K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Norihiko KOBAYASHI
Department of Shinto Culture
Professor
Last Updated :2024/04/12

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Norihiko KOBAYASHI

所属・職名

  • Department of Shinto Culture, Professor

学位

  • Mar. 2005, 博士(宗教学), 國學院大學, 文博甲第64号

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2015

研究分野

  • History of Shinto, 祭祀と災異の関係性について

研究活動

論文

  • 259・260, 9, 36, 25 Oct. 2020
  • 121, 11, 43, 66, 15 Nov. 2020
  • 120, 11, 78, 96, 15 Nov. 2019
  • 第113巻11号, 49, 66, 01 Nov. 2012
  • 第112巻第2号, 21, 34, 01 Feb. 2011
  • ぺりかん社, 119, 137, 01 Nov. 2010
  • 第208・209号, 5, 27, 01 Jan. 2008
  • 第199・200号, 57, 72, 01 Oct. 2005
  • 01 Sep. 2004
  • 第195号, 61, 88, 01 Jul. 2004
  • On the Formation of the Political System Based on the Ritsuryo Codes and Religious Services, KOKUGAKUIN ZASSHI, 116-9, 01 Sep. 2015, KOKUGAKUIN UNIVERSITY
  • Shinto Shrines and the Establishment of Rituals under the Ritsuryo System, JOURNAL OF SHINTO STUDIES, 243, 01 Jul. 2016, THE SOCIETY OF SHINTO STUDIES
  • 61, 01 Mar. 2018
  • A Study of the Hahuribe <<祝部>>, Kobayashi Norihiko, Gakushuin historical review, 40, 14, 31, Mar. 2002, Gakushuin University

Misc

  • 87, 102, 01 Aug. 2014
  • 25 Feb. 2016, 岡田莊司・藤森馨・加瀬直弥・木村大樹・塩川哲朗・山口祐樹

著書等出版物

  • 10 May 2021
  • 31 Jan. 2019
  • 31 Jan. 2019
  • 25 Feb. 2016
  • 10 Apr. 2013
  • 01 Dec. 2009

講演・発表

  • 22 Jun. 2014

教育活動

担当授業

  • 2019, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。|
  • 2019, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2019, 祭祀服装の沿革を学び、祭祀服制について理解を深め、着装法を身に付ける。|神社有職故実の基本事項について、神社建築、社殿の装飾、神宝調度などについて理解を深める。
  • 2019, 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形づくったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2019, -
  • 2019, 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2019, 神道の基本的な知識を修得することをはじめ、読後リポートの作成やグループワーク・発表を行うなど、以下の作業を通じて、これからの大学生活において神道文化・宗教文化を学んでいく上で必要となる基礎力を身につける。| 1. 『國學院大學の歴史』のテキストを用いて、母校となる國學院大學の建学の精神や歴史について理解する。| 2. 『プレステップ神道学』・『神道事典』を用いた小テストを実施することにより、神道に関する基礎知識を修得する。| 3. 神道資料が展示されている國學院大學博物館を見学するとともにワークシートを作成し、モノを通じて神道文化を学修する。| 4. 神道・宗教に関する課題図書を読んでリポートを作成し、これから神道文化・宗教文化を専門的に学ぶ上での基礎学力を身につける。| 5. 神道文化・宗教文化に関する発表テーマを設定して調査・研究を進めるとともに、グループワークを通じてその内容を深化させ、最終的に成果をまとめた発表を行うことで、これからの大学での学修・研究の指針を得る。
  • 2019, 神社の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。| 祭祀においては、祝詞の内容や、実際の祭典において幣帛・神饌・楽・舞などが重要とされていることからも分かるように、「饗応」が大切であった。神々を意識することが必要なのが祭祀である。| 神社と祭祀とは、「共同体の安寧を維持する」という社会的機能において共通している。神道における神社・祭神・祭祀は、社会において重要な事項であった。| 特に本演習では、古代や中世など、前述した社会的機能が比較的高かった時代を主に取り上げて、各自、興味のある項目について調べ、発表を行う。|
  • 2019, 神社の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。| 祭祀においては、祝詞の内容や、実際の祭典において幣帛・神饌・楽・舞などが重要とされていることからも分かるように、「饗応」が大切であった。神々を意識することが必要なのが祭祀である。| 神社と祭祀とは、「共同体の安寧を維持する」という社会的機能において共通している。神道における神社・祭神・祭祀は、社会において重要な事項であった。| 特に本演習では、古代や中世など、前述した社会的機能が比較的高かった時代を主に取り上げて、各自、興味のある項目について調べ、発表を行う。|
  • 2019, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。|
  • 2019, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2019, 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形づくったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2019, -
  • 2019, 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2020, ※本授業は、Zoomを利用した双方向型授業とPowerPointを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。|日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2020, ※本授業は、主にzoomを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。||日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2020, 【本授業は、対面授業として実施する。ただし、状況に応じて、Zoomを利用した双方向型(ライブ配信)授業等の遠隔授業を行うこともある。】|神社有職故実に関する基礎知識、神職の祭祀服装についての基礎知識、現行の神職服制について、男子神職の衣冠の著装、女子神職の正服の著装を学ぶ。
  • 2020, 主に、Zoomを利用した遠隔授業の形式でおこなう。||神道文化や宗教学の基本的な文献や論文を講読し、その内容について資料を作成し発表することで、資料・史料やデータの読み方、それに基づく自らの考えの発表方法を身につける。|また、担当教員が自らの研究と論文の紹介を行い、資料・史料やデータの扱い方、それを使った論述方法(発表・論文の作成方法)についても学ぶ。
  • 2020, ※本授業は、主にZoomを利用した双方向型授業として実施する。| 神社の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。| 祭祀においては、祝詞の内容や、実際の祭典において幣帛・神饌・楽・舞などが重要とされていることからも分かるように、「饗応」が大切であった。神々を意識することが必要なのが祭祀である。| 神社と祭祀とは、「共同体の安寧を維持する」という社会的機能において共通している。神道における神社・祭神・祭祀は、社会において重要な事項であった。| 本演習では、祭祀・神社の社会的機能に注目して、各自、興味のある項目について調べ、発表を行う。
  • 2020, ※本授業は、主にZoomを利用した双方向型授業として実施する。| 神社の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。| 祭祀においては、祝詞の内容や、実際の祭典において幣帛・神饌・楽・舞などが重要とされていることからも分かるように、「饗応」が大切であった。神々を意識することが必要なのが祭祀である。| 神社と祭祀とは、「共同体の安寧を維持する」という社会的機能において共通している。神道における神社・祭神・祭祀は、社会において重要な事項であった。| 本演習では、祭祀・神社の社会的機能に注目して、各自、興味のある項目について調べ、発表を行う。
  • 2020, ※本授業は、主にzoomを利用し、PowerPointを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。| 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び、神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形作ったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2020, -
  • 2020, ※本授業は、主にzoomを利用し、PowerPointを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。|| 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2020, ※本授業は、主にzoomを利用し、PowerPointを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。| 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び、神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形作ったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2020, -
  • 2020, ※本授業は、主にzoomを利用し、PowerPointを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。|| 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2020, ※本授業は、Zoomを利用した双方向型授業とPowerPointを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。|日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2020, ※本授業は、主にzoomを利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。||日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業(ライブ型)の形態で実施する。|| 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業の形態で実施する。|| 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2021, 神社有職故実に関する基礎知識、神職の祭祀服装についての基礎知識、現行の神職服制について、男子神職の衣冠の着装、女子神職の正服の着装を学ぶ。
  • 2021, 神社有職故実に関する基礎知識、神職の祭祀服装についての基礎知識、現行の神職服制について、男子神職の衣冠の着装、女子神職の正服の着装を学ぶ。
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業(オンデマンド)の形態で実施する。|| 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び、神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形作ったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業の形態で実施する。|| 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2021, 祭祀の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。そして神社は「共同体の安寧を維持するための施設」という社会的機能を果たしてきた。神社や祭祀について学ぶということは、歴史的に共同体の安寧がどのように図られてきたかということを知ることにもつながる。また、祭祀の対象である神は、「八百万の神々」という表現があるように、神話にも数多く登場する。神話を精確に読むことは、祭祀の本質を知る上で重要なことである。さらに、祭祀の儀礼(儀式・幣帛・神饌・神楽など)を調べることが出来れば、より詳しく祭祀や神社について理解できるだろう。| 本演習では、自分の関心のある神・神社・祭祀・儀礼などを取り上げ、それについて調べ、レジュメを作成して報告する。調べるに当たっては、その根拠を示すことが大切なので、資料を添付したレジュメを作成すること。作成にはある程度の時間がかかるので、早めに準備すること。|
  • 2021, 祭祀の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。そして神社は「共同体の安寧を維持するための施設」という社会的機能を果たしてきた。神社や祭祀について学ぶということは、歴史的に共同体の安寧がどのように図られてきたかということを知ることにもつながる。また、祭祀の対象である神は、「八百万の神々」という表現があるように、神話にも数多く登場する。神話を精確に読むことは、祭祀の本質を知る上で重要なことである。さらに、祭祀の儀礼(儀式・幣帛・神饌・神楽など)を調べることが出来れば、より詳しく祭祀や神社について理解できるだろう。| 本演習では、自分の関心のある神・神社・祭祀・儀礼などを取り上げ、それについて調べ、レジュメを作成して報告する。調べるに当たっては、その根拠を示すことが大切なので、資料を添付したレジュメを作成すること。作成にはある程度の時間がかかるので、早めに準備すること。|
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業(オンデマンド)の形態で実施する。|| 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び、神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形作ったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業の形態で実施する。|| 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業(ライブ型)の形態で実施する。|| 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2021, ※本授業は、Zoomによる遠隔授業の形態で実施する。|| 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2022, 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び、神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形作ったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2022, 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2022, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2022, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2022, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2022, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2022, 神道文化や宗教学に関する文献や論文を講読し、その内容について資料を作成し発表することで、資料・史料やデータの読み方、それに基づく自らの考えの発表方法を身につける。| また、資料・史料やデータの扱い方、それを使った論述方法(発表・論文の作成方法)についても学ぶ。
  • 2022, 祭祀の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。そして神社は「共同体の安寧を維持するための施設」という社会的機能を果たしてきた。神社や祭祀について学ぶということは、歴史的に共同体の安寧がどのように図られてきたかということを知ることにもつながる。また、祭祀の対象である神は、「八百万の神々」という表現があるように、神話にも数多く登場する。神話を精確に読むことは、祭祀の本質を知る上で重要なことである。さらに、祭祀の儀礼(儀式・幣帛・神饌・神楽など)を調べることが出来れば、より詳しく祭祀や神社について理解できるだろう。| 本演習では、自分の関心のある神・神社・祭祀・儀礼などを取り上げ、それについて調べ、レジュメを作成して報告する。調べるに当たっては、その根拠を示すことが大切なので、資料を添付したレジュメを作成すること。作成にはある程度の時間がかかるので、早めに準備すること。|
  • 2022, 祭祀の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。そして神社は「共同体の安寧を維持するための施設」という社会的機能を果たしてきた。神社や祭祀について学ぶということは、歴史的に共同体の安寧がどのように図られてきたかということを知ることにもつながる。また、祭祀の対象である神は、「八百万の神々」という表現があるように、神話にも数多く登場する。神話を精確に読むことは、祭祀の本質を知る上で重要なことである。さらに、祭祀の儀礼(儀式・幣帛・神饌・神楽など)を調べることが出来れば、より詳しく祭祀や神社について理解できるだろう。| 本演習では、自分の関心のある神・神社・祭祀・儀礼などを取り上げ、それについて調べ、レジュメを作成して報告する。調べるに当たっては、その根拠を示すことが大切なので、資料を添付したレジュメを作成すること。作成にはある程度の時間がかかるので、早めに準備すること。|
  • 2022, 神社有職故実に関する基礎知識、神職の祭祀服装についての基礎知識、現行の神職服制について、男子神職の衣冠の着装、女子神職の正服の着装を学ぶ。
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023, 本講座では、古代の神道史の基礎を学ぶ。| 古代の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代日本の時代背景をとらえつつ、律令祭祀について学び、神道の根源を理解する。| 神道の成立期については諸説あるものの、古代律令祭祀がその大枠を形作ったことは間違いない。先ずは古代祭祀について説明する。
  • 2023, 本講座では、古代・中世の神道史の基礎を学ぶ。| 古代・中世の神道を学ぶということは、神道の根源的な事柄を知ることである。本講座では、古代・中世日本の時代背景をとらえつつ、神道の根源を理解するとともに、中世神道について学び現代の神道に通じる形式が中世に発生することを理解する。| 時代の変化に応じて、祭祀や信仰が推移・展開していく経緯を理解する。また、中世に発生した伊勢神道と吉田神道が、伝統的祭祀とどのような点が異なり、現代神道とどのような点が共通しているのか、理解する。
  • 2023, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は次の二点を中心に行う。|一、日本書紀の成立・特色・意義|二、巻第一(神代上)本文:天地開闢・神生み・国生み・三貴子の誕生・誓約・天の石窟・八岐大蛇退治|「一」においては、日本書紀の全体像をまとめて解説するとともに、古事記と比較して神代巻の特色を講じ、日本書紀を学ぶ意義を理解させる。また、一書が列記されている構成や読法など、講読にあたっての基礎となる事項を解説する。|「二」においては、テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2023, 日本書紀を日本の伝統的文化を伝える古典として講読することによって、日本文化の根源的な事項を体得させ、日本書紀の性格を学ぶとともに、神系譜から皇統譜への継承を理解させることを目標とする。また、長く日本の公式文書が漢文体であったという理解を得ることも重ねて目標とする。| 内容は、神代巻(上)の理解を前提に、次の二点を中心に行う。|一、巻第一(神代上)一書:大己貴神の国作り|二、巻第二(神代下)本文:葦原中国の平定・天孫降臨・海幸山幸・神日本磐余彦尊の誕生| テキストは、岩波書店の文庫版『日本書紀』を用い、講読は訓読文で行う。古訓に基づいた日本書紀の読み下し文になれさせる。
  • 2023, 1、神職の祭祀服装と現行の神職服制の基礎知識、男子神職の衣冠の著装、女子神職の正服の著装を学ぶ。|2、神社有職故実と伝統文化について学ぶ。
  • 2023, 1、神職の祭祀服装と現行の神職服制の基礎知識、男子神職の衣冠の著装、女子神職の正服の著装を学ぶ。|2、神社有職故実と伝統文化について学ぶ。
  • 2023, 以下の作業を通じて、神道文化・宗教文化の基本的な知識を修得するとともに、これからの大学生活において必要となる学修方法と学修習慣を身につける。|1.『國學院大學の歴史』のテキストを用いて、國學院大學の建学の精神、歴史、学問の特色を学ぶ。|2. 『プレステップ神道学』・『神道事典』を用いて、神道に関する基礎知識を得る。|3. 國學院大學図書館および國學院大學博物館の利用を通じて、神道文化・宗教文化の自主的な学修方法を身につける。|4. 神道・宗教に関する課題図書・課題論文を読んでリポートを作成し、これから神道文化・宗教文化を専門的に学修する上での基礎学力を身につける。|5. 神道文化・宗教文化に関する発表を通して、クラス内で意見交換を行う。
  • 2023, 神道文化や宗教学に関する文献を講読し、その内容について資料を作成し発表することで、資料・史料やデータの扱い方、それを使った論述方法(発表や論文の作成方法)を身につける。
  • 2023, 祭祀の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。そして神社は「共同体の安寧を維持するための施設」という社会的機能を果たしてきた。神社や祭祀について学ぶということは、歴史的に共同体の安寧がどのように図られてきたかということを知ることにもつながる。また、祭祀の対象である神は、「八百万の神々」という表現があるように、神話にも数多く登場する。神話を精確に読むことは、祭祀の本質を知る上で重要なことである。さらに、祭祀の儀礼(儀式・幣帛・神饌・神楽など)を調べることが出来れば、より詳しく祭祀や神社について理解できるだろう。| 本演習では、自分の関心のある神・神社・祭祀・儀礼などを取り上げ、それについて調べ、レジュメを作成して報告する。調べるに当たっては、その根拠を示すことが大切なので、資料を添付したレジュメを作成すること。作成にはある程度の時間がかかるので、早めに準備すること。|
  • 2023, 祭祀の本質の一つは、神々を祀り、それを以て共同体の安寧を維持することにある。そして神社は「共同体の安寧を維持するための施設」という社会的機能を果たしてきた。神社や祭祀について学ぶということは、歴史的に共同体の安寧がどのように図られてきたかということを知ることにもつながる。また、祭祀の対象である神は、「八百万の神々」という表現があるように、神話にも数多く登場する。神話を精確に読むことは、祭祀の本質を知る上で重要なことである。さらに、祭祀の儀礼(儀式・幣帛・神饌・神楽など)を調べることが出来れば、より詳しく祭祀や神社について理解できるだろう。| 本演習では、自分の関心のある神・神社・祭祀・儀礼などを取り上げ、それについて調べ、レジュメを作成して報告する。調べるに当たっては、その根拠を示すことが大切なので、資料を添付したレジュメを作成すること。作成にはある程度の時間がかかるので、早めに準備すること。|

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.