K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Kim GUEMSUN
Department of Tourism and Community Development
Associate Professor
Last Updated :2022/07/13

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Kim GUEMSUN

ホームページ・researchmap等のリンク

所属・職名

  • Department of Tourism and Community Development, Associate Professor

学位

  • 25 Mar. 2008, 博士(政治学), 東京都立大学, 社博第160号, 自治体行政における「紛争管理」とその構造的限界性:一般廃棄物処理施設の立地をめぐる紛争を素材として

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2021

研究分野

  • NIMBYと合意形成、地域コミュニティづくり

研究活動

論文

  • NIMBY Syndrome and Policy Making by Citizens' Commission : Its Work and Problem, The Case of Komae City in Tokyo, 57, 1, 235, 264,266-272, Jul. 2016
  • Structure and Dynamics of Decentralization Reforms in South Korea, 55, 2, 331, 382, Jan. 2015
  • 106, 7, 23, 28, Jul. 2015
  • Mar. 2014
  • A POLITICAL AND ADMINISTRATIVE ANALYSIS ON CONFLICT MANAGEMENT OF LOCAL GOVERNMENTS:CASE STUDIES OF GENERAL WASTE INCINERATION FACILITIES OF SUGINAMI WARD AND MUSASHINO CITY IN TOKYO, Guemseon KIM, SOCIOTECHNICA, 11, 0, 55, 69, 2014, Sociotechnology Research Network, This paper analyzes mutual benefits of the waste disposal control process from the political and administrative views by focusing on opposing opinions between the local government and the residents in a surrounding area regarding the location of a general waste disposal facility. Particularly, taking the examples from Musashino Clean Center and Suginami Waste Incineration Plant, we show a comparative analysis of the process leading up to these decision-makings. As a result of the analysis, several main factors which can affect local government's conflict managements were found, such as individual characters of disputing parties, resident's participation performances, the character of decision-making arenas, and political structure.
  • Mar. 2013
  • The future of regional administration and autonomy in Korea: the transformation of Eup, Myeon, Dong fuctions, Journal of urban policy studies, 2, 185, 230, 2008
  • The status and problems of autonomous districts in metropolitan city: with a reference to 25 autonomous districts in Seoul metropolitan governmemt, Journal of urban policy studies, 1, 155, 190, 2007
  • A dispute over construction of waste disposal and facilities and an ideal method for public administration (2), KIM Guemseon, Tokyo Metropolitan University journal of law and politics, 48, 1, 207, 255, Jul. 2007, Tokyo Metropolitan University
  • A Dispute over Construction of Waste Disposal Facilities and an Ideal Method for Public Administration (1), KIM Guemsun, Tokyo Metropolitan University journal of law and politics, 47, 2, 195, 228, Jan. 2007, Tokyo Metropolitan University
  • Implementation of Waste Disposal Facility Siting : Making Consensus Perspective, KIM Guemsun, Tokyo Metropolitan University journal of law and politics, 45, 1, 313, 370, Jul. 2004, Tokyo Metropolitan University

Misc

  • Mar. 2010
  • Mar. 2011
  • Nov. 2011
  • Mar. 2012
  • May 2013
  • Jun. 2014
  • 10 May 2011

著書等出版物

  • 15 Dec. 2016

講演・発表

  • 06 Mar. 2017
  • 10 May 2015
  • 02 Jun. 2013
  • 19 Oct. 2012

競争的資金

  • 22K01931, 2022
  • 16HP5141, 2016
  • 22K01931

教育活動

担当授業

  • 2020, 行政は、現代の社会において次々と噴出する公共的課題を解決していくために、情報・財源・権限・人材・技術といったさまざまな資源を組み合わせながら、社会システムを適切に管理運営していくことをその任務とし、その具体的な活動は政策によって展開される。日本の場合、そうした行政活動の大半は自治体を通じて行われている。とりわけ、今日、住民に最も身近な政府である基礎自治体(市町村)は、大きな社会経済環境の変化の中で多様な政策課題に直面し、そうした課題解決に向けた取組みを日々展開している。|本講義では、政治学・行政学の研究成果を活かしつつ、個別具体的な政策分野を対象として、その制度、現状・課題等を、基礎自治体レベルを中心とした政策活動の動向を参照しつつ、明らかにする。|
  • 2020, ・本講義は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する||私たちは、住所を定めて暮らす限り、必ずどこかの市区町村の住民であり、その市区町村を包括する都道府県の住民でもある。住民であることによって、自治体からいろいろなサービスを受けられる。一方で、税金を払うなどの負担を負わなければならない。|現在、少子高齢化、人口減少、国際化、高度情報化など、内外に起こっている諸変化は、1700あまりある全国の自治体におけるさまざまな課題を生み出し、新たな対応を迫っている。その自治体の取り組み方は私たち住民の日常のくらしにも影響を与えている。|本講義では、自治体とは何か、なぜ地方自治は求められるのか、この疑問から出発して、現在の日本の地方自治のあゆみを含め、それを支えている考え方や仕組みについて、法制度(中央政府と自治体の関係)、政治機構(首長と議会)、財源、職員、組織、市民関係などに着目して多角的に概説し、全体を通じて、生活する地域に対する視野を広げるきっかけを提供していく。
  • 2021, 私たちの生活はさまざまな形で行政と結びついている。とくに、日常的な福祉や、教育、地域の街つくりなどは、地方自治体の行政と深く結びついている。| この講義では、地域社会を維持するための地方自治の制度がどのようなものであり、それがどのような原理に基づいて創られているのか、そしてそれが実際にどのように運用されているかを考察する。| 具体的には、現在の日本の地方自治の形成及びそのあゆみを含め、それを支えている考え方や仕組みについて、法制度(中央政府と自治体の関係)、政治機構(首長と議会)、財源、職員、組織、市民関係などに着目して多角的に概説する。
  • 2021, 私たちの生活はさまざまな形で行政と結びついている。たとえば、上下水道、ごみの収集・運搬・処理、道路の建設と管理など私たちの日常生活の多くの部分は、地方自治体が提供する各種のサービスや活動に負っている。| とりわけ、住民に最も身近な政府である市区町村は、今、コンピュータと通信の飛躍的発達による高度情報化、未曽有の少子高齢化、人口減少の進行、押し寄せる国際化の波など、内外に起こっている諸変化の中で、老老介護や認知症高齢者の増加、待機児童問題や子どもの貧困問題、空き家やシャッター通りの出現、外国人の多国籍化と定住化など多様な社会の課題に直面し、そのような課題の解決に向けて、住民の要望を反映させたり工夫を凝らしたりして、ユニークな取組みを日々展開している。| この講義では、まず、私たち住民にとって地域社会とはどのようなものなのか、歴史的な発展過程をたどりつつ理解する.|  その後、政策体系と政策過程について概観した上で、個別具体的な政策分野を対象として、地方自治の現場では実際にどんな問題が起こっているのか、そしてその問題を解決するために、どのような制度が、どのような原理に基づいて創られているのか、そしてそれはどのように運用されているのか、を知ることで地域政策についての理解を深める。|

学外活動

学協会活動

  • Sep. 2021
  • Jun. 2011
  • Aug. 2012

学外委員等活動

  • Jun. 2021, 相模原市, 相模原市大規模小売店舗立地審議会 委員
  • Jul. 2011, Jun. 2013, 多摩市, 第4期東京都多摩市自治推進委員会 副委員長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.