K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

服部 比呂美
文学部 日本文学科
准教授(特別専任)
Last Updated :2019/04/20

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    服部 比呂美, ハットリ ヒロミ

ホームページ・researchmap等のリンク

所属・職名

  • 文学部 日本文学科, 准教授(特別専任)

学位

  • 2009年03月, 博士(民俗学), 國學院大學, 文甲第120号

本学就任年月日

  • 2017年04月01日

研究分野

  • 民俗学

研究活動

論文

  • 「死者と生者を結ぶ傘鉾-三重県志摩市大王町波切の新盆行事から-」, 『國學院雑誌』, 第118巻第4号, 153, 170, 2017年04月15日, 國學院大學, 三重県志摩市大王町波切で行われる大念仏に見られる傘鉾は、新仏の依代と説明されてきたが、新盆行事の事態から、総碑や切子灯籠など複数の依代が存在し、新仏を祀る場も重層的にあることを明らかにした。
  • 「「コト念仏」「コトの神送り」行事とその継承-長野県飯田市上久堅越久保を中心に-」, 『國學院雑誌』, 第117巻第10号, 37, 55, 2016年10月15日, 國學院大學, 長野県飯田市上久堅越久保で行われているコト念仏とコトの神送りについて、行事の実態を明らかにするとともに、行事を担う子ども集団が強い自律性を保持しているからこそ、行事内容が変化してゆくことを論じた。
  • 「造り物としての花火- 愛知県豊川市小坂井町の建物花火-」, 『伝承文化研究』, 第13号, 1, 23, 2015年03月01日, 國學院大學伝承文化学会, 愛知県豊川市小坂井町の建物花火の実態を報告しながら、特殊な技術を要する花火が特化した地域で継承されている要因などを明らかにした。すでに行っていた愛知県新城市の「立物花火」との比較も行った。
  • 「水引業の変遷」, 『飯田・上飯田の民俗』 , 144, 162, 2013年03月01日, 飯田市美術博物館, 飯田の代表的な地場産業である水引業について歴史的に概観し、これまで詳細に記録されてこなかった高度成長期の水引業の実態を明らかにした。
  • 「文学から描く」, 『渋谷を描く』渋谷学ブックレット第3号, 21, 40, 2013年03月01日, 國學院大學研究開発推進センター, 明治期の渋谷は雑木林が広がる牧歌的な景色が広がる場所であった。地方から上京してきた文学を志す若者たちがこうした風景に見出した「ふるさと」を読み解いた
  • 「民俗技術に関する調査と研究報告」, 『無形民俗文化財の保存・活用に関する調査研究報告書』, 13, 38, 2011年03月01日, 国立文化財機構東京文化財研究所 , 日本の精神文化を支える民俗技術の典型として、年中行事の際に各地で作られる飾り物を取り上げ、実態報告するとともに継承に関する問題を明らかにした。
  • 「端午節供の葉包み食」, 『和菓子』, 第18号, 90, 106, 2011年03月01日, 虎屋文庫, 端午節供に作られるチマキやカシワモチなどの葉包み食について、近世の文献やフィールドワークによる考察をもとに、地域的な偏差があることを述べた。
  • 「図書館での効果的な展示その理論と実際」, 『ぷらたなす』, 第59号, 1, 35, 2010年03月01日, 東京都立多摩図書館 , 都立多摩図書館での講義内容をまとめたもの。開架図書も展示の一形式であると位置づけた上で、図書館で本を展示する意義について論じた。
  • 「八朔の馬節供  - 西讃地方の団子馬製作を中心に -」, 『無形文化遺産研究報告』, 第4号, 89, 129, 2010年03月01日, 国立文化財機構東京文化財研究所, 香川県西讃地方の産育習俗である八朔の団子馬について、現状を報告し、その歴史性や東讃地方との差異についても考察した。
  • 「立物花火の技術伝承 - 愛知県新城市東新町「立物保存会」の事例から -」, 『無形文化遺産研究報告』, 第3号 , 103, 126, 2009年03月01日, 国立文化財機構東京文化財研究所, 愛知県新城市東新町の立物花火の実態を報告しながら、特殊な技術を要する立物花火が特化した地域で継承されている要因などを明らかにした。
  • 「庄内地方における雛祭りの飾り物 - 雛菓子と押絵雛菓子 -」, 『無形文化遺産研究報告』, 第2号 , 230, 264, 2008年03月01日, 国立文化財機構東京文化財研究所, 庄内地方の雛節供を飾る雛菓子と押絵の「飾り物」の詳細を明らかにしながら、都市における民俗技術の定着とその担い手についての考察を行った。
  • 「サイノカミ」, 『折口学における術語形成と理論』 , 第2号 , 92, 109, 2007年01月01日, 折口信夫術語研究会, 折口信夫の全著述から、特定語彙(サイノカミ)を抽出し、その術語形成の過程を考察した。
  • 「山形県鶴岡市羽黒町手向のサイノカミ祭り」, 『道祖神研究』, 第1号 , 105, 118, 2007年10月01日, 道祖神研究会, 山形県鶴岡市羽黒町手向のサイノカミ祭りにおける子ども集団の実態から、これまで論じてきた子ども集団の4類型の妥当性を裏付けた。
  • 「絵雑誌と民俗倫理観  - 『子供之友』「甲子上太郎」から -」, 『伝承文化研究』 , 第6号 , 15, 74, 2007年04月01日, 國學院大學伝承文化学会, 大正期に創刊された絵雑誌『子供之友』において、創刊以来29年間継続した「甲子上太郎」の内容を確認し、ここから近代の子ども観を明らかにした。
  • 「七夕馬の技術伝承」, 『無形文化遺産研究報告』 , 『無形文化遺産研究報告』 , 180, 196, 2007年03月01日, 国立文化財機構東京文化財研究所, 千葉県茂原市大芝の七夕馬製作技術の詳細を調査しながら、技術伝承が成立した地域社会のあり方や技術継承上の諸問題を検討した。
  • 「あんがま」, 『折口学における術語形成と理論』 , 第1号 , 14, 24, 2007年01月01日, 折口信夫術語研究会, 折口信夫の全著述から特定語彙(あんがま)を抽出し、その術語形成過程を考察した。
  • 「産神問答譚と道祖神」, 『日本の石仏』 , 第119号, 4, 16, 2006年09月01日, 日本石仏協会, 子どもとサイノカミとの親和性の要因を明らかにするため、『日本昔話通観』などから、「産神問答譚」に登場するサイノカミを抽出し、考察を行った。
  • 「福井県あわら市旧金津町  『本陣飾り物』と『造物趣向種』」, 『伝承文化研究』 , 第5号 , 39, 71, 2006年03月01日, 國學院大學伝承文化学会, 福井県あわら市の金津神社の祭礼に際し、氏子の範囲で町内ごとに組まれた本陣で披露される「一式飾り」について報告し、その歴史性を確認した。
  • 「地蔵盆と子ども集団 - 福井県小浜市西津地区を中心に -」, 『伝承文化研究』 , 第4号 , 19, 42, 2005年04月01日, 國學院大學伝承文化学会, 福井県小浜市西津地区における地蔵盆の現地調査を踏まえ、本行事を取り仕切る子ども集団の紐帯要因などを明らかにした。
  • 「民俗行事と子ども集団」, 『國學院雑誌』, 第106巻第4号, 32, 45, 2005年04月01日, 國學院大學, 静岡県東部地域で子ども集団が担う行事の実態から、子ども集団の4類型を提示し、従来の「子ども組」では説明が不十分であることを論じた。
  • 「サイノカミ祭祀と子ども集団」, 『民俗学論叢』, 第20号 , 35, 52, 2005年04月01日, 相模民俗学会, 静岡県東部地域のサイノカミ祭祀に見られるサイノカミと子どもとの親和性について、司祭者の役割を果たす子どもの神聖性から検討した。
  • 「桃太郎話の構成と比較 - 近世草双紙類を中心に -」, 『伝承文化研究』, 第3号 , 1, 19, 2004年03月01日, 國學院大學伝承文化学会, 農村社会で語られてきた桃太郎と、近世に出版された草双紙類に登場する桃太郎とを比較し、それぞれの社会が理想とする桃太郎像を考察した。
  • 天神祭祀と天神講, 國學院雑誌, 第119巻第2号, 2018年02月15日, 國學院大學, これまで民俗学では断片的な事例報告にとどまっていた天神講について、静岡県東部地域や新潟県柏崎市周辺で行った現地調査を考察した結果から、天神講には地域的な特色を反映した複数のタイプがあることを明らかにした。

Misc

  • 『内田康夫と渋谷』, 2016年10月01日, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 特別展「内田康夫と渋谷」の展覧会図録の原稿執筆と編集を担当。
  • 『杉浦非水・翠子展-同情から生れた絵画と歌 -』, 2015年10月01日, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 特別展「杉浦非水・翠子展  -同情から生れた絵画と歌-」の展覧会図録の原稿執筆と編集を担当。
  • 『島尾敏雄と奥野健男 作家と文芸評論家の交流』, 2011年01月01日, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 企画展「島尾敏雄と奥野健男 - 作家と文芸評論家の交流 -」の展覧会図録の原稿執筆と編集を担当。
  • 『本にえがかれた子どもたち - 村の子ども・町の子ども -』, 2009年01月01日, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 特別展「本にえがかれた子どもたち - 村の子ども・町の子ども -」の展覧会図録で、依頼原稿以外の原稿執筆と編集を担当。
  • 『北欧からのおくりもの - 子どもの本のあゆみ -』, 2006年07月01日, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 特別展「北欧からのおくりもの - 子どもの本のあゆみ -」の展覧会図録。解説、資料紹介の一部執筆と編集を担当。
  • 『ロシア児童文学の世界 - 昔話から現代の作品まで -』, 2005年03月01日, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 特別展「ロシア児童文学の世界 - 昔話から現代の作品まで -」の展覧会図録。解説、資料紹介の一部執筆と編集を担当。
  • 『本にえがかれた動物展Ⅱ - 十二支をてがかりに -』, 2004年09月01日, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 特別展「本にえがかれた動物展Ⅱ - 十二支をてがかりに -」の展覧会図録。解説、資料紹介の一部執筆と編集を担当。
  • 『未知の世界へ 児童文学にえがかれた冒険』, 2003年07月01日, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 特別展「未知の世界へ 児童文学にえがかれた冒険」の展覧会図録。解説、資料紹介の一部執筆と編集を担当。
  • 『不思議の国の仲間たち - 昔話から物語へ -』, 2002年05月01日, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 全面開館記念展「不思議の国の仲間たち - 昔話から物語へ -」の展覧会図録。解説、資料紹介の一部執筆と編集を担当。

著書等出版物

  • 日本の知恵をつたえる, 小川直之・服部比呂美 , 玉川大学出版部, 2018年09月20日, 1巻, 小川直之・入江英弥・神かおり・宮本八惠子
  • 『暮らしに息づく伝承文化』, 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学出版局 藝術学舎, 2014年12月01日, 小川直之・服部比呂美・大楽和正 他5名
  • 『人と文化をつなぐもの-コミュニティ・旅・学びの歴史』, 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学出版局 藝術学舎, 2014年12月01日, 野村朋弘・服部比呂美・神かほり 他6名
  • 『「採訪」という旅』, アーツアンドクラフツ, 2011年10月01日, 野村敬子・粂智子・菱川晶子 他12名
  • 『子ども集団と民俗社会』, 岩田書院, 2010年02月01日, ・博士学位論文の刊行 ・國學院大學課程博士論文出版助成金受給 ・博士論文「子ども集団の民俗誌的研究」を刊行した本書では、日本におけるさまざまな子ども集団の実態を民俗誌的に叙述しながら、「子ども」という社会階層の存在とその役割を確認し、教育学や歴史学では論じ切れなかった児童生活史研究を民俗学の立場から推し進めた。
  • 「水引業を支えた内職」, 柳田國男記念伊那民俗研究所, 2012年03月01日, 第88号, 飯田の水引業を支えた内職の女性たちの体験や技術などを報告し、その特徴が完全な分業化、専業化にあることを述べた。
  • 「相模原の石仏」, 相模原市総務局総務課市史編さん室, 2010年03月01日, 開発が著しい相模原市内の石仏の像や銘文などを丹念に見てゆきながら、文献に残りにくい庶民の生活や信仰のあり方を考察した。
  • 「小稲の自然環境と暮らし」ほか, 静岡県教育委員会, 2010年03月01日, 静岡県賀茂郡南伊豆町手石小稲に伝承される民俗芸能・虎舞について、共同体のあり方をはじめ、その伝承母体について記録した。
  • 「梅宗寺百観音石塔調査報告」, 相模原市総務局, 2009年03月01日, 第6号 , 相模原市梅宗寺観音堂に安置された百体の石彫観音像に関し、調査した結果を報告した。

講演・発表

  • 「新盆行事から何を考えるか -三重県志摩市大王町波切の新盆から-」, 國學院大學伝承文化学会, 2016年07月16日, 國學院大學
  • 「長野県飯田市上久堅越久保の「事念仏」・「事の神送り」, 日本民俗学会年会 分科会「小さき者へ 民俗学からの提言にむけて」, 2012年10月07日, 東京学芸大学
  • 「文学から渋谷を描く」, 國學院大學渋谷学研究会シンポジウム, 2011年02月19日, 國學院大學
  • 「年中行事における飾り物継承の諸問題 - 七夕馬とツクリモノ -」, 無形民俗文化財研究協議会「無形民俗文化財に関わるモノの保護」, 2008年11月20日, 東京文化財研究所
  • 「サイノカミ祭祀と子ども集団」, 相模民俗学会, 2005年01月16日, 神奈川県立博物館
  • 「子ども組と子ども会 - 子ども集団と民俗行事 -」, 日本民俗学会談話会, 2004年05月09日, 武蔵大学
  • 「子ども集団の民俗学的研究」, 國學院大學伝承文化学会, 2004年01月31日, 國學院大學
  • 「天神講と子ども会」, 日本民俗学会年会, 2003年10月05日, 山口大学
  • 「桃太郎話の構成と比較 - 近世草双紙類を中心に -」, 國學院大學伝承文化学会, 2003年06月14日, 國學院大學

その他

  • 特別展「内田康夫と渋谷」, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 2016年10月29日, 2017年01月22日, テレビや映画で放映されている浅見光彦や信濃のコロンボシリーズで知られるミステリー作家・内田康夫は、渋谷区幡ヶ谷で作家デビューした。展示では、渋谷がえがかれた作品を中心に、内田康夫の世界を紹介した。
  • 特別展「杉浦非水・翠子展-同情(たましい)から生れた絵画と歌 -」, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 2015年10月24日, 2016年01月11日, 日本の商業デザインのパイオニア・杉浦非水は、大正歌壇に反発した歌人の妻・翠子を支え続けた。展示では二人の生涯を紹介、翠子の歌に非水が絵を描いた多数の合作掛け軸や非水の漢詩などは本展が初公開となった。
  • 区制施行80年記念企画展「独歩・花袋・国男 - 丘の上の青春 -」, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 2012年12月08日, 2013年03月24日, 明治29年、国木田独歩が移り住んだ渋谷の「丘の上の家」には、若き日の田山花袋や柳田国男も訪れ、熱く文学を語り合った。それぞれの作品やエピソードから三人の友情を紹介した。
  • 企画展「島尾敏雄と奥野健男- 作家と文芸評論家の交流 -」, 白根記念渋谷区郷土博物館文学館, 2001年01月22日, 2011年03月21日, 1960~70年代は、文学的方法で社会を変革すべく、作家と文芸評論家が手を携えた時代だった。生涯渋谷に居住した評論家・奥野健男と作家・島尾敏雄との交流を紹介した。
  • 特別展「本にえがかれた子どもたち - 村の子ども・町の子ども -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2009年01月20日, 2009年03月22日, 大正期の絵雑誌には、都市生活を享受する子どもとともに理想化された「ふるさと」(農村)の子どもの姿が描かれる。民俗学の視点から近代以降の児童書を読み解いた。
  • 特別展「北欧からのおくりもの- 子どもの本のあゆみ -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2006年07月15日, 2007年01月28日, 来館者のアンケートに北欧の児童書展を希望する声が多かったことから企画した。日本では研究が十分とはいえなかった北欧の児童書の歴史を、それぞれの国ごとに解説した。
  • 特別展「ロシア児童文学の世界- 昔話から現代の作品まで -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2005年04月23日, 2005年09月18日, 貴族趣味から「赤」一色の世界へ、時代の潮流が即座に反映されるロシアの児童書。いずれの本にもうかがえるロシア独特の美意識を紹介した。
  • 特別展「本にえがかれた動物展Ⅱ - 十二支をてがかりに -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2004年09月18日, 2005年04月10日, 子どもたちに人気のある動物の本の中から、十二支の動物に絞って児童書を選び、展示した。
  • 企画展「蓮の花の知恵- インドの児童文学 -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2004年04月19日, 2004年09月05日, 「ジャータカ」「パンチャタントラ」など、インドの豊かな口承文芸の中から、インドと日本に共通する昔話を中心に紹介した。
  • 特別展「未知の世界へ 児童文学にえがかれた冒険」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2003年07月19日, 2003年11月09日, いつの世も子どもたちを魅了する「冒険」をテーマにした児童書を展示し、かつて少年たちを熱狂させた『少年倶楽部』の特集コーナーも設けた。
  • 全面開館記念展「不思議の国の仲間たち- 昔話から物語へ -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2002年05月05日, 2002年09月14日, 昔話と児童文学とは、そのストーリー展開に相似型があることを示し、児童文学の源流にはそれぞれの国で育まれた口承文芸があることを展示で示した。
  • 企画展「本にえがかれた動物」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2001年09月08日, 2001年12月22日, イソップ物語から現代の絵本まで、動物が主人公の児童書はバラエティに富む。これらの出版の歴史を紹介した。
  • 企画展「Hola, amigos!やぁ!ともだち - 中南米の子どもの本 -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2009年02月10日, 2001年04月08日, 日本ではほとんどなじみのない中南米の国々で出版されている子どもの本を紹介した。各大使館に協力要請し、玩具などを借用して展示した。
  • 企画展「絵本が映し出すオーロラ - 北欧の作家と絵本 -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2000年12月02日, 2001年02月04日, 北欧の厳しい自然の中で育まれた神話や昔話をはじめ、アンデルセン、ヤンソン、リンドグレーン、ベスコフ、オルセンという北欧出身の作家と作品を紹介した。
  • 企画展「アジアを知ろう - アジアの絵本と絵日記 -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2000年07月21日, 2000年09月24日, アジアの22ケ国から出版された本を展示し、子どもたちが異なる言語の絵本に触れる機会とした。ユネスコアジア文化センターなどに協力を依頼した。
  • 企画展「なつかしのえほん - 昭和20年代から30年代の 子どもたちへ -」, 国立国会図書館国際子ども図書館 , 2000年06月10日, 2000年07月16日, 昭和20年代から30年代にかけての日本の絵本をとりあげ、戦後の復興期、大きく変化してゆく児童書の歴史を紹介した。
  • 平常陳列「拓本展- 中国・朝鮮・日本美術資料から -」, 昭和女子大学光葉博物館 , 1997年04月21日, 1997年05月24日, 北魏時代、中国の洛陽にある龍門石窟に刻まれた「龍門二十品」や日本の薬師寺金堂台座の鬼神、東塔の水煙の飛天などの拓本を公開した。
  • 特別展「天平の甍 - 鑑真大和上と唐招提寺 -」, 昭和女子大学光葉博物館 , 1996年11月09日, 1996年11月22日, 伝戒・伝法の志を貫いた唐招提寺の開祖・鑑真大和上の偉業を国宝・重文資料とともに紹介、井上靖の『天平の甍』の世界も再現した。
  • 企画展「中国の心- 詩箋の世界 -」, 昭和女子大学光葉博物館 , 1996年07月03日, 1996年07月27日, 清時代・乾隆年間の詩箋(便箋)を中心に、中国の文人墨客が愛した文房四宝の優美な世界を展示した。
  • 平常陳列「中国美術関連資料から」, 昭和女子大学光葉博物館 , 1995年11月20日, 1996年01月27日, 学内の各研究分野で収集されてきた中国古代美術関係資料を一度に公開することによって、大学の教育・研究の一助とする展示を試みた。
  • 創立75周年記念展「大正ロマンと人見東明」, 昭和女子大学光葉博物館 , 1995年04月17日, 1995年06月17日, 昭和女子大学の創立者・人見円吉は、かつて「東明」と号し「口語自由詩運動」を推進した詩人であった。学園創立者の生涯をたどりながら、建学の精神を見直す機会とした。
  • 企画展「与謝野晶子情熱の源流- 源氏物語絵巻 -」, 昭和女子大学光葉博物館 , 1994年10月03日, 1994年12月20日, 昭和女子大学図書館「近代文庫」所蔵の晶子関係の資料から、「与謝野源氏」の華麗な世界と、晩年の晶子が『冬柏』で見せた枯淡の境地を紹介した。
  • 企画展「会津八一- その南都風物詩 -」, 昭和女子大学光葉博物館 , 1994年06月27日, 1994年07月31日, 秋草道人・会津八一の自詠自筆の書から、南京・奈良の古寺や古仏に対する八一の見識、書へのこだわりを紹介、その人物像にも迫った。

教育活動

担当授業

  • 伝承文学演習IV, 2019, 民俗学の研究方法として、まず、フィールドワークによる現状把握がある。しかし、研究をより深めるためには、在地民俗の歴史性を同時に知ることが重要である。|本演習では、前期は「諸国風俗問状答」の中から、受講者が決めたテーマで内容を抽出し、比較研究を行い、発表する。後期は、市町村史などの資料の扱い方を学び、これらを用いて比較研究を行う。
  • 伝承文学演習IV, 2019, 民俗学の研究方法として、まず、フィールドワークによる現状把握がある。しかし、研究をより深めるためには、在地民俗の歴史性を同時に知ることが重要である。|本演習では、前期は「諸国風俗問状答」の中から、受講者が決めたテーマで内容を抽出し、比較研究を行い、発表する。後期は、市町村史などの資料の扱い方を学び、これらを用いて比較研究を行う。
  • 伝承文学概説I, 2019, 講義形式の授業。| 伝承文学とは、文学を伝承性の視点からとらえる場合の一つの方法である。したがって記載文芸および口承文芸にとどまらず、広範な伝承文化全体の中からとらえる必要がある。私たちの生活文化を見直し、日本の民俗文化を理解するために、まずは記載文芸としての文学作品や口承文芸としての昔話、伝説、世間話などを対象として、その背後に存在する民俗文化の特性を把握する。さらには世界的に類似した口承、記載文芸との比較を通してより広い視野から理解し学んでいく。
  • 伝承文学概説II, 2019, 講義形式の授業。| 伝承文学とは、文学を伝承性の視点からとらえる場合の一つの方法である。したがって記載文芸および口承文芸にとどまらず、広範な伝承文化全体の中から見出すことができる。私たちの生活文化を見直し、日本の民俗文化を理解するために、まずは記載文芸としての文学作品や口承文芸としての昔話、伝説、世間話などを対象として、その背後に存在する民俗文化の特性を把握する。さらには世界的に類似した口承、記載文芸との比較を通してより広い視野から理解し学んでいく。
  • 日本民俗学I, 2019, 子どもを主体とした民俗行事の事例は、全国各地に見ることができる。授業では、この実際について、具体的に内容を示しながら、日本の子どもたちが地域社会でどのように育まれ、役割を果たしてきたのかなどを概説する。
  • 日本民俗学, 2019, -
  • 日本民俗学II, 2019, 本講義では、日本各地の祭礼や年中行事に見られる造り物や飾り物について、そのあり方を具体的に見てゆきながら、それぞれの歴史や意味を考察する。
  • 卒業論文, 2019

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • 神奈川県秦野市の石仏行事の調査研究(秦野市教育委員会からの委託調査), 2002年04月, 2004年03月
  • 日本民俗学会, 2003年04月
  • 相模民俗学会, 2003年04月
  • 國學院大學伝承文化学会, 2003年04月
  • 國學院大學21世紀COEプログラム 研究補助員, 2004年04月, 2005年03月
  • 山梨県甲府市宮本地区の総合民俗調査研究(甲府市教育委員会からの委託調査), 2004年12月, 2006年03月
  • 神奈川県相模原市の石仏調査研究(相模原市史編さん事業による調査), 2005年04月, 2010年03月
  • 静岡県賀茂郡南伊豆町小稲の虎舞調査研究(静岡県教育委員会 伊豆の民俗文化財調査事業) , 2008年05月, 2010年03月
  • 国立民族学博物館 共同研究「民俗行事における造り物の多様性」共同研究員, 2009年05月, 2012年03月
  • 雑司が谷御会式調査 調査員(豊島区教育委員会事務局教育総務課文化財係からの委託調査)(平成26年3月まで), 2012年08月, 2014年03月