K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Yoshifumi BIZEN
Department of Health and Physical Education
Associate Professor
Last Updated :2021/09/18

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Yoshifumi BIZEN

所属・職名

  • Department of Health and Physical Education, Associate Professor

学位

  • Mar. 2009, 博士(スポーツ科学), 早稲田大学, 甲第4906号

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2016

研究分野

  • Sports management

研究活動

論文

  • 3340, 2021
  • The Range of Acceptable Price of Runners' Entry Fees in an Urban Marathon: a Comparison of Sports Tourists and Local Participants, Doshisha Journal of Health & Sports Science, 13, 9, 18, Jun. 2021
  • Current Situation of Referees in the Top League and Their Constraints Negotiation, 30, 4, 369, 380, 01 Oct. 2020
  • 6, 1, 825, 842, 2020
  • 01 Jul. 2020
  • 12, 1, 14, Jun. 2020
  • 20 May 2020
  • 29 Feb. 2020
  • Jan. 2020
  • 15 Dec. 2019
  • Jun. 2019
  • Feb. 2019
  • 第9号, 1, 10, 01 Feb. 2018
  • Consciousness of Spending on Children's Sports Activities in a Community Sports Club in Japan: Clarifying Parents' Internal Reference Price, International Journal of Asian Business and Information Management (IJABIM) , Volume 9, Issue 1, 01 Jan. 2018, Yoshifumi Bizen, Keisuke Kishida, Shoji Nogi, Koji Kawakami, Hisashi Yoshida
  • 13 (2), 1, 14, 31 Mar. 2017, 備前嘉文・二宮浩彰・庄子博人
  • Purchase Products from Environmentally Friendly Companies?, Journal of Global Sport Management, 1, 14, 24 Jul. 2017, Shintaro Sato , Yong Jae Ko, Timothy B Kellison , Munehiko Harada & Yoshifumi Bizen
  • 19, 23, 01 Jun. 2017, 胡威・二宮浩彰・備前嘉文・庄子博人
  • 8, 23, 31, 01 Jun. 2016, 辻和真, 二宮浩彰, 庄子博人, 備前嘉文
  • Vol.12 No.2, 15, 23, 01 Mar. 2016
  • 25, 42, 01 Mar. 2008, 高田一慶・原田宗彦
  • 5巻, 182, 196, 01 Sep. 2008, 原田宗彦
  • 01 Jan. 2009
  • 第2巻第1号, 01 Feb. 2010, 原田宗彦
  • 第62巻 第3号, 65, 76, 01 Feb. 2011
  • 17, 29, 01 Nov. 2012
  • 第62巻 第3号, 65, 78, 01 Feb. 2013, 筑紫智行
  • 12号, 75, 82, 01 Mar. 2015
  • 44, 46, 01 Dec. 2008

著書等出版物

  • 01 Feb. 2011
  • 01 Mar. 2011
  • 01 Apr. 2011
  • 01 Mar. 2014
  • 01 Mar. 2015
  • 17 Mar. 2017
  • Routledge Handbook of Football Marketing , Routledge, 27 Mar. 2017
  • 01 Jun. 2017, 辻和真・胡威・二宮浩彰・庄子博人・備前嘉文
  • 20 Apr. 2021

講演・発表

  • Factors Affecting Sports Volunteer Participation: Leisure Constraints Negotiation Process in Sports Volunteering, 01 Dec. 2019
  • 01 Jul. 2006
  • 01 Feb. 2007
  • 01 Apr. 2007
  • 01 May 2007
  • 01 Mar. 2008
  • 01 Jul. 2008
  • 01 Nov. 2008
  • 01 Sep. 2010
  • 01 Jul. 2013
  • 01 Nov. 2015
  • 01 Nov. 2015
  • 25 Nov. 2016
  • Evaluation for service quality provided by a local sports club, 22nd ECSS Congress, 01 Jul. 2017, European College of Sport Science

受賞

  • 07 Mar. 2021
  • Apr. 2019

競争的資金

  • スポーツボランティアへの参加を検討する際に生じる制約とその解消行動に関する研究, 2018
  • 18K10825

教育活動

担当授業

  • 2019, スポーツマネジメントを学習するにあたっての入門的な授業と位置づけ、スポーツマネジメントに関する知識について学んだのち、内容に即した活動をおこなうことで、スポーツの現場におけるマネジメントの重要性について理解を深めることを目的とする
  • 2019, スポーツマネジメントを学習するにあたっての入門的な授業と位置づけ、スポーツマネジメントに関する知識について学んだのち、内容に即した活動をおこなうことで、スポーツの現場におけるマネジメントの重要性について理解を深めることを目的とする
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 近年、スポーツ振興の中心はこれまでの学校と企業から、地域のスポーツクラブへと移行している。その中で、安定的な財源の確保や人材育成、自治体との連携など、スポーツクラブのマネジメントはスポーツ界において重要な課題となっている。本講義では、スポーツクラブをはじめとするスポーツに関連する組織を円滑に運営するにあたり必要となる知識について学ぶ。
  • 2019, 社会や経済状況が日々刻々と変化する中で、体育・スポーツを取り巻く環境にもここ数年の間で大きな変化が生じている。 それに伴い、体育・スポーツの分野でもマネジメントの必要性が高まっている。 本授業では、今日のわが国の体育・スポーツを取り巻く環境について理解した上で、 スポーツ経営学の視点から体育・スポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策について考えていくことを目的とします。なお、本講義では、学期中に1人あたり2回程度のグループプレゼンテーションを実施してもらいます。
  • 2019, スポーツと行政の関わりの中で、中心的な事柄として「スポーツ振興」が挙げられます。スポーツ振興とは主に、人々のスポーツ参加や体力の向上をめざす「競技(スポーツ)の普及」と、オリンピックなどの国際大会においてメダル獲得をめざす「国際競技力の向上」から成り立ちますが、では、果たしてそれぞれの役割は誰が担うのでしょうか?スポーツ振興の中で、国、地方自治体、競技団体など、関係するそれぞれの組織が果たす役割について説明を行い、行政がおこなうスポーツ政策について学習していきます。同時に、諸外国のスポーツ行政(政策)を知ることで、今日のわが国における地域スポーツ政策の課題や問題点について理解を深めます。
  • 2019, スポーツ・健康科学の学問を人文・社会科学系と自然科学系の研究分野に分け、2~3年次の専門的な授業科目の土台となるような「科学の方法(作法)」について学ぶ。また、本演習では、4年間の集大成である卒業論文に向けた基本的な内容を取り扱うこととする。| 人文・社会科学系の研究分野では、テーマの選定、リサーチ・クエスチョンの設定、方法論の検討、アウトラインの作成(章立て)、資料・データの収集、考察などについて学ぶ。| 自然科学系の研究分野では、さまざまな実験を通してデータを収集し、データ処理の方法を学ぶ。そして、統計学を用いることで測定評価の基本を学び、研究の面白さを体験できるような演習を目指す。
  • 2019, スポーツは世界共通の人類の文化である。スポーツは、心身の健全な発達、健康及び体力の保持増進、精神的な充足感の獲得、自立心その他の精神の涵養等のために個人又は集団で行われる運動競技その他の身体活動であり、今日、国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む上で不可欠のものとなっている(スポーツ基本法前文より)。|スポーツに関わる身体運動現象を探究しようとするのがスポーツ科学である。スポーツ科学は種々の研究領域から構成され、個々の研究領域は既存の人文社会科学系あるいは自然科学系の諸科学の研究方法論をもとに独自に発達してきた。|現在、テレビ、雑誌、インターネットを含め、スポーツに関して数え切れないほどの情報がまわりにあふれている。その中には有益なものもあるだろうが、まったくのウソ、偽り、単なる他人の受け売りなども多い。そこで本講義は、受講者がスポーツや運動を手段とした体力の向上や健康の維持増進を実現できるようにするために、スポーツ科学の学問領域において蓄積されてきた研究成果を紹介し、最低限知っておかなければならない基礎理論を解説する。|
  • 2019, 社会や経済状況が日々刻々と変化する中で、スポーツを取り巻く環境にも大きな変化が生じています。本演習では、プロ野球やサッカーのJリーグに代表されるプロスポーツや、オリンピックやワールドカップなどのメガスポーツイベント、他にも大学スポーツ、スポーツ用品、フィットネス産業など、実際のスポーツの現場で起こっている様々な事象を取り上げ、「なぜ人はスポーツをするのか?」、「なぜ人はスポーツに熱狂するのか?」、「なぜ人はあのブランドの服を購入するのか?」などの、「なぜ?」に焦点をあてて考えていきたいと思います。授業を通じて今日のスポーツを取り巻く環境について理解した上で、マネジメント(特に消費者行動)の視点からスポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策を見出すことを目標としたいと思います。演習の中では、グループワークを中心とした作業を行うことで、情報収集やプレゼンテーション等の社会人として必要なスキルの修得もめざします。
  • 2019, 個々が設定したテーマについて、調査などを通じて、課題を解決するための方策を見出す。|最終的に卒業論文として提出する。
  • 2020, 本授業は、対面形式で授業を実施する。|各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2020, 本授業は、対面形式で授業を実施する。|各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2020, 本授業は、主に Zoom を利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として|実施する。|スポーツは世界共通の人類の文化である。スポーツは、心身の健全な発達、健康及び体力の保持増進、精神的な充足感の獲得、自立心その他の精神の涵養等のために個人又は集団で行われる運動競技その他の身体活動であり、今日、国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む上で不可欠のものとなっている(スポーツ基本法前文より)。|スポーツに関わる身体運動現象を探究しようとするのがスポーツ科学である。スポーツ科学は種々の研究領域から構成され、個々の研究領域は既存の人文社会科学系あるいは自然科学系の諸科学の研究方法論をもとに独自に発達してきた。|現在、テレビ、雑誌、インターネットを含め、スポーツに関して数え切れないほどの情報がまわりにあふれている。その中には有益なものもあるだろうが、まったくのウソ、偽り、単なる他人の受け売りなども多い。そこで本講義は、受講者がスポーツや運動を手段とした体力の向上や健康の維持増進を実現できるようにするために、スポーツ科学の学問領域において蓄積されてきた研究成果を紹介し、最低限知っておかなければならない基礎理論を解説する。
  • 2020, 本授業は、対面授業とZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)を併用したハイブリッド授業で実施する。|スポーツマネジメントを学習するにあたっての入門的な授業と位置づけ、スポーツマネジメントに関する知識について学んだのち、内容に即した活動をおこなうことで、スポーツの現場におけるマネジメントの重要性について理解を深めることを目的とする
  • 2020, 本授業は、対面授業とZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)を併用したハイブリッド授業で実施する。|スポーツマネジメントを学習するにあたっての入門的な授業と位置づけ、スポーツマネジメントに関する知識について学んだのち、内容に即した活動をおこなうことで、スポーツの現場におけるマネジメントの重要性について理解を深めることを目的とする
  • 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施|する。|社会や経済状況が日々刻々と変化する中で、体育・スポーツを取り巻く環境にもここ数年の間で大きな変化が生じている。 それに伴い、体育・スポーツの分野でもマネジメントの必要性が高まっている。 本授業では、今日のわが国の体育・スポーツを取り巻く環境について理解した上で、 スポーツ経営学の視点から体育・スポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策について考えていくことを目的とします。なお、本講義では、学期中に1人あたり1回程度のグループプレゼンテーションを実施してもらいます。
  • 2020, 近年、スポーツ振興の中心はこれまでの学校と企業から、地域のスポーツクラブへと移行している。その中で、安定的な財源の確保や人材育成、自治体との連携など、スポーツクラブのマネジメントはスポーツ界において重要な課題となっている。本講義では、スポーツクラブをはじめとするスポーツに関連する組織を円滑に運営するにあたり必要となる知識について学ぶ。本授業は、主に講義資料を利用した遠隔授業として実施する。
  • 2020, 本授業は、主に Zoom を利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として|実施する。|今日、スポーツにおける産業化と複合化は急速に進んでおり、スポーツは巨大な市場を形成しています。それに伴い、スポーツビジネスやスポーツマネジメントといった言葉を耳にする機会も増えていると思います。では、スポーツビジネスの世界では実際にどの様なことが行われ、今日のスポーツ界においてはどのような問題点や課題があるのでしょうか。|本授業では、スポーツビジネスについての理解を深めるとともに、スポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策について考えていくことを目的とします。
  • 2020, スポーツと行政の関わりの中で、中心的な事柄として「スポーツ振興」が挙げられます。スポーツ振興とは主に、人々のスポーツ参加や体力の向上をめざす「競技(スポーツ)の普及」と、オリンピックなどの国際大会においてメダル獲得をめざす「国際競技力の向上」から成り立ちますが、では、果たしてそれぞれの役割は誰が担うのでしょうか?スポーツ振興の中で、国、地方自治体、競技団体など、関係するそれぞれの組織が果たす役割について説明を行い、行政がおこなうスポーツ政策について学習していきます。同時に、諸外国のスポーツ行政(政策)を知ることで、今日のわが国における地域スポーツ政策の課題や問題点について理解を深めます。※本授業は、主に PowerPoint を利用した遠隔授業として実施する。
  • 2020, 本授業は、対面授業として実施する。||スポーツ・健康科学の学問を人文・社会科学系と自然科学系の研究分野に分け、2〜3年次の専門的な授業科目の土台となるような「科学の方法(作法)」について学ぶ。また、本演習では、4年間の集大成である卒業論文に向けた基本的な内容を取り扱うこととする。| 人文・社会科学系の研究分野では、テーマの選定、リサーチ・クエスチョンの設定、方法論の検討、アウトラインの作成(章立て)、資料・データの収集、考察などについて学ぶ。| 自然科学系の研究分野では、さまざまな実験を通してデータを収集し、データ処理の方法を学ぶ。そして、統計学を用いることで測定評価の基本を学び、研究の面白さを体験できるような演習を目指す。
  • 2020, 本授業は、対面授業とZoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)を併用したハイブリッド授業を行う。|社会や経済状況が日々刻々と変化する中で、スポーツを取り巻く環境にも大きな変化が生じています。本演習では、プロ野球やサッカーのJリーグに代表されるプロスポーツや、オリンピックやワールドカップなどのメガスポーツイベント、他にも大学スポーツ、スポーツ用品、フィットネス産業など、実際のスポーツの現場で起こっている様々な事象を取り上げ、「なぜ人はスポーツをするのか?」、「なぜ人はスポーツに熱狂するのか?」、「なぜ人はあのブランドの服を購入するのか?」などの、「なぜ?」に焦点をあてて考えていきたいと思います。授業を通じて今日のスポーツを取り巻く環境について理解した上で、マネジメント(特に消費者行動)の視点からスポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策を見出すことを目標としたいと思います。演習の中では、グループワークを中心とした作業を行うことで、情報収集やプレゼンテーション等の社会人として必要なスキルの修得もめざします。
  • 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施するが、必要に応じて対面授業も実施します。対面授業を実施する際は、受講生に事前に連絡をします。|個々が設定したテーマについて、調査などを通じて、課題を解決するための方策を見出す。|最終的に卒業論文として提出する。
  • 2021, スポーツマネジメントを学習するにあたっての入門的な授業と位置づけ、スポーツマネジメントに関する知識について学んだのち、内容に即した活動をおこなうことで、スポーツの現場におけるマネジメントの重要性について理解を深めることを目的とする
  • 2021, スポーツマネジメントを学習するにあたっての入門的な授業と位置づけ、スポーツマネジメントに関する知識について学んだのち、内容に即した活動をおこなうことで、スポーツの現場におけるマネジメントの重要性について理解を深めることを目的とする
  • 2021, 本科目では、一定期間プロスポーツチームや競技団体、地域スポーツクラブといったスポーツの現場において実践的な活動を行うことにより、今日のスポーツ界の現状や直面する課題を理解する内容である。インターンシップの活動を行うにあたっては、本学担当教員による事前・中間・事後の指導を含めることで、より効果的な教育効果をめざす。
  • 2021, 本授業は、遠隔授業(オンデマンド型)で実施するが、特定の回はzoomによる授業を行います。|社会や経済状況が日々刻々と変化する中で、体育・スポーツを取り巻く環境にもここ数年の間で大きな変化が生じている。 それに伴い、体育・スポーツの分野でもマネジメントの必要性が高まっている。 本授業では、今日のわが国の体育・スポーツを取り巻く環境について理解した上で、 スポーツ経営学の視点から体育・スポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策について考えていくことを目的とします。なお、本講義では、学期中に1人あたり1回程度のグループプレゼンテーションを実施してもらいます。
  • 2021, 近年、スポーツ振興の中心はこれまでの学校と企業から、地域のスポーツクラブへと移行している。その中で、安定的な財源の確保や人材育成、自治体との連携など、スポーツクラブのマネジメントはスポーツ界において重要な課題となっている。本講義では、スポーツクラブをはじめとするスポーツに関連する組織を円滑に運営するにあたり必要となる知識について学ぶ。本授業は、主に講義資料を利用した遠隔授業として実施する。
  • 2021, 今日、スポーツにおける産業化と複合化は急速に進んでおり、スポーツは巨大な市場を形成しています。それに伴い、スポーツビジネスやスポーツマネジメントといった言葉を耳にする機会も増えていると思います。では、スポーツビジネスの世界では実際にどの様なことが行われ、今日のスポーツ界においてはどのような問題点や課題があるのでしょうか。|本授業では、スポーツビジネスについての理解を深めるとともに、スポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策について考えていくことを目的とします。
  • 2021, スポーツと行政の関わりの中で、中心的な事柄として「スポーツ振興」が挙げられます。スポーツ振興とは主に、人々のスポーツ参加や体力の向上をめざす「競技(スポーツ)の普及」と、オリンピックなどの国際大会においてメダル獲得をめざす「国際競技力の向上」から成り立ちますが、では、果たしてそれぞれの役割は誰が担うのでしょうか?スポーツ振興の中で、国、地方自治体、競技団体など、関係するそれぞれの組織が果たす役割について説明を行い、行政がおこなうスポーツ政策について学習していきます。同時に、諸外国のスポーツ行政(政策)を知ることで、今日のわが国における地域スポーツ政策の課題や問題点について理解を深めます。
  • 2021, 社会や経済状況が日々刻々と変化する中で、スポーツを取り巻く環境にも大きな変化が生じています。本演習では、プロ野球やサッカーのJリーグに代表されるプロスポーツや、オリンピックやワールドカップなどのメガスポーツイベント、他にも大学スポーツ、スポーツ用品、フィットネス産業など、実際のスポーツの現場で起こっている様々な事象を取り上げ、「なぜ人はスポーツをするのか?」、「なぜ人はスポーツに熱狂するのか?」、「なぜ人はあのブランドの服を購入するのか?」などの、「なぜ?」に焦点をあてて考えていきたいと思います。授業を通じて今日のスポーツを取り巻く環境について理解した上で、マネジメント(特に消費者行動)の視点からスポーツ界が直面する問題や課題を解決するにあたっての方策を見出すことを目標としたいと思います。演習の中では、グループワークを中心とした作業を行うことで、情報収集やプレゼンテーション等の社会人として必要なスキルの修得もめざします。
  • 2021, スポーツ・健康科学の学問は人文・社会科学系と自然科学系で大別される。人文・社会科学系、自然科学系でそれぞれ2つのテーマに分け、合計4つのテーマで授業を展開していく。| 人文・社会科学系の研究分野では、テーマの選定、リサーチ・クエスチョンの設定、方法論の検討、アウトラインの作成(章立て)、資料・データの収集、考察などについて学ぶ。| 自然科学系の研究分野では、さまざまな実験を通してデータを収集し、データ処理の方法を学ぶ。そして、統計学を用いることで測定評価の基本を学び、研究の面白さを体験できるような演習を目指す。| これらテーマでの演習を通して、2〜3年次の専門的な授業科目の土台となるような「科学の方法(作法)」について学ぶ。また、本演習では、4年間の集大成である卒業論文に向けた基本的な内容を取り扱うこととする。
  • 2021, 健康体育学科の教育課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • 2021, 個々が設定したテーマについて、調査などを通じて、課題を解決するための方策を見出す。|最終的に卒業論文として提出する。

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • 01 Apr. 2011
  • Jul. 2006
  • Dec. 2007
  • Mar. 2012


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.