K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

青木 洋司
文学部 中国文学科
准教授
Last Updated :2019/06/28

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    青木 洋司, アオキ ヨウジ

ホームページ・researchmap等のリンク

所属・職名

  • 文学部 中国文学科, 准教授

学位

  • 2014年03月, 博士(文学), 九州大学, 文博甲第180号

研究分野

  • 中国哲学

研究活動

論文

  • 那波活所『重編四書註者考』 について ― 明代學術との關係を中心として―, 青木洋司, 『國學院中國學會報』, 第64輯, 2018年12月22日, 國學院中國學會
  • 宋代における『尚書』解釈の基礎的研究, 2014年03月01日, 九州大学
  • 元末明初における古書辨証―宋濂と方孝孺を中心として―, 2008年03月01日, 九州大学
  • 蔡沈の書序解釈について, 『東洋文化』, 復刊第110・111合併号, 30, 44, 2014年12月01日, 無窮会, 南宋以降の『尚書』解釈に大きな影響を与えた蔡沈『書集伝』は、書序を中心として、『尚書正義』と解釈が異なることが多い。『尚書正義』では書序の作者を孔子とし、孔子が編纂した『尚書』経文よりも高く評価している。蔡沈は孔子が『尚書』を編纂したとする点では同じだが、朱熹の解釈を継承し、作者を孔子とはしていない。さらに、書序は『尚書』経文の語句をつなぎ合わせて作成されたものであるため、評価すべきではないとしていたことを解明した。
  • 『東坡書伝』における『尚書正義』の引用について, 『國學院中國學會報』, 第57輯, 39, 49, 2012年03月01日, 國學院大學中國學會, 蘇軾は『東坡書伝』において『尚書正義』と異なる『尚書』解釈を行ったとされている。しかし、『東坡書伝』では、虞書、夏書を中心として『尚書正義』の解釈を引用することが多い。蘇軾は、『尚書正義』を適切な解釈として認めていた側面が存在した。さらに、『東坡書伝』の作成時期は、従来、最晩年の海南島時期と考えられていたが、黄州に流されていた時期から最晩年までの長い期間で作成した著作であることを解明した。
  • 林之奇『尚書全解』初探―史官の解釈を中心として―, 『東洋文化』, 復刊第108号, 73, 84, 2012年03月01日, 無窮会, 林之奇は、書序の作者を孔子ではなく史官とし、また、『尚書』の作成にも、史官が深く関与したとする。篇名の命名を史官とし、従来考えられていたような深い意味は存在しないとした。また経文にも史官の潤色が存在し、本来の姿とは異なるとした。さらに、現在と本来の『尚書』が異なるという認識から、伏生の伝えた「今文尚書」に疑問を呈するなど、林之奇の『尚書』解釈は、北宋の『尚書』解釈とは論点が大きく変化していることを解明した。
  • 金履祥の『書経』解釈の再検討―経文の改訂を中心として―, 『國學院中國學會報』, 第55輯, 45, 56, 2009年12月01日, 國學院大學中國學會, 金履祥は、若年の『書経注』では、師の王柏に影響を受けて経文を改めたとされ、晩年の『尚書表注』では、その影響を脱し経文を改めていないとされている。『書経注』は、清代に至って初めて見える著作であり、その上、最晩年の著作『通鑑前編』と一致する箇所が存在し、若年の著作とするには問題が多い。また、『尚書表注』の成立時期も刊本の存在から晩年とは言い難い。さらに両書の解釈を分析し、経文を改める解釈などが一致することを解明した。
  • 王柏の『書疑』について, 『九州中国学会報』, 第47巻, 1, 15, 2009年05月01日, 九州中国学会, 王柏は『尚書』を、秦の焚書や伏生の口授のため、孔子が定めた本来の姿ではないとした。そのため、本来の姿を復元するために、篇名や篇順を変更し、さらには、『論語』や『孟子』など語句を用い、『尚書』経文を大幅に改めた。これらは、他の諸家には見ることが出来ない、非常に特殊な解釈である。しかし、王柏は、文献学的な裏付けを殆ど行わなかった。そのために、強い批判を招き、その解釈は一部を除き弟子の金履祥にさえ継承されなかったことを解明した。
  • 元末明初の古書辨偽―宋濂・方孝孺を中心として―, 『中国哲学論集』, 第34号, 42, 60, 2008年12月01日, 九州大学中国哲学研究会, 元末明初の代表的な士大夫である宋濂と方孝孺は、古典籍の真偽を鑑別する古書辨偽を行った。宋濂は、文献批判と内容批判を並存して行い、内容を強く批判することがあっても、鑑別の結果には殆ど影響を与えなかった。方孝孺は、師の宋濂よりも精緻な文献批判を行ったにも関わらず、内容批判に重点を置いたため、鑑別の結果は、却って穏当性を欠くものとなった。これらを踏まえて、元末明初の古書辨偽における文献批判と内容批判の関係を解明した。
  • 南宋末から元の『尚書』解釈-陳師凱『書蔡氏伝旁通』を中心として-, 『東洋文化』, 復刊第113号, 2016年04月01日, 無窮会, 南宋末から元における蔡沈『書集伝』の影響を明らかにするため、朱熹と蔡沈との『尚書』解釈の異同の問題や、その異同に対する議論を同時代の『尚書』注釈書や陳師凱『書蔡氏伝旁通』を用いて検討した。その結果、南宋末から元においては、蔡沈とは異なる解釈が多く作成されたことを確認した。また陳師凱は蔡沈とは異なる解釈を批判し、かえって蔡沈を強く擁護する。これが陳師凱の『尚書』解釈の特徴であることを明らかにした。
  • 蘇軾『書伝』における史事の引用について, 『國學院雑誌』, 第117巻第11号, 2016年11月15日, 國學院大學, 蘇軾の『尚書』注釈書である『書伝』における史事の引用は、先行研究において「『尚書』注釈史において特異」とされるが、『尚書正義』や『書伝』以後の南宋の『尚書』注釈書に確認できる。『書伝』の特徴は、その引用される史事である。他の注釈書よりも非常に幅広いのである。そして、史事の引用は、『尚書』解釈の具体例を示すものであることを指摘した。また、蘇軾の文集に収められている「書義」などに『書伝』と類似する議論が見えることから、史事の引用は若年から最晩年まで一貫していた解釈手法であることを指摘した。
  • 黄震の『四書集注』解釈-『黄氏日抄』を中心として-, 『國學院中國學會報』, 第62輯, 2016年12月25日, 國學院大學中國學會, 黄震の『四書集注』解釈を南宋末の学術との関係も含めて検討した。『論語』『孟子』の主旨は、『集注』により明確であるとするため、異なる解釈は殆ど存在しない。これは『中庸』においても同様である。しかし、『大學』は異なり、朱熹の改訂した経文とは異なる経文を附すなど、朱熹とは異なる解釈も存在する。以上のことを明らかにした。
  • 潘府『孔子通紀』初探, 國學院雜誌, 118(9), 2017年09月01日, 國學院大學総合企画部
  • 南宋末における『論語集註』学而篇「孝弟也者、其為仁之本与」解釈, 2017年度研究集録, 2017年10月01日, 日本中國學會
  • 胡仔『孔子編年』について―編年の手法を中心として―, 『國學院中國學會報』, 第63輯, 2017年12月25日, 孔子の言行を生涯を通じて編年する著作の先駆となった胡仔『孔子編年』について、その編年の手法などを検討した。

著書等出版物

  • 『宋代における『尚書』解釈の基礎的研究』, 明德出版社, 2014年12月01日, 宋代における『尚書』解釈を、現存する注釈書のみならず、広く佚文を収集し分析した。その結果、唐代に成立した『尚書正義』の解釈は、『尚書新義』以前は遵守されていること、また、『尚書新義』が行った新たな解釈が契機となり、その後、多くの注釈書が作成されたこと、さらに、南宋に入ると、書序の作者や「今文尚書」「古文尚書」への懐疑など『尚書』解釈上の論点が変化したことを解明した。なお、出版にあたり、金履祥の『書経注』『尚書表注』の作成時期に関する論文、及び、尚書学史上において高く評価されながらも輯佚本が存在しない呉棫『書裨伝』の佚文と、その釈文を書き下ろして収録した。
  • 『論語』ー朱熹の本文訳と別解, 明德出版社, 2017年11月25日, 石本道明, 『論語』全文につき、朱熹『論語集注』に基づき、書き下し文、現代訳を施し、さらに、何晏等『論語集解』、皇侃『論語義疏』、伊藤仁斎『論語古義』、荻生徂徠『論語徴』の朱熹と異なる解釈は別解として掲げ、論語解釈の多様性を明示し、発展的な理解にも資するようにした。

講演・発表

  • 蔡沈『書集伝』初探―朱熹の『尚書』解釈との関わりを中心として―, 東洋文化談話会第67回発表例会, 2014年05月01日, 於無窮会
  • 『尚書新義』における『尚書』解釈について, 東洋文化談話会第59回発表大会, 2013年11月01日, 於無窮会
  • 呉棫の『尚書』解釈―『書裨傳』を中心として―, 日本中國學會第64回大会, 2012年10月01日, 於大阪市立大学
  • 呉棫『書裨傳』初探, 東洋文化談話会第62回研究例会, 2012年06月01日, 於無窮会
  • 南宋における『尚書新義』批判について, 東洋文化談話会第61回研究例会, 2012年01月01日, 於無窮会
  • 『東坡書傳』における『尚書正義』の引用について, 國學院大學中國學會第54回大会, 2011年06月01日, 於國學院大學
  • 蘇軾の『書経』解釈の再検討―『東坡書傳』を中心として―, 東洋文化談話会第59回研究例会, 2011年05月01日, 於無窮会
  • 金履祥の書経学について―『書経注』を中心として―, 九州中国学会第57回大会, 2009年05月01日, 於西南学院大学
  • 陳師凱『書蔡氏伝旁通』について ―蔡沈『書集伝』解釈を中心に―, 國學院大學中國學會 第58回大会, 2015年06月21日, 於國學院大學, 南宋から元における蔡沈『書集伝』の影響を検討するために、陳師凱『書蔡氏伝旁通』を取り上げた。南宋末から元では、朱熹と『書集伝』との解釈の異同が論じられ、『書集伝』ではなく、朱熹や自身の解釈に従うことが多く存在した。一方、陳師凱は、『書集伝』と異なる解釈を批判するなど、強く擁護する立場を取る。この同時代の『尚書』解釈とは異なる態度が陳師凱『書蔡氏伝旁通』の特徴であることを明らかにした。
  • 「孝」の物語~中国近世・日本近世の事例, 日本中國學會第68回大会, 2016年10月09日, 於奈良女子大学, 「『孝」の物語~中国近世・日本近世の事例」と題するパネルディスカッションにおいて、「南宋から元における『孝弟也者、其爲仁之本與』解釈」を担当した。この問題について、当該時代の眞德秀『論語集編』・金履祥『論語集註攷證』・倪士毅『四書輯釋』などの『論語集註』注釈書や黄震『黄氏日抄』の事例を取り上げ、『論語集註』に示されている朱熹の解釈をどのように受容し、論じていたのかを報告した。
  • 本学所蔵本『孔子通紀』について, 國學院大學中國學會, 2017年01月07日, 國學院大學, 『孔子通紀』の内容や本学所蔵本の特徴などを発表した。『孔子通紀』は、「前紀」「正紀」「後紀」から成る。「正紀」は、孔子の誕生から七十三歳の死去までの言行を『孔子編年』など先行する諸書を比較検討し、編年体によって記すものである。「後紀」は、従祀の諸儒百二十四名の事蹟及び評価などを記す。従祀の諸儒は、『孔顔孟三氏誌』は簡潔な記述であるが、『孔子通紀』は、歴代の正史などを引用し、各人物に朱子学的な観点からの褒貶の意を含ませている。 本学所蔵本は、林読耕斎・大田南畝・小汀利得などの旧蔵書であり、多数の書き入れが存在する。第四冊巻末裏表紙見返しの南畝直筆の識語は、『大田南畝全集』所収の識語の訂正を含むものである。また、本文中の朱筆と藍筆との書き入れは貴重なものであるが、その書き入れ者の問題を指摘した。  
  • 胡仔『孔子編年』について, 國學院大學中國學會, 2018年01月06日, 於國學院大學

その他

  • 林之奇の王安石『尚書新義』批判について, 『九州中国学会報』, 第50巻, 九州中国学会, 2012年05月01日, 46, 56, 王安石が作成に関与し、北宋から南宋にかけて有力な『尚書』注釈書である『尚書新義』を、林之奇は強く批判した。その批判には、王安石の新法政策への言及も存在する。注目すべき最大の特徴は、楊時の『尚書新義』への批判の受容である。林之奇は『尚書新義』を批判する際に、楊時の批判の是非には触れず、『尚書全解』に取り入れている。これは、師の呂本中の影響であり、道学の流れを汲む自身の学統から『尚書新義』の批判を行っていることを解明した。

教育活動

担当授業

  • 漢文学講読I, 2019, 学術史上において極めて重要な『論語集注』を読解し、朱熹が『論語』の各章をどのように理解したのかを明らかにする。|注釈の読み方、その性質、朱熹の学問への姿勢、朱子学の基本知識等についても言及する。
  • 漢文学講読(4), 2019, -
  • 漢文学講読II, 2019, 『孟子集注』を読解し、朱熹が『孟子』の各章をどのように理解したのかに明らかにする。|読解は漢文訓読による。|漢和辞典を携行せざる者、予習無き者、教場に入るべからず。|
  • 中国原典研究II, 2019, 経学は中国古典を理解する上で、必要不可欠な学問である。その経学の歴史を理解する手がかりとなるのが、初学者用のテキストとしても名高い、皮錫瑞の『経学歴史』である。|本研究は『経学歴史』を読解し、「経学」の知識、及び、その歴史を理解することを目指す。併せて、皮錫瑞は、どのような観点から経学の歴史を記述していたのかも理解したい。|受講者には予習・復習による内容把握と訓読力の強化、積極的授業参加を求める。
  • 中国原典演習II, 2019, 『困學紀聞』を読み、理解を深めていくことを目指す。|レジュメ発表形式で会読しながら、理解を深め、その考察を行う。受講者には、予習による内容把握と積極的な授業参加という、発表者に依存しない姿勢を求める。|今年度は、巻7『論語』より読み進める。
  • 人文総合基礎III, 2019, 中国における儒学は、個人の修養にとどまらず、どのように修養の成果を社会に発揮するかを重視した。そのため、儒学を理解するためには、個人の修養と社会での役割を知り、その上で個々の項目を考究していく必要がある。|本授業では、朱熹『大学章句』の講読を通じて、朱子学や儒学思想の基本的な理解を目指す。
  • 論語演習, 2019, 学術史上において極めて重要な『論語集注』を読解し、朱熹が『論語』の各章をどのように理解したのかを明らかにする。|注釈の読み方、その性質、朱熹の学問への姿勢、朱子学の基本知識等についても言及する。
  • 論語演習, 2019, 学術史上において極めて重要な『論語集注』を読解し、朱熹が『論語』の各章をどのように理解したのかを明らかにする。|注釈の読み方、その性質、朱熹の学問への姿勢、朱子学の基本知識等についても言及する。
  • 漢文学概説, 2019, 本講座は中国文学のメニューを提示することが、一つの目的となる。|中国文学は、もとより外国語の文学であるが、必ずしも外国の文学ではなかった。それは、歴史的に見れば、この文学が、中国一国だけの文学ではなく、時間的にも空間的にも東アジア全体に拡がりを持ち得たからである。|しかし、こうした歴史的事実を生み出した要因は、中国の歴史の古さのみに帰すべきではない。むしろ、中国文学に内在する普遍性に着目しなければならない。その普遍性は、各時代の作品を精確に読み解くことによって得られる特性を基とし、社会との関係の中でそれらの作品を位置づけることによって、理解される。|したがって、各作品の持つ意味を、作品内部や作者個人だけに閉じさせるのではなく、相互の等質性や異質性に留意しつつ、講じてゆくことが、「概説」することになるはずである。|加えて、中国文学は社会性・政治性を持つことが、一つの理想であった文学であるから、作品の理解に際して、先行する「文学史」上の作品に求めるべきではなく、それを生み出した社会を認識しておく必要がある。指定のテキストで、各作品の前に、概説文を置いた所以である。
  • 中国人文学概説, 2019, 人文学(人文科学)とは、広義には文化全般を指し、狭義でも自然科学・社会科学に対置するものとして、言語・文学・歴史・思想・民俗などが主な分野に挙げられる。中国文学科では、文学・民俗文化・現代中国について単独の概説を設けているため、本授業では学術・思想・文化・歴史などの各分野の基本知識について概説する。|予習無き者、教場に入るべからず。
  • 中国学入門, 2019, 中国文学への理解は、文芸作品のみではない。伝統的に言えば、経・子・史・集の四部分類の総体を「文学」と称した。その総合的な教養の中から生み出されてきたものこそが、「学問」であった。|この土壌に育まれた知識人は、歴史書・思想書・詩文集など多方面の著作を作成した人物が数多い。そのため、ただ一個の人物研究や作品研究・鑑賞においてもそれら多方面に関する知識や配慮が望まれる。入門期にその視野を持つことが重要である。
  • 漢文学概説, 2019, 本講座は中国文学のメニューを提示することが、一つの目的となる。中国文学は、もとより外国語の文学であるが、必ずしも外国の文学ではなかった。それは、歴史的に見れば、この文学が、中国一国だけの文学ではなく、時間的にも空間的にも東アジア全体に拡がりを持ち得たからである。しかし、こうした歴史的事実を生み出した要因は、中国の歴史の古さのみに帰すべきではない。むしろ、中国文学に内在する普遍性に着目しなければならない。その普遍性は、各時代の作品を精確に読み解くことによって得られる特性を基とし、社会との関係の中でそれらの作品を位置づけることによって、理解される。したがって、各作品の持つ意味を、作品内部や作者個人だけに閉じさせるのではなく、相互の等質性や異質性に留意しつつ、講じてゆくことが、「概説」することになるはずである。加えて、中国文学は社会性・政治性を持つことが、一つの理想であった文学であるから、作品の理解に際して、先行する「文学史」上の作品に求めるべきではなく、それを生み出した社会を認識しておく必要がある。指定のテキストで、各作品の前に、概説文を置いた所以である。
  • 漢文学概説, 2019, -
  • 卒業論文, 2019
  • 卒業論文II(3年次), 2019
  • 卒業論文II(4年次), 2019

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • 國學院大學中國學會, 2002年04月
  • 九州大学中国哲学研究会, 2006年04月
  • 九州中国学会, 2006年04月
  • 日本中國學會, 2008年04月
  • 公益財団法人無窮会東洋文化研究所, 2011年04月
  • 國學院大學中國學會