K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Keisuke FUJINO
Department of Foreign Languages and Culture Studies
Professor
Last Updated :2024/04/12

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Keisuke FUJINO

所属・職名

  • Department of Foreign Languages and Culture Studies, Professor

学位

  • Mar. 2003, 博士(文学), 東洋大学, 文博甲第14号

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2007

研究分野

  • English literature, Canadian literature, Education Hypnosis, Victorian Spiritualism

研究活動

Misc

  • GOKUI: Hatsuo Royama's Secret Principles of Karate, 1, 192, 01 Nov. 2001
  • KENSAN: Hatsuo Royama's Secret Principles of Karate, 1, 228, 01 Nov. 2000
  • 1, 84, 01 May 1990
  • 1, 100, 01 May 1990

著書等出版物

  • Matthew Arnold on Science: Changing Attitudes in His Educational, Religious, and Social Criticism, FUJINO, Keisuke, Sankeisha, 01 Feb. 2004

その他

  • 第11号, 25 Mar. 2015
  • 4, 22 Apr. 2007, 自身とモームとの出会い、そして再会について記した。

教育活動

担当授業

  • 2019, 英語で書かれた楽曲のアンソロジーを使って、英語の発声と発音、幅広い英語の表現を学んでもらう。
  • 2019, -
  • 2019, 英語で書かれた楽曲のアンソロジーを使って、英語の発声と発音、幅広い英語の表現を学んでもらう。
  • 2019, 英語で書かれた名文のアンソロジーを使って、英語の発声と発音、幅広い英語の表現を学んでもらう。
  • 2019, -
  • 2019, 英語で書かれた名文のアンソロジーを使って、英語の発声と発音、幅広い英語の表現を学んでもらう。
  • 2019, 催眠とは、人の心にダイレクトにアクセスする心理技法である。催眠を通じて人の心のしくみを知ることは、コミュニケーション能力向上のために大変有効である。本講座では、催眠の基本概念を学ぶことから始め、コミュニケーションにおける応用の方法等についても指導を行う。また、催眠から派生したコミュニケーション・スキルである、NLP(神経言語プログラミング)の基礎もあわせて学ぶことになる。
  • 2019, 催眠とは、人の心にダイレクトにアクセスする心理技法である。催眠を通じて人の心のしくみを知ることは、コミュニケーション能力向上のために大変有効である。本講座では、催眠の基本概念を学ぶことから始め、コミュニケーションにおける応用の方法等についても指導を行う。また、催眠から派生したコミュニケーション・スキルである、NLP(神経言語プログラミング)の基礎もあわせて学ぶことになる。
  • 2019, ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare
  • 2019, -
  • 2019, ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare
  • 2019, 『コスモポリタンズ』(英: Cosmopolitans)は、イギリスの作家W.S.モーム(William Somerset Maugham)が1936年に発表した短編集である。原典には1924〜29年間にアメリカの雑誌「Cosmopolitan Magazine」に発表された29編が収められているが、本講座で使用するテキストには8編が掲載されている。||モームは「私が旅をするのは、人間というものを知るためなのだ」と書いたが、本作品の中でも、旅を通じて知り合った人々の矛盾撞着に満ちた多様性を、平明な文体と巧妙な筋書きで書き記すことに成功している。||本講座では。この Cosmopolitans から The Poetという作品を取り上げ、精読する。
  • 2019, -
  • 2019, ウィリアム・サマセット・モーム(William Somerset Maugham、1874年~1965年)は、イギリスの小説家で劇作家である。||平明な文体と物語り展開の妙で、当時、最高の人気作家となり、最良の意味での通俗作家として名を成した。||人間の矛盾撞着に満ちた多様性を描くことに長けたモームの作品の中から、本講座では The Happy Manという作品を取り上げ、精読する。
  • 2019
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施します。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間と配信期間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信します。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、一定期間を設けてオ|ンデマンドで授業を受けることも可能です(配信期間は1 週間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、配信は15分間単位で区切り、最大で3本までとします。また、使用しないときはカメラやマイクを強制ミュートに設定し、一定時間は音声のみで授業を行います。||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行う予定です。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用するつもりです。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後1週間とし、期限までん提出できない場合は欠席とみなされます。||現時点では、成績評価の方法として「授業次試験」を設定しておりますが、今後の状況によっては、「平常点」あるいは「レポート」での評価に変更する可能性もあります。
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。||同時に、主にZoom を利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)も提供いたします。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信いたします。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、配信期間中であればオンデマンドで受講することも可能です(配信期間は7日間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、授業は、動画配信の場合は15分間単位、音声配信のみの場合は20分単位で区切り、最大で3本までとします(合計45分、あるいは60分)||また、初期設定ではカメラやマイクを強制ミュートといたします(受講生側で解除することは可能です)||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行います。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用いたします。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施します。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間と配信期間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信します。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、一定期間を設けてオ|ンデマンドで授業を受けることも可能です(配信期間は1 週間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、配信は15分間単位で区切り、最大で3本までとします。また、使用しないときはカメラやマイクを強制ミュートに設定し、一定時間は音声のみで授業を行います。||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行う予定です。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用するつもりです。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後1週間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。||同時に、主にZoom を利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)も提供いたします。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信いたします。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、配信期間中であればオンデマンドで受講することも可能です(配信期間は7日間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、授業は、動画配信の場合は15分間単位、音声配信のみの場合は20分単位で区切り、最大で3本までとします(合計45分、あるいは60分)||また、初期設定ではカメラやマイクを強制ミュートといたします(受講生側で解除することは可能です)||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行います。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用いたします。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施します。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間と配信期間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信します。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、一定期間を設けてオ|ンデマンドで授業を受けることも可能です(配信期間は1 週間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、配信は15分間単位で区切り、最大で3本までとします。また、使用しないときはカメラやマイクを強制ミュートに設定し、一定時間は音声のみで授業を行います。||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行う予定です。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用するつもりです。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後1週間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。||同時に、主にZoom を利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)も提供いたします。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信いたします。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、配信期間中であればオンデマンドで受講することも可能です(配信期間は7日間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、授業は、動画配信の場合は15分間単位、音声配信のみの場合は20分単位で区切り、最大で3本までとします(合計45分、あるいは60分)||また、初期設定ではカメラやマイクを強制ミュートといたします(受講生側で解除することは可能です)||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行います。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用いたします。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。|
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施します。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間と配信期間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信します。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、一定期間を設けてオ|ンデマンドで授業を受けることも可能です(配信期間は1 週間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、配信は15分間単位で区切り、最大で3本までとします。また、使用しないときはカメラやマイクを強制ミュートに設定し、一定時間は音声のみで授業を行います。||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行う予定です。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用するつもりです。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後1週間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。||同時に、主にZoom を利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)も提供いたします。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信いたします。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、配信期間中であればオンデマンドで受講することも可能です(配信期間は7日間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、授業は、動画配信の場合は15分間単位、音声配信のみの場合は20分単位で区切り、最大で3本までとします(合計45分、あるいは60分)||また、初期設定ではカメラやマイクを強制ミュートといたします(受講生側で解除することは可能です)||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行います。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用いたします。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。| |
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用したオンデマンド型授業として実施します。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間と配信期間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信します。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、一定期間を設けてオ|ンデマンドで授業を受けることも可能です(配信期間は1 週間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、配信は15分間単位で区切り、最大で3本までとします。また、使用しないときはカメラやマイクを強制ミュートに設定し、一定時間は音声のみで授業を行います。||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行う予定です。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用するつもりです。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後1週間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主にZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。||同時に、主にZoom を利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)も提供いたします。||Zoom を利用して教員がオンラインのミーティングを作成し、受講生にはK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用してミーティングのURL と授業配信時間を事前に通知し、教員が時間割にあわせて授業を実施することによって(同時にクラウドへ録画)、ライブ及びオンデマンドで授業を配信いたします。||受講生は、時間割にあわせて授業を受けることを原則としますが、配信期間中であればオンデマンドで受講することも可能です(配信期間は7日間) ||配信期間内であれば、好きな時間に、Wi-Fi 環境のある場所で視聴することが可能です。||データ通信量の抑制のため、授業は、動画配信の場合は15分間単位、音声配信のみの場合は20分単位で区切り、最大で3本までとします(合計45分、あるいは60分)||また、初期設定ではカメラやマイクを強制ミュートといたします(受講生側で解除することは可能です)||動画配信の合間の時間、あるいは配信後(授業時間内)には、zoomのチャット機能を使って課題を出したり、質疑応答を行います。また、板書については、zoomの「ホワイトボード」機能を利用いたします。||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認します。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされます。
  • 2021, 本授業は、「遠隔授業(オンデマンド型)」として実施する。||教員が、インターネットを通じて、教材や録画した授業ビデオ(音声)などを配信する。||受講生は、配信期間内(7日間)であれば、好きな時間に好きな場所からアクセスして受講することができる。||具体的には、教員がZoom でクラウドへ授業を録画し、視聴用のURLをK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用して受講生に通知する。通信データ量の増加および学内への受講生の滞留を避けるため、ライブでの配信は行わない。||データ通信量の抑制のため、授業は、動画配信の場合は15分間単位、音声配信のみの場合は20分単位で区切り、最大で3本までとする(合計45分、あるいは60分)||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認する。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされる。
  • 2021, 本授業は、「遠隔授業(オンデマンド型)」として実施する。||教員が、インターネットを通じて、教材や録画した授業ビデオ(音声)などを配信する。||受講生は、配信期間内(7日間)であれば、好きな時間に好きな場所からアクセスして受講することができる。||具体的には、教員がZoom でクラウドへ授業を録画し、視聴用のURLをK-SMAPYⅡの「掲示登録機能」を使用して受講生に通知する。通信データ量の増加および学内への受講生の滞留を避けるため、ライブでの配信は行わない。||データ通信量の抑制のため、授業は、動画配信の場合は15分間単位、音声配信のみの場合は20分単位で区切り、最大で3本までとする(合計45分、あるいは60分)||出席は、K-SMAPY IIの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄に回答、提出することで確認する。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされる。
  • 2021, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2021, 前期の内容については、(英語演習ⅠA 渋谷 藤野 敬介 火曜3限)を参照してください。後期の内容については、(英語演習ⅠB 渋谷 藤野 敬介 火曜3限)を参照してください。
  • 2021, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2021, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2021, 前期の内容については、(英語演習ⅠA 渋谷 藤野 敬介 火曜4限)を参照してください。後期の内容については、(英語演習ⅠB 渋谷 藤野 敬介 火曜4限)を参照してください。
  • 2021, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2021, 1回の授業で約1ページを精読する予定。単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、その後、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題であるリポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う予定である。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2021, 前期の内容については、(英語演習ⅡA 渋谷 藤野 敬介 金曜1限)を参照してください。後期の内容については、(英語演習ⅡB 渋谷 藤野 敬介 金曜1限)を参照してください。
  • 2021, 1回の授業で約1ページを精読する予定。単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、その後、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題であるリポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う予定である。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2021, 1回の授業で約1ページを精読する予定。単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、その後、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題であるリポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う予定である。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2021, 前期の内容については、(英語文献演習ⅡA 渋谷 藤野 敬介 金曜3限)を参照してください。後期の内容については、(英語文献演習ⅡB 渋谷 藤野 敬介 金曜3限)を参照してください。
  • 2021, 1回の授業で約1ページを精読する予定。単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、その後、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題であるリポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う予定である。||授業への集中力を維持することを目的に、途中でIntermissionを設ける。
  • 2022, 本授業は、「遠隔授業(オンデマンド型)」として実施する。||教員が、インターネットを通じて、教材や録画した授業ビデオ(主に音声)を配信する。||受講生は、配信期間内(14日間)であれば、好きな時間に好きな場所からZoomにアクセスして講義を受講することができる。||具体的には、教員がZoom のクラウドへ講義を録画し、視聴用のURLをK-SMAPYⅡの「掲示登録」と「授業資料」機能を使用して受講生に通知する。通信データ量の増加および学内への受講生の滞留を避けるため、ライブでの配信は行わない。||出席は、K-SMAPYの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄へ回答、提出することで確認する。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされる。||講義内容に関する質問は「Q&A」から受け、必要に応じて講義内でフィードバックする。
  • 2022, 本授業は、「遠隔授業(オンデマンド型)」として実施する。||教員が、インターネットを通じて、教材や録画した授業ビデオ(主に音声)を配信する。||受講生は、配信期間内(14日間)であれば、好きな時間に好きな場所からZoomにアクセスして講義を受講することができる。||具体的には、教員がZoom のクラウドへ講義を録画し、視聴用のURLをK-SMAPYⅡの「掲示登録」と「授業資料」機能を使用して受講生に通知する。通信データ量の増加および学内への受講生の滞留を避けるため、ライブでの配信は行わない。||出席は、K-SMAPYの「課題提出」機能を利用し、そこに記された課題に「コメント」欄へ回答、提出することで確認する。課題の提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされる。||講義内容に関する質問は「Q&A」から受け、必要に応じて講義内でフィードバックする。
  • 2022, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。
  • 2022, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||後期は前期の授業をベースに、長文の演説(キング牧師の "I have a dream" )を分割して読んでいく。
  • 2022, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。
  • 2022, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と意訳|4)クラス全員で名文を音読||後期は前期の授業をベースに、長文の演説(ケネディ大統領の "Inaugural Address" )を分割して読んでいく。
  • 2022, 北米大陸の北、地図でいうとアメリカの上に位置する国、カナダ。政治や経済、映画やドラマ、音楽などアメリカの話題はどんどん日本に入ってくるのに対し、カナダに関する情報は少ない。ところが、実のところは、世界有数の資源国として、世界に先んじて多様性を受け入れ尊重した「多文化主義」の発信元として、大国でも小国でもない「ミドルパワー」を自認した上での外交政策等々、国際社会におけるカナダの重要性は日に日々増している。本講義では、まず、カナダの基本情報を学び、その後、「国土・環境」「多様性」「政治・外交」「経済・社会保障」「教育・言語」「文学・文化」等のテーマに沿って、同国を多角的に解説する。
  • 2022, 1回の授業で約半ページを精読する予定。まず初めに、その日に読み進める範囲の英文を講師が音読し、発音や発声、アクセントやイントネーション等の英語の音声面の指導を行う。その後、単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、最後に、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題の詳細についての発表がある時期を見計らって、リポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う。
  • 2022, 1回の授業で約半ページを精読する予定。まず初めに、その日に読み進める範囲の英文を講師が音読し、発音や発声、アクセントやイントネーション等の英語の音声面の指導を行う。その後、単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、最後に、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題の詳細についての発表がある時期を見計らって、リポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う。
  • 2022, 1回の授業で約半ページを精読する予定。まず初めに、その日に読み進める範囲の英文を講師が音読し、発音や発声、アクセントやイントネーション等の英語の音声面の指導を行う。その後、単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、最後に、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題の詳細についての発表がある時期を見計らって、リポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う。
  • 2022, 1回の授業で約半ページを精読する予定。まず初めに、その日に読み進める範囲の英文を講師が音読し、発音や発声、アクセントやイントネーション等の英語の音声面の指導を行う。その後、単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、最後に、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題の詳細についての発表がある時期を見計らって、リポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う。
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023, 本授業は、「遠隔授業(オンデマンド型)」として実施する。||教員が、インターネットを通じて、教材や録画した講義の動画(主に音声)を配信する。||受講生は、配信期間内(14日間)であれば、好きな時間に好きな場所からZoomにアクセスして講義を受講することができる。||具体的には、教員がZoom のクラウドへ講義を録画し、視聴用のURLをK-SMAPYⅡの「掲示登録」と「授業資料」機能を使用して受講生に通知する。通信データ量の増加および学内への受講生の滞留を避けるためライブでの配信は行わないが、安定した視聴環境の確保のため、データ容量が無制限あるいは余裕のある通信プランに加入することを推奨する。||出席は、K-SMAPYの「課題提出」機能を利用し、毎回「コメントペーパー」を提出することで確認する(コメントペーパーの提出=出席とみなす) コメントペーパーの提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされる。||授業内容に関する質問はK-SMAPYの「Q&A」やメールから受け、必要に応じて授業内でフィードバックする。||なお、本授業においては、催眠(催眠術・催眠療法=ヒプノセラピー)の具体的な技法についての指導は行わない。また、テキストは電子書籍版のみの提供となるため、電子書籍を読める端末およびブックストアのアカウントの取得が必須となる。
  • 2023, 本授業は、「遠隔授業(オンデマンド型)」として実施する。||教員が、インターネットを通じて、教材や録画した講義の動画(主に音声)を配信する。||受講生は、配信期間内(14日間)であれば、好きな時間に好きな場所からZoomにアクセスして講義を受講することができる。||具体的には、教員がZoom のクラウドへ講義を録画し、視聴用のURLをK-SMAPYⅡの「掲示登録」と「授業資料」機能を使用して受講生に通知する。通信データ量の増加および学内への受講生の滞留を避けるためライブでの配信は行わないが、安定した視聴環境の確保のため、データ容量が無制限あるいは余裕のある通信プランに加入することを推奨する。||出席は、K-SMAPYの「課題提出」機能を利用し、毎回「コメントペーパー」を提出することで確認する(コメントペーパーの提出=出席とみなす) コメントペーパーの提出の期限は授業開始後7日間とし、期限までに提出できない場合は欠席とみなされる。||授業内容に関する質問はK-SMAPYの「Q&A」やメールから受け、必要に応じて授業内でフィードバックする。||なお、本授業においては、催眠(催眠術・催眠療法=ヒプノセラピー)の具体的な技法についての指導は行わない。また、テキストは電子書籍版のみの提供となるため、電子書籍を読める端末およびブックストアのアカウントの取得が必須となる。
  • 2023, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と単語や文法知識の指導|4)名文の意訳と解説|5)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。
  • 2023, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と単語や文法知識の指導|4)名文の意訳と解説|5)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。
  • 2023, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と単語や文法知識の指導|4)名文の意訳と解説|5)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。
  • 2023, 具体的には以下の内容で授業を進める。||1)教員による名文の音読|2)名文の背景知識の説明|3)名文の直訳と単語や文法知識の指導|4)名文の意訳と解説|5)クラス全員で名文を音読||名文の内容は、演説や小説、詩、舞台の台詞、歌等、バラエティに富んだものとなる。
  • 2023, この授業では、外国語文化学科で学び始めるみなさんが、大学での学修方法を理解しつつ、学修に主体的に取り組む方法を学びます。大学での学修は、高校までとは大きな違いがあるためです。|具体的には、ノートのとり方や整理の仕方、大学生に求められる高度な日本語運用能力の鍛え方、図書館やインターネットを使った文献調査の方法、研究のルールとテーマ設定の仕方、そしてレポート(term paper)の書き方などを、徐々に、そして確実に、学んでいきます。一つ一つの課題に対処していくことで、大学生らしい学修スキル、ならびに卒業論文を執筆するための基礎的スキルを身につけます。
  • 2023, *本授業の英語は初級レベルです。テキストの語彙レベルは多少難しいのですが、平易な文が多く、授業の進め方も比較的ゆっくりです。||1回の授業で約半ページを精読する予定。まず初めに、その日に読み進める範囲の英文を講師が音読し、発音や発声、アクセントやイントネーション等の英語の音声面の指導を行う。その後、単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、最後に、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題の詳細についての発表がある時期を見計らって、リポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う予定である。
  • 2023, *本授業の英語は初級レベルです。テキストの語彙レベルは多少難しいのですが、平易な文が多く、授業の進め方も比較的ゆっくりです。||1回の授業で約半ページを精読する予定。まず初めに、その日に読み進める範囲の英文を講師が音読し、発音や発声、アクセントやイントネーション等の英語の音声面の指導を行う。その後、単語や文法事項の説明を含む英文解釈を行い、最後に、内容の把握と鑑賞を行う。||最終課題の詳細についての発表がある時期を見計らって、リポートの作成方法も含む、アカデミックライティングについての指導も行う予定である。
  • 2023, 具体的には以下の内容で授業を進める。||テキストの各 Unit の構成||1) Warm Up: 質問に答えることで各トピックの一端に触れ、問題を認識するための導入部です。||2) Before You Read: Reading で登場する重要な語彙の意味を事前に学習・確認し、読解を助けるタスクです。||3) Reading: トピックに関連した記事を読み、問題の背景理解の一助とするものです。||4) Comprehension: 段落ごとの要約を理解することで、記事全体の読解度を確認します。||5) Pros and Cons: 命題に関するさまざまな意見を読み、賛成・反対に分類しながら自分|の意見の構築を開始します。||6) Listening: さ ら に 賛 成・ 反 対 意 見 (Pros and Cons) を聴くことで、意見発信の一|例を学び、語彙を増やします。||7) Brainstorming for Ideas: ブレインストーミング形式で命題に関する意見を自由に出し合うワークです。個々の思いつきや意見をバブルに記入し、関連した事柄を線で結び、マインドマップを作成します。このタスクによって、賛成・反対の立場を決定することが容易になります。||8) Opinion Building and Speech Content: 自分の意見を論理的に主張するための|フローチャートを作成します。最初に自分の立場を簡潔に述べ、その理由およびそれをサポートする情報を加え、結論として再度自分の意見をまとめると、理路整然とした発表原稿を作成することができます。最後に、チャートに沿って日本語原稿を完成します。

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018, 渋谷若木タワー13F―1312研究室:月(午後 アポイントメントのみ) 水(昼食時および午後) 金(1時限目および昼食時)*その他の時間についてはメールにてアポイントメントをとってください(fujino@kokugakuin.ac.jp) 

学外活動

学協会活動

  • 14 May 2019
  • 01 Aug. 2009, 31 Mar. 2013


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.