K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Hiroshi MIYASHITA
Department of Law
Associate Professor
Last Updated :2021/05/28

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Hiroshi MIYASHITA

所属・職名

  • Department of Law, Associate Professor

学位

  • 法学修士

本学就任年月日

  • 01 Apr. 1988

研究分野

  • Politics, Western political history

研究活動

著書等出版物

  • 01 Dec. 1988, 山口定、宮下大志、三谷太一郎、宮崎隆次、竹中千春、篠原一
  • 01 Apr. 1989, 杉田敦、牧野雅彦、氏家伸一、杉田敦、飯尾潤、飯田文雄、足立幸男、千葉真、遠藤誠治、宮下大志、大河原伸夫、飯島昇蔵、星野智、都築勉、西尾隆

教育活動

担当授業

  • 2019, 基礎演習Aでは、大学での学習に必要となる基礎的な読解力と報告・討論の基礎に焦点を当てて、みなさんが演習などに参加しても困らないような基本的な技術を習得してもらうことを目的としています。| 政治や現代の社会に関する教材を使いながら、要点を的確につかむ本の読み方、自分の主張の論理的な構成方法、他人に自分の主張を正確に伝える発表や報告のしかた、議論の問題点を明確にする質問や議論の方法、などについて、ポイントを指導するとともに、実習をしてもらいます。|
  • 2019, 福祉国家の歴史、国による福祉国家化の度合いの違い、そして近年の福祉国家をめぐる議論などを紹介する。
  • 2019, 議会制民主主義には、政党というものの存在が欠かせない。この講義では、政党について、多角的に考えてみたい。| 政党の掲げる「主義」というもの、国によって違う政党の配置のありかた、そして時代による政党の性格の変化、さらに現在の問題点等を講義する予定である。
  • 2019, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています。|||
  • 2019, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています。|||
  • 2019, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています。|||
  • 2019, 現代の民主主義はさまざまな問題を抱えている。この講義では、その問題点がどこから生じたものなのか、考察してみたい。| その際、問題点を指摘し、考えるための材料を提供した上で、受講者にも「考えてもらう」講義を展開したいと思っている。
  • 2019, 法律や政治的な考え方は、現実に起こっている問題を解決するための「道具」です。そして、法学部では、その道具の使い方を中心に教えます。しかし、解決すべき問題の方を知らずに、道具の使い方だけを教わっても、うまく使いこなすどころか、なぜそのような道具が必要なのか、ということすらわからないまま学修を進めることになってしまうでしょう。| その原因の一つは、法律や政治というものに対して、みなさんが思い描いている漠然としたイメージと、法律や政治が解決を迫られている現実とのギャップにあります。何となく法律や政治について勉強するのではなく、具体的にどのような問題に対して法的な解決や政治的な解決が求められているのかを知って初めて、法的な考え方や政治的な考え方の意味を知ることができると思いますし、そこから「より深く知りたい」という気持ちも生まれてくると思います。そして、その気持ちが、「自ら積極的に学修する」意欲の基礎になるのです。| そこで、この基礎演習では、現実の社会の中で法的な解決や政治的な解決が要求されているさまざまな場面や事例を、具体的に知ってもらい、時には、それに対する解決を具体的に考えてもらうことで、法律や政治という「道具」の必要性と有効性を、より具体的で実感を伴った形で理解してもらいます。
  • 2019, 現代の民主主義はさまざまな問題を抱えている。この講義では、その問題点がどこから生じたものなのか、考察してみたい。| その際、問題点を指摘し、考えるための材料を提供した上で、受講者にも「考えてもらう」講義を展開したいと思っている。
  • 2019, 政治インターンシップを経験する
  • 2019, 政治インターンシップを経験する
  • 2019, 政治インターンシップを経験する
  • 2019, 政治インターンシップを経験する
  • 2020, 基礎演習Aでは、大学での学習に必要となる基礎的な読解力と報告・討論の基礎に焦点を当てて、みなさんが演習などに参加しても困らないような基本的な技術を習得してもらうことを目的としています。| 政治や現代の社会に関する教材を使いながら、要点を的確につかむ本の読み方、自分の主張の論理的な構成方法、他人に自分の主張を正確に伝える発表や報告のしかた、議論の問題点を明確にする質問や議論の方法、などについて、ポイントを指導するとともに、実習をしてもらいます。|なお、大学の教室での授業が可能になるまでは、Zoomによる授業とK-SMAPYIIによる課題提出で進行することとなります。詳細は5/7の開講前に履修者メール等でお知らせします。
  • 2020, 本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する|議会制民主主義には、政党というものの存在が欠かせない|この講義では、政党について、多角的に考えてみたい| 政党の掲げる「主義」というもの、国によって違う政党の配置のありかた、そして時代による政党の性格の変化、さらに現在の問題点等を講義する予定である
  • 2020, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています。|なお、大学の教室でのゼミが可能になるまでは、本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)とK-SMAPYIIによるゼミとなります。詳細は5/7の開講までに連絡します。||
  • 2020, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています。|なお、大学の教室でのゼミが可能になるまでは、本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)とK-SMAPYIIによるゼミとなります。詳細は5/7の開講までに連絡します。||
  • 2020, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています。|なお、大学の教室でのゼミが可能になるまでは、本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)とK-SMAPYIIによるゼミとなります。詳細は5/7の開講までに連絡します。||
  • 2020, 本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実|施する予定です(ただし、クラスによって詳細は異なりますので、募集要項や関連のお知らせ等を別途確認してください)。|法的あるいは政治的な考え方は、現実に起こっている問題を解決するための「道具」です。そして、法学部では、その道具の使い方を中心に教えます。しかし、解決すべき問題の方を知らずに、道具の使い方だけを教わっても、うまく使いこなすどころか、なぜそのような道具が必要なのか、ということすらわからないまま学修を進めることになってしまうでしょう。|その原因の一つは、法律や政治というものに対して、みなさんが思い描いている漠然としたイメージと、法律や政治が解決を迫られている現実とのギャップにあります。何となく法律や政治について勉強するのではなく、具体的にどのような問題に対して法的な解決や政治的な解決が求められているのかを知って初めて、法的な考え方や政治的な考え方の意味を知ることができると思いますし、そこから「より深く知りたい」という気持ちも生まれてくると思います。そして、その気持ちが、「自ら積極的に学修する」意欲の基礎になるのです。|そこで、この「基礎演習」という授業では、現実の社会の中で法的な解決や政治的な解決が要求されているさまざまな場面や事例を、具体的に知ってもらい、時には、それに対する解決を具体的に考えてもらうことで、法律や政治という「道具」の必要性と有効性を、より具体的で実感を伴った形で理解してもらいます。
  • 2020, 現代の民主主義はさまざまな問題を抱えている|この講義では、その問題点がどこから生じたものなのか、考察してみたい| その際、問題点を指摘し、考えるための材料を提供した上で、受講者にも「考えてもらう」講義を展開したいと思っている|なお、大学の教室での授業が可能になるまでは、Zoomによる授業とK-SMAPYIIによる応答・課題提出で進行することになります。詳細は5/7の開講前に履修者メールで連絡します。
  • 2020, 現代の民主主義はさまざまな問題を抱えている|この講義では、その問題点がどこから生じたものなのか、考察してみたい| その際、問題点を指摘し、考えるための材料を提供した上で、受講者にも「考えてもらう」講義を展開したいと思っている|なお、大学の教室での授業が可能になるまでは、Zoomによる授業とK-SMAPYIIによる応答・課題提出で進行することになります。詳細は5/7の開講前に履修者メールで連絡します。
  • 2020, ヨーロッパの政治史、特に古代ギリシャ・古代ローマから中世・近代までの政治史を扱う|具体的には1870年前後、普仏戦争やパリ・コミューンまでの政治史について講義する|それ以降の政治史については「西洋政治史B」を受講してほしい|なお、大学の教室での授業が可能になるまでは、Zoomによる授業とK-SMAPYIIによる応答・課題提出で進行することになります。詳細は5/7の開講前に履修者メールで連絡します。
  • 2020, この授業は、おもにZoomを利用した双方向オンライン授業(ライブ配信)として実施します|毎回、政治や社会についての英文を読み、その内容について議論します。
  • 2020, 政治インターンシップを経験する
  • 2020, 政治インターンシップを経験する
  • 2020, 政治インターンシップを経験する
  • 2020, 政治インターンシップを経験する
  • 2021, 基礎演習Aでは、大学での学習に必要となる基礎的な読解力と報告・討論の基礎に焦点を当てて、みなさんが演習などに参加しても困らないような基本的な技術を習得してもらうことを目的としています。| 政治や現代の社会に関する教材を使いながら、要点を的確につかむ本の読み方、自分の主張の論理的な構成方法、他人に自分の主張を正確に伝える発表や報告のしかた、議論の問題点を明確にする質問や議論の方法、などについて、ポイントを指導するとともに、実習をしてもらいます。
  • 2021, 本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する|ヨーロッパの政治史、特に古代ギリシャ・古代ローマから中世・近代までの政治史を扱う|具体的には1870年前後、普仏戦争やパリ・コミューンまでの政治史について講義する|それ以降の政治史については「西洋政治史B」を受講してほしい
  • 2021, 本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する|議会制民主主義には、政党というものの存在が欠かせない|この講義では、政党について、多角的に考えてみたい| 政党の掲げる「主義」というもの、国によって違う政党の配置のありかた、そして時代による政党の性格の変化、さらに現在の問題点等を講義する予定である
  • 2021, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています||
  • 2021, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています||
  • 2021, 日本の政治、日本の民主主義、そしてこれからの日本のあり方について論じてみたいと思います。| 日本の政治と民主主義は、かつては「55年体制」のもと、かわりばえのしない、そしてあまりよくないイメージで見られてきました。しかしみなさんの生まれた頃、その「55年体制」が崩れ、また日本の置かれた状況の変化もあって、自民党長期政権の時代とは違う要素も出てきています。一応、政権交代も起こるようになりました。| しかし、変わりはしたものの、近頃の政治を見ていると「進歩はしているのか?」と首を傾げてしまう気持ちも湧いてきてしまいます。|| そこで、来年度のゼミではこの日本の政治・民主主義について、どう評価すべきか、今後はどうなるのが望ましいかなどを論じてゆきたいと思います。| そしてそのために、過去の日本の政治を検討したり、現在の問題点を考えたり、今後のあるべき姿を議論したり、ということをみなさんとやってゆく予定です。| そしてその際には、欧米との比較や理論的考察も盛り込めたら、とも考えています||
  • 2021, 法的あるいは政治的な考え方は、現実に起こっている問題を解決するための「道具」です。そして、法学部では、その道具の使い方を中心に学びます。しかし、解決すべき問題の方を知らずに、道具の使い方だけを教わっても、うまく使いこなすどころか、なぜそのような道具が必要なのか、ということすらわからないまま学修を進めることになってしまうでしょう。|その原因の一つは、法律や政治というものに対して、みなさんが思い描いている漠然としたイメージと、法律や政治が解決を迫られている現実とのギャップにあります。何となく法律や政治について勉強するのではなく、具体的にどのような問題に対して法的な解決や政治的な解決が求められているのかを知って初めて、法的な考え方や政治的な考え方の意味を知ることができると思いますし、そこから「より深く知りたい」という気持ちも生まれてくると思います。そして、その気持ちが、「自ら積極的に学修する」意欲の基礎になるのです。|そこで、この「基礎演習」という授業では、現実の社会の中で法的な解決や政治的な解決が要求されているさまざまな場面や事例を、具体的に知ってもらい、時には、それに対する解決を具体的に考えてもらうことで、法律や政治という「道具」の必要性と有効性を、より具体的で実感を伴った形で理解してもらいます。
  • 2021, 現代の民主主義はさまざまな問題を抱えている|この講義では、その問題点がどこから生じたものなのか、考察してみたい| その際、問題点を指摘し、考えるための材料を提供した上で、受講者にも「考えてもらう」講義を展開したいと思っている
  • 2021, 現代の民主主義はさまざまな問題を抱えている|この講義では、その問題点がどこから生じたものなのか、考察してみたい| その際、問題点を指摘し、考えるための材料を提供した上で、受講者にも「考えてもらう」講義を展開したいと思っている
  • 2021, 福祉国家の歴史、国による福祉国家化の度合いの違い、そして近年の福祉国家をめぐる議論などを紹介する
  • 2021, 政治インターンシップを経験する
  • 2021, 政治インターンシップを経験する
  • 2021, 政治インターンシップを経験する
  • 2021, 政治インターンシップを経験する

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • Oct. 1988


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.