  • 民主党政権における政策形成とマニフェスト(堤英敬との共同研究), 日本政治学会
  • The Party Presidents of DPJ after the Change of Government: Koizumi again?, Keio-NCCU Workshop on the Changing International Relations of East Asia with the Emerging Nation
  • 中央・地方間における選挙制度不均一問題の検討, 日本政治学会
  • The Size of Electoral Districts and the Importance of Party Labels, The Annual National Conference of the Midwest Political Science Association
  • 争点投票と投票支援システム―2010年参院選を事例として―, 日本政治学会
  • 選挙区規模と党派性:市町村合併を伴う地方議会選挙データによる検証(松林哲也・上田路子との共同研究), 日本政治学会
  • 民主党の政策:継続性と変化(堤英敬との共同研究), 日本選挙学会
  • なぜ政党は必要か―代議制民主主義の規模と政党―, 日本政治学会
  • 選挙制度改革と民主党代表選出過程における紛争管理:新党が直面する構造問題, 日本選挙学会
  • 地方議会議員選挙における候補者の党派と有権者の認識, 日本政治学会
  • 自民党総裁選出過程の民主化:時系列的な比較分析, 日本比較政治学会
  • 政党や政治家の政策的な立場を推定する―方法論の過去・現在・未来―, 日本選挙学会
  • 党首選出過程の民主化:自民党と民主党の比較検討, 日本政治学会
  • 「大統領化現象」がもたらす政策的帰結の予備的考察―2003年総選挙における自民,民主両党の公約分析―, 日本公共政策学会
  • 投票支援のためのインターネット・ツール―ヨーロッパにおけるVoteMatchの現状と日本への適用―, 日本比較政治学会
  • Party Policy Coherence in Japan: Evidence from 2003 Candidate-Level Electoral Platform, The World Congress of the International Political Science Association
  • The Consistency of Electoral Systems: A Theoretical Review and Hypotheses, The World Congress of the International Political Science Association
  • 自民党総裁選出過程の変容:小泉純一郎総裁の誕生と「大統領化」現象, 日本政治研究学会
  • 2003年総選挙における候補者レベル公約と政党の利益集約機能, 日本政治学会
  • 選挙制度の不均一性:数理的アプローチ, 日本政治学会

創作・作品

  • 東京大学審査学位論文(博士(法学))『現代日本の政党政治と選挙制度の不均一性―制度工学の再検討―』, 上神貴佳
  • 『若い有権者の意識調査(第3回)――調査結果の概要』(調査・執筆に協力), 財団法人明るい選挙推進協会
  • 科学研究費補助金研究成果報告書(課題番号16330023)『選挙制度改革の実証的評価―「選挙制度不均一仮説」と政策対抗的な政党制の条件―』, 上神貴佳(研究代表者)

受賞

  • 2010年02月, 上神 貴佳, 日本

競争的資金

  • 党首選出過程の研究, 自民党と民主党の党首選出過程を事例として、変化とその決定要因を探る。
  • 選挙公約の研究, 政党のマニフェストや選挙公報を分析する。方法論の研究・開発も進める。
  • 民主党の研究, 結党から政権獲得までの民主党を対象として、組織の発展と政策の軌跡を明らかにする。
  • 地方政治の研究, 首長や議員に対する調査を通じて、二元代表制や党派性について考察する。
  • 投票支援システムの開発, 公約分析の成果を応用して、インターネット上の投票支援プログラム(ボートマッチ)の研究・開発を進める。

教育活動

担当授業

  • 20世紀の政治A, 2019, 戦後⽇本の政治を振り返る。プリントや資料を用いた政治史の授業、映像教材による戦後史の紹介とその解説を交互に行う。なお、日本の政治A・同Bは主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。
  • 日本の政治A, 2019, 現代日本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知見に基づく授業となる。前期(日本の政治A)は教科書に依拠して日本政治を概観する基礎レベルの授業となる。日本政治に関する最新の概説書を用いる。なお、後期(日本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より高度なレベルの授業となる。
  • 日本の政治B, 2019, 現代日本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知見に基づく授業となる。後期(日本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より高度なレベルの授業となる。有権者や政党、官僚、利益集団等の行動に注目して、ゲームのルール(制度)とプレイヤー(アクター)の相互作用を解説する。なお、前期(日本の政治A)は教科書に依拠して日本政治を概観する基礎レベルの授業となる。
  • 日本の政治A, 2019, 現代日本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知見に基づく授業となる。前期(日本の政治A)は教科書に依拠して日本政治を概観する基礎レベルの授業となる。日本政治に関する最新の概説書を用いる。なお、後期(日本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より高度なレベルの授業となる。
  • 日本の政治B, 2019, 現代日本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知見に基づく授業となる。後期(日本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より高度なレベルの授業となる。有権者や政党、官僚、利益集団等の行動に注目して、ゲームのルール(制度)とプレイヤー(アクター)の相互作用を解説する。なお、前期(日本の政治A)は教科書に依拠して日本政治を概観する基礎レベルの授業となる。
  • 基礎演習, 2019, 法律や政治的な考え方は、現実に起こっている問題を解決するための「道具」です。そして、法学部では、その道具の使い方を中心に教えます。しかし、解決すべき問題の方を知らずに、道具の使い方だけを教わっても、うまく使いこなすどころか、なぜそのような道具が必要なのか、ということすらわからないまま学修を進めることになってしまうでしょう。| その原因の一つは、法律や政治というものに対して、みなさんが思い描いている漠然としたイメージと、法律や政治が解決を迫られている現実とのギャップにあります。何となく法律や政治について勉強するのではなく、具体的にどのような問題に対して法的な解決や政治的な解決が求められているのかを知って初めて、法的な考え方や政治的な考え方の意味を知ることができると思いますし、そこから「より深く知りたい」という気持ちも生まれてくると思います。そして、その気持ちが、「自ら積極的に学修する」意欲の基礎になるのです。| そこで、この基礎演習では、現実の社会の中で法的な解決や政治的な解決が要求されているさまざまな場面や事例を、具体的に知ってもらい、時には、それに対する解決を具体的に考えてもらうことで、法律や政治という「道具」の必要性と有効性を、より具体的で実感を伴った形で理解してもらいます。
  • 基礎演習B, 2019, 政治専攻の1年生の皆さんは、前期開講の基礎演習Aにおいて、大学での学修の「基本のき」、特に「読む」「聞く」「話す」を学びますが、後期開講の基礎演習Bでは、「書く」ことに的を絞って勉強します。| 4年間の大学生活において、レポートを書くことを避けて通ることはできません。また、学期末・学年末試験では、きちんとした答案を書くことが要求されます。この演習では、文章作成法を学ぶことを通して、「書く」ことの基本的作法と技術の習得をめざします。| そして、実際に中間レポート・学期末レポートを書いてみることで、形式的要件を満たし、かつ説得力に富んだレポートの作り方の基礎を身につけます。
  • 政策過程論, 2019, 政策過程を学問的に読み解く。教科書に依拠して公共政策学の概要を紹介する授業となる。公共政策学に関する定評のある概説書を用いる。なお、⽇本の政治B(後期)は広く政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)を解説する、主として日本の事例に基づく授業となる。|
  • 演習I, 2019, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、小熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・片山(2018年)などを用いることにする。
  • 演習(4), 2019, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、小熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・片山(2018年)などを用いることにする。
  • 演習II, 2019, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、小熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・片山(2018年)などを用いることにする。
  • 比較政治入門, 2020, 定評のある教科書を使用して、比較政治学の基礎を解説する。主に先進産業民主主義国の政治変容、現代日本の政治過程を事例として政治学の概念を説明する授業となる。|本授業は、主にZoom を利⽤したオンデマンド型授業として実施する。ただし、初回のイントロダクションはライブ配信とするので、所定の時間にZoomのミーティングに参加すること。また、学⽣間の意⾒交換はK-SMAPY IIのクラスフォーラム機能を利⽤すること。
  • 20世紀の政治A, 2020, 戦後⽇本の政治を振り返る。プリントや資料を用いた政治史の授業、映像教材による戦後史の紹介とその解説を交互に⾏う。なお、⽇本の政治A・同Bは主として実証的な政治学の知見に基づく授業となる。|本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施する。ただし、初回のイントロダクションはライブ配信とするので、所定の時間にZoomのミーティングに参加すること。また、学生間の意見交換はK-SMAPY IIのクラスフォーラム機能を利用すること。
  • 日本の政治A, 2020, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。⽇本政治に関する最新の概説書を用いる。なお、後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。|本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施する。ただし、初回のイントロダクションはライブ配信とするので、所定の時間にZoomのミーティングに参加すること。また、学生間の意見交換はK-SMAPY IIのクラスフォーラム機能を利用すること。
  • 日本の政治B, 2020, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を⽤いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。有権者や政党、官僚、利益集団等の⾏動に注⽬して、ゲームのルール(制度)とプレイヤー(アクター)の相互作⽤を解説する。なお、前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。|本授業は、主にZoom を利⽤したオンデマンド型授業として実施する。ただし、初回のイントロダクションはライブ配信とするので、所定の時間にZoomのミーティングに参加すること。また、学⽣間の意⾒交換はK-SMAPY IIのクラスフォーラム機能を利⽤すること。
  • 日本の政治A, 2020, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。⽇本政治に関する最新の概説書を用いる。なお、後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。|本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施する。ただし、初回のイントロダクションはライブ配信とするので、所定の時間にZoomのミーティングに参加すること。また、学生間の意見交換はK-SMAPY IIのクラスフォーラム機能を利用すること。
  • 日本の政治B, 2020, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を⽤いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。有権者や政党、官僚、利益集団等の⾏動に注⽬して、ゲームのルール(制度)とプレイヤー(アクター)の相互作⽤を解説する。なお、前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。|本授業は、主にZoom を利⽤したオンデマンド型授業として実施する。ただし、初回のイントロダクションはライブ配信とするので、所定の時間にZoomのミーティングに参加すること。また、学⽣間の意⾒交換はK-SMAPY IIのクラスフォーラム機能を利⽤すること。
  • 基礎演習B, 2020, 政治専攻の1年⽣の皆さんは、前期開講の基礎演習Aにおいて、⼤学での学修の「基本のき」、特に「読む」「聞く」「話す」を学びますが、後期開講の基礎演習Bでは、「書く」ことに的を絞って勉強します。| 4年間の⼤学⽣活において、レポートを書くことを避けて通ることはできません。また、学期末・学年末試験では、きちんとした答案を書くことが要求されます。この演習では、⽂章作成法を学ぶことを通して、「書く」ことの基本的作法と技術の習得をめざします。| そして、実際に中間レポート・学期末レポートを書いてみることで、形式的要件を満たし、かつ説得⼒に富んだレポートの作り⽅の基礎を⾝につけます。|※ 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。||
  • オムニバス・セミナー(政治学の最前線), 2020, まだ政治学の教科書に載っていないような「新たな知識」はどのように生み出されているのだろうか。受講生と年齢が近いと思われる若手の研究者6名を招いてわかりやすく語ってもらう。最先端の知識を教授するというより、こうした研究に取り組むに至る各自の背景を含め、知的な生産活動の苦楽を受講者に知ってもらうことが主要な目的である。|本授業は、主にZoom を利用した双方向型あるいはオンデマンド型授業として実施する。ただし、初回のイントロダクションは双方向型のライブ配信とするので、所定の時間にZoomのミーティングに参加すること。また、学生間の意見交換はK-SMAPY IIのクラスフォーラム機能を利用すること。
  • 演習I, 2020, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、⼩熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・⽚⼭(2018年)などを用いることにする。|本授業は、主にZoom を利用した双方向型授業として実施する。
  • 演習(4), 2020, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、⼩熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・⽚⼭(2018年)などを用いることにする。|本授業は、主にZoom を利用した双方向型授業として実施する。
  • 演習II, 2020, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、⼩熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・⽚⼭(2018年)などを用いることにする。|本授業は、主にZoom を利用した双方向型授業として実施する。
  • 比較政治入門, 2021, 定評のある教科書を使用して、比較政治学の基礎を解説する。主に先進産業民主主義国の政治変容、現代日本の政治過程を事例として政治学の概念を説明する授業となる。
  • 演習I, 2021, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、⼩熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・⽚⼭(2018年)などを用いることにする。
  • 演習II, 2021, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、⼩熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・⽚⼭(2018年)などを用いることにする。
  • 演習(4), 2021, 平成も約30年をもって、新たな時代を迎えることになった。歴史としての平成をどのようにとらえればよいのだろうか。とくに昭和との関連で平成の政治や経済、社会の課題を理解することを試みつつ、次の時代を展望してみたい。近年、平成を振り返るさまざまな書籍が出版されている。本演習の教科書としては、⼩熊編(2014年)、薬師寺(2014年)、佐藤・⽚⼭(2018年)などを用いることにする。
  • 日本の政治A, 2021, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。⽇本政治に関する最新の概説書を用いる。なお、後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。
  • 日本の政治B, 2021, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を⽤いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。有権者や政党、官僚、利益集団等の⾏動に注⽬して、ゲームのルール(制度)とプレイヤー(アクター)の相互作⽤を解説する。なお、前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。
  • 日本の政治A, 2021, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。⽇本政治に関する最新の概説書を用いる。なお、後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を用いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。
  • 日本の政治B, 2021, 現代⽇本の政治を学問的に読み解く。主として実証的な政治学の知⾒に基づく授業となる。後期(⽇本の政治B)はプリントや資料を⽤いて政治過程(選挙プロセスと政策プロセス)の解説に特化する、より⾼度なレベルの授業となる。有権者や政党、官僚、利益集団等の⾏動に注⽬して、ゲームのルール(制度)とプレイヤー(アクター)の相互作⽤を解説する。なお、前期(⽇本の政治A)は教科書に依拠して⽇本政治を概観する基礎レベルの授業となる。
  • 基礎演習B, 2021, 政治専攻の1年⽣の皆さんは、前期開講の基礎演習Aにおいて、⼤学での学修の「基本のき」、特に「読む」「聞く」「話す」を学びますが、後期開講の基礎演習Bでは、「書く」ことに的を絞って勉強します。| 4年間の⼤学⽣活において、レポートを書くことを避けて通ることはできません。また、学期末・学年末試験では、きちんとした答案を書くことが要求されます。この演習では、⽂章作成法を学ぶことを通して、「書く」ことの基本的作法と技術の習得をめざします。| そして、実際に中間レポート・学期末レポートを書いてみることで、形式的要件を満たし、かつ説得⼒に富んだレポートの作り⽅の基礎を⾝につけます。
  • 外書講読(政治)II, 2021, 日本政治に関する英語文献を講読する。使用する文献は、初回の授業で説明する。
  • 20世紀の政治A, 2021, 戦後⽇本の政治を振り返る。プリントや資料を用いた政治史の授業、映像教材による戦後史の紹介とその解説を交互に⾏う。なお、⽇本の政治A・同Bは主として実証的な政治学の知見に基づく授業となる。

学外活動

学協会活動

  • International Political Science Association
  • 日本政治学会
  • 日本比較政治学会
  • 日本選挙学会
  • 日本公共政策学会
  • The American Political Science Association

学外委員等活動

  • 2018年06月, 2019年06月, 日本比較政治学会, 理事・年報編集委員長