K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Shuya HIRACHI
Department of Law
Professor
Last Updated :2021/06/28

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Shuya HIRACHI

所属・職名

  • Department of Law, Professor

学位

  • 修士(法学)

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2005

研究分野

  • Constitutional law

研究活動

論文

  • 490号, 60, 65, 01 Jul. 2021
  • 1550号, 96, 100, 25 Sep. 2020
  • 30 Jun. 2020, アメリカ合衆国連邦最高裁のカードーゾ裁判官の裁判法理を下級審判事時代の判決やその他の著作も含めて総合的に分析したもの。
  • 464号, 10, 14, 27 Apr. 2019
  • 25号, 25 Apr. 2018
  • 742号, 01 Nov. 2016
  • 25号, 03 May 2014
  • 712号, 01 May 2014
  • Foreign Law in Constitutional Adjudication (ESSAYS IN COMMEMORATION OF THE SEVENTIETH BIRTHDAY OF PROFESSOR OSANAI SATORU), Hirachi Shuya, The Chuo law review, 119, 9, 537, 558, 25 Mar. 2013, Chuo University
  • 30 May 2011
  • 25 Jan. 2010
  • 81巻12号, 01 Nov. 2009
  • 45巻2号, 1, 42, 01 Sep. 2007
  • 45巻1号, 55, 93, 01 Jul. 2007
  • 79巻4号, 153, 192, 01 Sep. 2004
  • 78巻4号, 153, 193, 01 May 2003
  • 77巻2号, 143, 182, 01 Jan. 2002
  • 97号, 127, 153, 01 Feb. 2001
  • 95号, 135, 161, 01 Sep. 2000

Misc

  • 126, 127, 30 Nov. 2019
  • 771号, 136, 136, 01 Apr. 2019
  • 10 Apr. 2015
  • 15 Nov. 2013
  • 365号, 01 Feb. 2011
  • 20 Aug. 2010, 福嶋敏明、宮下紘、中川律
  • 1401号, 01 Jun. 2010
  • 1340号, 108, 114, 01 Sep. 2007
  • 130, 131, 01 Feb. 2007
  • 49号, 159, 159, 01 Dec. 2004
  • 249, 252, 01 Oct. 2003

著書等出版物

  • 05 Apr. 2009
  • 29 Feb. 2016

講演・発表

  • 05 Dec. 2020
  • 11 May 2013

競争的資金

  • 16K03299, Human Rights and Judicial Review toward Constructing Deliberative Democracy, Having studied constitutional theories in the United States and current circumstances surrounding human rights, this research showed that to construct deliberative democracy in modern society, it is not enough only to protect human rights essential to deliberate, such as freedom of speech or equality among citizens. We need also some regulations on human rights to construct deliberations among free and equal citizens, such as regulations on defamations on the Internet.;In addition, this research considered theoretical relationship between populism and deliberative democracy, and got some clues to construct deliberative democracy in populism age.

教育活動

担当授業

  • 2019, 日本国憲法は、主にその第3章において、様々な基本的人権を保障している。この講義では、それらがどのような理念に基づいて定められ、どのような内容の保障を目指しているのかについて理解することを目的としている。| 日本国憲法の人権規定は、抽象的な文言で書かれているため、その内容を見極めるには「解釈」が必要となる。この講義では、学説や判例に見られる様々な「解釈」について、できる限り具体的な事例に即して説明していく予定である。| なお、必要に応じ、参加者に対して予習を前提とした質問を行い、回答を求めることがある。|
  • 2019, -
  • 2019, この講義では、「憲法ⅠB」で学修した基本的人権の基礎的な知識に基づいて、発展的な論点や学説・判例を理解することを目的としている。なお、必要な限りで、「憲法ⅠB」の授業内容を振り返りつつ学修することにする。| また、必要に応じ、参加者に対して予習を前提とした質問を行い、回答を求めることがある。|
  • 2019, 演習の進め方、教材ともに、受講者同士の話し合いによって決定する予定である。
  • 2019, 憲法Ⅰ・憲法Ⅱの授業では、憲法規定を出発点とし、その意味について学習してきたが、本演習では、そこで得た知識をもとに、具体的な事例から出発して、その中に存在する憲法問題を発見し、適切な解決を導くことを通じて、より多角的な憲法の理解を目指すことを目的とする。
  • 2019, 「公法入門」の授業内容をふまえ、憲法の基礎理念や統治機構の概要について理解することを目的とする。| 講義の内容は、基礎理念や統治の仕組みについての説明が中心となる。その過程で、重要な学説や判例の考え方についても言及する。また、授業時に必要があれば、適宜受講者にも予習に基づく説明や回答を求める予定である。
  • 2019, 「憲法ⅠA」の授業内容をふまえ、憲法の基礎理念や統治機構について発展的に理解することを目的とする。| 講義の内容は、基礎理念や統治の仕組みについての説明が中心となるが、「憲法ⅠA」では扱わなかった高度な論点や学説・判例についても言及していく。必要な限りで、「憲法ⅠA」の学修内容を振り返りながら説明する。また、授業時に必要があれば、適宜受講者にも予習に基づく説明や回答を求めることがある。
  • 2019, 日本国憲法を支える思想や歴史などの基礎概念と、それが定める民主政と違憲審査制を中心とする統治の仕組みについて理解することを目的としています。|講義の内容は、基礎概念や統治の仕組みについての説明が中心となります。その過程で、重要な学説や判例の考え方についても言及する予定です。とかく抽象的な説明になりがちなので、適宜具体的問題についても言及することで理解を助ける予定です。
  • 2019, -
  • 2019, 日本国憲法を支える思想や歴史などの基礎概念と、それが定める民主政と違憲審査制を中心とする統治の仕組みについて理解することを目的としています。|講義の内容は、基礎概念や統治の仕組みについての説明が中心となります。その過程で、重要な学説や判例の考え方についても言及する予定です。とかく抽象的な説明になりがちなので、適宜具体的問題についても言及することで理解を助ける予定です。
  • 2020, 日本国憲法は、主にその第3章において、様々な基本的人権を保障している。この講義では、それらがどのような理念に基づいて定められ、どのような内容の保障を目指しているのかについて理解することを目的としている。| 日本国憲法の人権規定は、抽象的な文言で書かれているため、その内容を見極めるには「解釈」が必要となる。この講義では、学説や判例に見られる様々な「解釈」について、できる限り具体的な事例に即して説明していく予定である。| なお、本授業は、15回分の授業を12回分のZoom等を利用した双方向型オンライン授業の形態で行う予定である。15回分の授業内容を12回分の遠隔授業で消化することが困難であると判断した場合は、未消化分に相当する授業資料を配布し、それに関わる課題を提示のうえレポートを課す予定である。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主にZoomを用いたオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として実施する。| 本授業では、「憲法ⅠB」で学修した基本的人権の基礎的な知識に基づいて、発展的な論点や学説・判例を理解することを目的としている。なお、必要な限りで、「憲法ⅠB」の授業内容を振り返りつつ学修することにする。|
  • 2020, 1・2年次開講の憲法の授業では、憲法規定を出発点とし、その意味について学習してきたが、本演習では、そこで得た知識をもとに、具体的な事例から出発して、その中に存在する憲法問題を発見し、適切な解決を導くことを通じて、より多角的な憲法の理解を目指すことを目的とする。授業の方法は、K-SMAPYⅡを通じて、教員による課題提示・受講者による課題提出・教員による講評という一連の流れに基づく遠隔授業を行う予定である。なお、15回分の授業内容を12回分の遠隔授業で消化することが困難であると判断した場合は、未消化分に相当する授業資料を配布し、それに関わる課題を提示のうえレポートを課す予定である。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主にZoomを利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として実施する。| 憲法上の問題が争われる訴訟である憲法訴訟に関する手続的・実体的論点について学修する。この講義を通じて、「憲法B」において学修した個別の人権の保障内容が、「憲法A」において学修した制度としての司法権や違憲審査制においてどのように実効的に確保されているのかが理解できるようになることが期待される。
  • 2020, 本授業は、Zoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)で行う。演習の進め方、教材ともに、受講者同士の話し合いによって決定する予定である。|
  • 2020, 日本国憲法は、主にその第3章において、様々な基本的人権を保障している。この講義では、それらがどのような理念に基づいて定められ、どのような内容の保障を目指しているのかについて理解することを目的としている。| 日本国憲法の人権規定は、抽象的な文言で書かれているため、その内容を見極めるには「解釈」が必要となる。この講義では、学説や判例に見られる様々な「解釈」について、できる限り具体的な事例に即して説明していく予定である。| なお、本授業は、15回分の授業を12回分のZoom等を利用した双方向型オンライン授業の形態で行う予定である。15回分の授業内容を12回分の遠隔授業で消化することが困難であると判断した場合は、未消化分に相当する授業資料を配布し、それに関わる課題を提示のうえレポートを課す予定である。
  • 2020, -
  • 2020, 本授業は、主にZoomを用いたオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として実施する。| 日本国憲法は、主にその第3章において、様々な基本的人権を保障している。この講義では、それらがどのような理念に基づいて定められ、どのような内容の保障を目指しているのかについて理解することを目的としている。| 日本国憲法の人権規定は、抽象的な文言で書かれているため、その内容を見極めるには「解釈」が必要となる。この講義では、学説や判例に見られる様々な「解釈」について、できる限り具体的な事例に即して説明していく予定である。|
  • 2020, 本授業は主にZoomを利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として実施する。| 「公法入門」の授業内容をふまえ、憲法の基礎理念や統治機構の概要について理解することを目的とする。| 講義の内容は、基礎理念や統治の仕組みについての説明が中心となる。その過程で、重要な学説や判例の考え方についても言及する。|
  • 2020, 「憲法ⅠA」の授業内容をふまえ、憲法の基礎理念や統治機構について発展的に理解することを目的とする。| 講義の内容は、基礎理念や統治の仕組みについての説明が中心となるが、「憲法ⅠA」では扱わなかった高度な論点や学説・判例についても言及していく。必要な限りで、「憲法ⅠA」の学修内容を振り返りながら説明する。なお、本授業は、15回分の授業を12回分のZoom等を利用した双方向型オンライン授業の形態で行う予定である。15回分の授業内容を12回分の遠隔授業で消化することが困難であると判断した場合は、未消化分に相当する授業資料を配布し、それに関わる課題を提示のうえレポートを課す予定である。
  • 2021, 取り扱う判例や教材、演習の進め方などについては、受講者同士の話し合いによって決定する予定である。|
  • 2021, 憲法上の問題が争われる訴訟である憲法訴訟に関する手続的・実体的論点について学修する。この講義を通じて、「憲法B」において学修した個別の人権の保障内容が、「憲法A」において学修した制度としての司法権や違憲審査制においてどのように実効的に確保されているのかが理解できるようになることが期待される。
  • 2021, 日本国憲法は、主にその第3章において、様々な基本的人権を保障している。この講義では、それらがどのような理念に基づいて定められ、どのような内容の保障を目指しているのかについて理解することを目的としている。| 日本国憲法の人権規定は、抽象的な文言で書かれているため、その内容を見極めるには「解釈」が必要となる。この講義では、学説や判例に見られる様々な「解釈」について、できる限り具体的な事例に即して説明していく予定である。

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • 2003
  • May 1996
  • May 1999
  • May 1999


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.