K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Naoyuki OTA
Department of Health and Physical Education
Professor
Last Updated :2022/11/03

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Naoyuki OTA

所属・職名

  • Department of Health and Physical Education, Professor

学位

  • Mar. 2006, 博士(歴史学), 國學院大學, 文甲第83号

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2006

研究分野

  • Japanese medieval history

研究活動

論文

  • 122, 11, 185, 205, 01 Nov. 2021
  • 63, 72, 20 Mar. 2018
  • Changes in the Use of Amulets as Seen in Early Modern Folk Narratives, OTA Naoyuki, 237, 25, 61, 25 Jan. 2015
  • 228, 25, 36, 25 Oct. 2012
  • 01 Jul. 2010
  • 4, 28 Feb. 2010
  • 77, 23 May 2009
  • 第2号, 45, 66, 10 Mar. 2008
  • 537, 1, 24, 01 May 2007
  • 706, 17, 33, 01 Mar. 2007
  • 1, 52, 70, 01 Mar. 2007
  • The Interrelation of Kami and Buddhas at Mount Kôya in the Medieval Period, 107, 127, 01 Dec. 2006, The 21st Century COE Program Research Center of Kokugakuin University
  • The formation of Hongansho of Kumno Sanzan, Kokushigaku, No.186, 第186号, 45, 82, 01 Apr. 2005, Kokusi-Gakkai
  • On the function of Hongansho and the law of the shrine with special reference to the relation between Hongansho and shrine families in Kumano, Transaction of Kokugakuin University, Vol.43, 第43巻, 185, 217, 01 Mar. 2005, Kokugakuin University
  • 01 Dec. 2003, 千々和到
  • Folk performances for soliciting donations in the late medieval period, focusing on the piace of performance, Journal of the Graduate School Kokugakuin University-Graduate School of Letters, 31, 第31輯, 327, 343, 01 Mar. 2000, Kokugakuin Daigaku Daigakuin
  • The kanjin and building of Kitano shrine, Shigaku Kenkyu Syuroku, No.25, 第25号, 3, 15, 01 Mar. 2000, Kokugakuin University Nihonshigaku Senko Daigakuinkai
  • Reconstruction of the Curriculum Based on the "Ningen Kaihatsu"(Human Development)in the Faculty of Human Development at Kokugakuin University, ;;;;, 12, 1, 30, Feb. 2021
  • 839, 94, 97, Apr. 2018
  • 820, 95, 98, Aug. 2018
  • 12, 16, 20, Feb. 2021
  • ;;;;, 12, 21, 30, Feb. 2021
  • 757, 117, 119, Jun. 2011
  • Medieval Shrines and the Practice of Collecting Donations, 228, 25, 36, Oct. 2012
  • Changes in the Use of Shrine Amulets as Seen in Early Modern Folk Narratives, 237, 25, 61, Jan. 2015
  • The Structure of the Relationship between Shinto and Buddhism in Kamo Wakeikazuchi Shrine(The Various Phases of Shinto Priests and Buddhist Monks during the Merger of Shinto and Buddhism and the Separation of Shinto and Buddhism: A Reconsideration of the History of Shinto and Buddhism in Japan,Panels,THE PROCEEDINGS OF THE SIXTY-EIGHTH ANNUAL CONVENTION OF THE JAPANESE ASSOCIATION FOR RELIGIOUS STUDIES), OTA Naoyuki, Journal of religious studies, 83, 4, 1255, 1257, 2010, Japanese Association for Religious Studies
  • ;;;;;;, 1, 41, 42, Feb. 2010
  • 2, 28, 34, Feb. 2011
  • ;;;;;, 2, 63, 78, Feb. 2011
  • 77, 3, 15, May 2009
  • 3, 201, 230, Mar. 2009
  • 4, 103, 132, Mar. 2010
  • ;;, 2, 26, 83, 2010
  • 2, 28, 34, 2010
  • ;;, 2, 63, 78, 2010
  • ;;;, 1, 43, 58, 2009
  • 706, 17, 33, Mar. 2007
  • Religious subscription works of medieval Mt. Koyasan, Journal of Japanese history., 537, 1, 24, May 2007
  • ;;, IISR news letter, 55, 14, 18, 25 Jul. 2007
  • 1, 69, 98, Mar. 2007
  • 2, 45, 66, Mar. 2008
  • 187, 78, 80, Jan. 2006

Misc

  • 839, 94, 97, 01 Apr. 2018
  • 820, 95, 98, 01 Aug. 2018
  • 第40号, 95, 133, 01 Apr. 2004
  • 3, 10 Mar. 2009

著書等出版物

  • 31 Mar. 2009
  • 20 May 2008

その他

  • 6, 01 Feb. 2009

競争的資金

  • 23320134, Reseach on Japanese Inscription for Its Historical Information and Historiograpy, This research has been worked on takuhon(ink rub) for its historiographical use. We were active in Miyagi,Aomori, Nara and Tokushima Prefecture. In conclusion we have published the Catalogue of Katsukura Genkichi takuhon and Sakata Fumio takuhon. Regrading the investigation of takuhon sumple, we have researched itabi along the Yoshino River in the Tokushima prefecture and in the Tsugaru Plain in Aomori Prefecture. The sources as the result of our investigation is shelving in the Shiryohensanjo library for the open research. We have held a workshop on our project's topic in collaboration with East Asian Studies Program, Princeton University for opening our research results to the public and feedbacking to us. We have been developping the Inscripition "Databese of the Ink Rubbing Copy of Inscriptions" at the Historiographical Institute by adding historio-giographical information.

教育活動

担当授業

  • 2020, ※この授業はオンライン(双方向型)、或はオンデマンド(録画配信型)で実施される。||神道は本学の建学の精神であり、多様性や寛容性を有する日本文化を理解する上で看過できない。この講義では、神道と深い関係を持つ本学の校史を学ぶことからはじめ、神道の古典、歴史および祭祀・有職故実についての基礎知識を学ぶ。神道を知ることは、自己認識を深めることにとどまらず、国際交流・理解の基準作りにもなる。
  • 2020, ◎本授業は、主にZoomを利用したオンデマンド型オンライン授業(録画配信)として実施する。|日本の歴史の中で普通の日本人がどのように生きてきたのかを知ることは、様々な制約からそう容易なことではない。その最も大きな理由は、一般庶民の生活実態が当時の歴史資料に記されることが非常に少ないからであり、歴史学者は過去の人々の生活の息吹を、さまざまな資料の背後からうかがうことに勤めてきた。本講義ではこうした蓄積に導かれながら、前近代における庶民生活の実態を知るための一視点として、古代・中世に数多く作成された絵巻物を見ながら、そこに描かれた人々の生活を見ていきたい。
  • 2020, 本授業は、対面授業として実施する。||スポーツ・健康科学の学問を人文・社会科学系と自然科学系の研究分野に分け、2〜3年次の専門的な授業科目の土台となるような「科学の方法(作法)」について学ぶ。また、本演習では、4年間の集大成である卒業論文に向けた基本的な内容を取り扱うこととする。| 人文・社会科学系の研究分野では、テーマの選定、リサーチ・クエスチョンの設定、方法論の検討、アウトラインの作成(章立て)、資料・データの収集、考察などについて学ぶ。| 自然科学系の研究分野では、さまざまな実験を通してデータを収集し、データ処理の方法を学ぶ。そして、統計学を用いることで測定評価の基本を学び、研究の面白さを体験できるような演習を目指す。
  • 2020, ※この授業はオンライン(双方向型)、或はオンデマンド(録画配信型)で実施される。||神道は本学の建学の精神であり、多様性や寛容性を有する日本文化を理解する上で看過できない。この講義では、神道と深い関係を持つ本学の校史を学ぶことからはじめ、神道の古典、歴史および祭祀・有職故実についての基礎知識を学ぶ。神道を知ることは、自己認識を深めることにとどまらず、国際交流・理解の基準作りにもなる。
  • 2020, ※この授業はオンライン(双方向型)、或はオンデマンド(録画配信型)で実施される。||神道は本学の建学の精神であり、多様性や寛容性を有する日本文化を理解する上で看過できない。この講義では、神道と深い関係を持つ本学の校史を学ぶことからはじめ、神道の古典、歴史および祭祀・有職故実についての基礎知識を学ぶ。神道を知ることは、自己認識を深めることにとどまらず、国際交流・理解の基準作りにもなる。
  • 2020, 【本授業は、Zoom を利用したオンデマンド型授業と PowerPoint を利用した遠隔授業を|組合せて実施する。 】 |本講義は「日本の伝統文化」の内容を受け、生活に結びついたより具体的なテーマ取り上げることで、伝統文化を継承してきた原動力とそれを将来に発展させていく上での課題を考察する。具体的には、年中行事・祭礼・人生儀礼・食文化・国土観・日本観といったキーワードを通して、生活の中に溶け込んでいる日本の伝統文化の本質と歴史的変容を追っていく。こうした考察を進めるにあたっては、常に現代を窓口にしながら過去や異文化との比較の視点を重視したい。これにより現代生活における伝統文化の意味と、これを未来に継承する上での諸問題を明らかにする。|なおオンライン授業期間中は、Zoom及びK-smapyⅡにアップされた教材を視聴した上で、課題を完成させて、指定フォルダに提出する形式で進める予定です。
  • 2020, ◎本授業は、主にZoomを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。|この演習は卒業論文を作成するために必要となる基礎的なスキルの修得を目標とする。卒業論文を書くためには、自分の興味・関心のあるテーマについて、自ら資料や文献を調べる、それぞれを深く読み込んで内容を整理する、自分なりの視点から批判・検証を加える、といった準備作業が必要となり、こうした作業を通じてオリジナリティのあるテーマを見つけ出すことが可能となる。本演習では、こうした作業を進めていくための調べ方・読み方・考え方を学んでいくため、出席者には二回の報告を行ってもらう。| 具体的には、「地域の伝統文化」をキーワードとして、自分や親などが生まれ、生活する地域の歴史や文化に関するテーマを各自が設定し、複数の研究文献を読み、その内容と自分なりの疑問点・問題点をまとめた一回目の報告を行う。次に、一回目の報告での疑問や問題を解決するための文献・資料を調査し、それらを読みこんだ上で、調査結果をもとにした二回目の報告を実施する。| なお、必要に応じて論文の輪読や資料講読、博物館や文化財などの見学なども行いたい。
  • 2020, 導入基礎演習では、新しい人間関係を形成しながら、大学での修学方法の基礎を学びます。大学で学問を進めるため重要な手順の一つとして、課題を決めて調査研究を行い、その成果を報告および発表し、議論または討論をするという一連の過程があります。本演習では、ルームごとの授業でこれらの各過程に関係した技術を体験的に学び、知識・技能の活用力、論理的科学的思考能力、課題解決探求能力および自己表現力といったコア・コンピテンシーを獲得するための基礎力を培います。| 具体的には、最初に國學院大學の「建学の精神」と人間開発学部の理念と特色について理解を深めます。次に、ルーム制を利用した少人数教育で、文章作成や口頭発表などに必要な基礎的技術を養います。最後に、野外活動実習に向けたガイダンスを行い、この演習で得られた成果を確認します。
  • 2021, 神道は本学の建学の精神であり、多様性や寛容性を有する日本文化を理解する上で看過できない。この講義では、神道と深い関係を持つ本学の校史を学ぶことからはじめ、神道の古典、歴史および祭祀・有職故実についての基礎知識を学ぶ。神道を知ることは、自己認識を深めることにとどまらず、国際交流・理解の基準作りにもなる。|
  • 2021, 本講義は「日本の伝統文化」の内容を受け、生活に結びついたより具体的なテーマ取り上げることで、伝統文化を継承してきた原動力とそれを将来に発展させていく上での課題を考察する。具体的には、信仰・年中行事・祭礼・人生儀礼・食文化・国土観・日本観といったキーワードを通して、生活の中に溶け込んでいる日本の伝統文化の本質と歴史的変容を追っていく。こうした考察を進めるにあたっては、常に現代を窓口にしながら過去や異文化との比較の視点を重視したい。これにより現代生活における伝統文化の意味と、これを未来に継承する上での諸問題を明らかにする。
  • 2021, この演習は卒業論文を作成するために必要となる基礎的なスキルの修得を目標とする。卒業論文を書くためには、自分の興味・関心のあるテーマについて、自ら資料や文献を調べる、それぞれを深く読み込んで内容を整理する、自分なりの視点から批判・検証を加える、といった準備作業が必要となり、こうした作業を通じてオリジナリティのあるテーマを見つけ出すことが可能となる。本演習では、こうした作業を進めていくための調べ方・読み方・考え方を学んでいくため、出席者には二回の報告を行ってもらう。| 具体的には、「地域の伝統文化」をキーワードとして、自分や親などが生まれ、生活する地域の歴史や文化に関するテーマを各自が設定し、複数の研究文献を読み、その内容と自分なりの疑問点・問題点をまとめた一回目の報告を行う。次に、一回目の報告での疑問や問題を解決するための文献・資料を調査し、それらを読みこんだ上で、調査結果をもとにした二回目の報告を実施する。| なお、必要に応じて論文の輪読や資料講読、博物館や文化財などの見学なども行いたい。
  • 2021, スポーツ・健康科学の学問は人文・社会科学系と自然科学系で大別される。人文・社会科学系、自然科学系でそれぞれ2つのテーマに分け、合計4つのテーマで授業を展開していく。| 人文・社会科学系の研究分野では、テーマの選定、リサーチ・クエスチョンの設定、方法論の検討、アウトラインの作成(章立て)、資料・データの収集、考察などについて学ぶ。| 自然科学系の研究分野では、さまざまな実験を通してデータを収集し、データ処理の方法を学ぶ。そして、統計学を用いることで測定評価の基本を学び、研究の面白さを体験できるような演習を目指す。| これらテーマでの演習を通して、2〜3年次の専門的な授業科目の土台となるような「科学の方法(作法)」について学ぶ。また、本演習では、4年間の集大成である卒業論文に向けた基本的な内容を取り扱うこととする。
  • 2021, 健康体育学科の教育課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • 2021, 神道は本学の建学の精神であり、多様性や寛容性を有する日本文化を理解する上で看過できない。この講義では、神道と深い関係を持つ本学の校史を学ぶことからはじめ、神道の古典、歴史および祭祀・有職故実についての基礎知識を学ぶ。神道を知ることは、自己認識を深めることにとどまらず、国際交流・理解の基準作りにもなる。|
  • 2021, 神道は本学の建学の精神であり、多様性や寛容性を有する日本文化を理解する上で看過できない。この講義では、神道と深い関係を持つ本学の校史を学ぶことからはじめ、神道の古典、歴史および祭祀・有職故実についての基礎知識を学ぶ。神道を知ることは、自己認識を深めることにとどまらず、国際交流・理解の基準作りにもなる。|
  • 2021, 日本の歴史の中で普通の日本人がどのように生きてきたのかを知ることは、様々な制約からそう容易なことではない。その最も大きな理由は、一般庶民の生活実態が当時の歴史資料に記されることが非常に少ないからであり、歴史学者は過去の人々の生活の息吹を、さまざまな資料の背後からうかがうことに勤めてきた。本講義ではこうした蓄積に導かれながら、前近代における庶民生活の実態を知るための一視点として、古代・中世に数多く作成された絵巻物を見ながら、そこに描かれた人々の生活を見ていきたい。
  • 2021, 3年次での演習の内容をうけて、卒業論文執筆に向けた個人発表と必要な指導を行う。

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.