K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Takashi UCHIKAWA
Department of History
Professor
Last Updated :2023/12/21

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Takashi UCHIKAWA

所属・職名

  • Department of History, Professor

学位

  • 文学士

本学就任年月日

  • 01 Apr. 1987

研究分野

  • Museology, 近代博物館形成史の研究

研究活動

論文

  • 28 Feb. 2021
  • 31 2021
  • 25 Jan. 2020
  • 15 Mar. 2020
  • 11 Aug. 2019
  • 28 Feb. 2020
  • 28 Feb. 2020
  • 第10輯, 64, 77, 01 Mar. 1986
  • 第11輯, 101, 111, 01 Mar. 1987
  • 第3輯, 54, 65, 01 Mar. 1987
  • 第13輯, 32, 44, 01 Mar. 1989
  • 第14輯, 61, 86, 01 Mar. 1990
  • 54, 65, 01 Mar. 1990
  • 83号, 01 Mar. 1990
  • No.324, 11, 17, 01 Oct. 1990
  • 第7輯, 96, 122, 01 Mar. 1991
  • 21号, 01 Mar. 1991
  • 第8輯, 134, 190, 01 Mar. 1992
  • 第9輯, 68, 157, 01 Mar. 1993
  • 第18輯, 28, 53, 01 Mar. 1994
  • 第10輯, 74, 88, 01 Mar. 1994
  • 1, 10, 01 Mar. 1995
  • 第21輯, 30, 68, 01 Mar. 1996
  • 第22輯, 76, 92, 01 Mar. 1997
  • 第23輯, 64, 78, 01 Mar. 1998
  • 第24輯, 80, 106, 01 Mar. 1999
  • 102, 139, 01 Mar. 2000
  • 第17輯, 53, 80, 01 Mar. 2001
  • 第26輯, 127, 143, 01 Mar. 2001
  • 01 May 2002
  • 269, 273, 01 Sep. 2002
  • 第19輯, 205, 214, 01 Mar. 2003
  • No.507, 6, 10, 01 Mar. 2003
  • 第29巻第2号, 63, 73, 31 Mar. 2004
  • 第29輯, 3, 28, 01 Mar. 2004
  • 08 Apr. 2004
  • 680号, 110, 111, 01 Jan. 2005
  • 第21輯, 257, 272, 01 Mar. 2005
  • 第22輯, 97, 138, 01 Mar. 2006
  • 第30輯, 135, 151, 01 Mar. 2006
  • 第28号, 1, 7, 01 Mar. 2006
  • 第28号, 17, 37, 01 Mar. 2006
  • 第13輯, 141, 169, 31 Mar. 1997
  • 第1号, 31 Mar. 2009
  • 第32輯, 87, 99, 31 Mar. 2008
  • 第26輯, 31 Mar. 2010, 田島太郎
  • 第26輯, 31 Mar. 2010
  • 496, 508, 01 Aug. 2010
  • 2, 81, 94, 01 May 2010, 加藤里美、新原佑典
  • 第7号, 31 Mar. 2011
  • 第6集, 5, 12, 28 Feb. 2011
  • 47, 25 Jan. 2012
  • 47, 56, 31 Mar. 2012
  • 225, 238, 31 Mar. 2012
  • 第27輯, 39, 70, 31 Mar. 2012
  • 第5号, 23, 49, 31 Mar. 2013, 宇野淳子
  • 第40巻第1号, 45, 76, 25 Dec. 2014
  • 第31輯, 67, 78, 31 Mar. 2015
  • 10, 51, 74, 31 Mar. 2018

Misc

  • 05 Oct. 2013, 成澤麻子・山本命・三浦泰之・安村敏信・鈴木廣之
  • 47号, 10, 13, 25 Feb. 2011
  • 39巻2号, 41, 46, 25 Apr. 2014
  • 1, 3, 4, 28 Feb. 2018
  • 1, 9, 12, 28 Feb. 2018
  • 01 Jul. 2018
  • 8月号, 01 Jul. 2018

著書等出版物

  • 14 Jul. 2018
  • 28 Jul. 2017
  • 28 Feb. 2020
  • 25 Jan. 2020
  • 01 Mar. 1982
  • 01 Mar. 1982
  • 01 Sep. 1982
  • 01 Mar. 1983
  • 01 Mar. 1984
  • 01 Mar. 1984
  • 01 Mar. 1984
  • 01 Mar. 1985
  • 01 Mar. 1985
  • 01 Jan. 1986
  • 01 Mar. 1986
  • 01 Mar. 1987
  • 01 Oct. 1987
  • 01 Mar. 1988, 第4輯 巻末所載
  • 01 Oct. 1988
  • 01 Mar. 1989
  • 01 Mar. 1990, 第6輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1990, 第6輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1990
  • 01 Mar. 1991
  • 01 Mar. 1991, 第7輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1992
  • 01 Mar. 1992
  • 01 Mar. 1992
  • 01 Jul. 1992
  • 01 Mar. 1993
  • 01 Mar. 1993
  • 01 Mar. 1993, 第9輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1993, 第9輯 巻末所載
  • 01 Jul. 1993
  • 01 Sep. 1993
  • 10 Feb. 1994
  • 01 Feb. 1994
  • 01 Mar. 1994
  • 01 Mar. 1994, 第10輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1994, 第10輯 巻末所載
  • 01 Jul. 1994
  • 01 Sep. 1994
  • 01 Oct. 1994
  • 01 Mar. 1996, 第12輯
  • 01 Mar. 1996, 第12輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1997
  • 01 Mar. 1998, 第14輯
  • 01 Mar. 1999, 第15輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1999, 第15輯 巻末所載
  • 01 Mar. 1999
  • 01 Jun. 1999
  • 01 Mar. 2000, 第16輯
  • 01 Oct. 2000
  • 01 Mar. 2001, 第17輯
  • 01 Mar. 2001, 第17輯 巻末所載
  • 01 Mar. 2001
  • 01 Dec. 2001
  • 01 Mar. 2002, 第18輯 巻末所載
  • 01 Mar. 2003
  • 01 Mar. 2003, 第19輯 巻末所載
  • 01 Apr. 2003
  • 01 Mar. 2004
  • 20 Nov. 2004
  • 01 Mar. 2006
  • 01 Mar. 2006
  • 01 Mar. 2006, 第22輯 巻末所載
  • 01 Apr. 2006
  • 01 Jun. 2006
  • 01 Jul. 2006
  • 01 Jan. 2007
  • Science inbestigation report of relics of Soutougonngen site,Atami city,shizuoka., museum of archaeology kokugakuin unvercity, 31 Mar. 2007, 第23輯
  • 20 Mar. 2007
  • 31 Mar. 2009, 第25輯
  • 07 Feb. 2007
  • 30 Jun. 2008
  • 18 Jul. 2006, 中村大
  • 31 Mar. 2008, 大角謙一・野尻義敬・稲田美里
  • 31 Mar. 2011, 第3号
  • 31 Mar. 2011
  • 31 Aug. 2011, 186名
  • 31 Mar. 2012
  • 31 Mar. 2012
  • 31 Mar. 2012
  • 31 Mar. 2012, 第4号
  • 25 Aug. 2012, 『人文系博物館資料論』
  • 31 Mar. 2012
  • 31 Mar. 2012
  • 10 May 2013, 青木豊・平澤佑加子・山本哲也・大谷歩・落合知子・落合広倫・野中優子・建石徹・吉良芳恵・池田朋生・原田一敏
  • 31 Oct. 2013
  • 30 Jun. 2014, (一), 蒲生眞紗雄・菊池邦彦・金出ミチル・鎌形慎太郎・伊藤大祐 
  • 31 Mar. 2013
  • 31 Mar. 2013
  • 31 Mar. 2016, (ニ)
  • 28 Feb. 2018, 鳥越多工摩 富山悠加

講演・発表

  • 22 Feb. 2020
  • 01 Mar. 2020
  • 23 Dec. 2018
  • 09 Dec. 2018
  • 23 Nov. 2018
  • 07 Oct. 2018
  • 29 Sep. 2018
  • 02 Sep. 2018
  • 26 Aug. 2018
  • 24 Sep. 2017
  • 11 Jun. 2017
  • 24 Aug. 2017
  • 11 Mar. 2017
  • 05 Mar. 2017
  • 22 Oct. 2017
  • 20 May 2017
  • 12 Feb. 2017
  • 11 Jun. 2016
  • 24 Mar. 2016
  • 21 Mar. 2016
  • 25 Jun. 2016
  • 23 May 2015
  • 12 Oct. 2014
  • 26 Jul. 2014
  • 08 Feb. 2014
  • 06 Nov. 2013
  • 27 Oct. 2013
  • 25 Nov. 2012
  • 01 Jan. 2003
  • 23 Jul. 2005
  • 01 Nov. 2005
  • 01 Mar. 2006
  • 01 Jan. 2007
  • 01 Mar. 2007
  • 14 Nov. 2009
  • 25 Jul. 2009
  • 25 Oct. 2008
  • 09 Nov. 2008
  • 01 May 2011
  • 17 Jun. 2012
  • 06 Jul. 2013

その他

  • 28 Feb. 2014, 樋口秀司・石井匠・内川隆志, 伊豆大島に残る85カ所の古社をカラー写真で紹介
  • No.17, 01 Dec. 2014
  • 129, 01 Jun. 2014
  • 12, 03 Dec. 2015, 54, 56
  • 26 Feb. 2016, 63, 66
  • 28 Jul. 2017

受賞

  • 21 Dec. 2005

競争的資金

  • 21K01002, 2021
  • 17H02025, Interdisciplinary studies on modern Museum founding antiquarians network, The results of the three core studies that are at the center of this project are as follows. (1) In the “Bussankai” research project, a review of the literature was conducted mainly by Yasuyuki Miura, a co-investigator, and the results were written up in “About the Owari Nagoya Bussankai in the late modern period.”(2) In the “Investigation of antiquarians materials collection” research project, we conducted a survey of materials related to the Seikadobunko Library and Takeka Negishi, and presented the results in a report.(3) In the "F.f.v.Siebold and H.v.Siebold Collection Antique Research Project", the results of our study of the F.f.v. Siebold Collection Japanese archeological materials in the Leiden National Museum of Ethnology and the H.v. Siebold Collection Japanese archeological materials in the British Museum were published as a report.
  • 25350395, 2013, General Study on the Regeneration for Areal Cultural Heritage., This study revealed many historical backgrounds around the Kinokuniya (Sayama family)’s Dozo building (traditional storehouse) in Sawara town, Katori city, Chiba prefecture, Japan.Sayama family, the house owner was a descendant of the Minoshima marchant for ceramics, who moved from Minoshima, Wakayama of the western Japan to Sahara, the eastern Japan in the late of Edo period. Their movements revealed by the old historical documents gave us interactive information about a making history of Sawara as a commercial town, and the history of industry and economy on ceramics in a broad sense.;The Kinokuniya’s Dozo building is the oldest building in Sawara town made in 1826 (Bunsei 9), remained even after a big fire in 1892 (Meiji 25). Therefore we realize that the building is a very important areal cultural heritage in Sawara town, which was designated as the Nation's Important Preservation District for Groups of Historic Buildings.
  • 22601009, 2010, Study of the history of the development of humanities materials.Publication of the materials on the goods that were formerly possessed by Takeshiro Matsuura., Approx. 900 materials were organized on antiquities formerly in the possession of Takeshiro Matsuura and now owned by Seikado Bunko, a public interest incorporated association. This study clearly shows the details of the antiquities (cultural properties)
  • 16520465, 2004, NATIONWIDE COLLECTION of the FOUNDING MMMIRRORS DATA, This research aims to collect the data of Japanese mirrors found from ruins in our country-produced with from ancient times after the ninth century to the Middle Ages-, and analyzes about the position of the Japanese mirrors in the spiritual culture and the transition of type of Japanese mirrors. Accumulated data of excavation Japanese mirrors arrived at 1,700 or more from about 1,000 ruins.;There is no research to which they are collected yet though Japanese mirrors has been detected from various places as the burial cultural asset investigation in recent years increases. So the meaning to complete this collected research from the viewpoint shown as follows is large.;First, this research is including Japanese mirrors excavated with the relic such as earthenware besides the ones that has the chronogram. As a result, the transition of the model of Japanese mirrors and the enhancement of the research on the region can be attempted. So this research becomes a basic research to the completion, development, and the transformation of the mirrors.;Secondarily, the position of "Mirror" in the spiritual culture in ancient times and the Middle Ages can be clarified by the analyses of the remainder condition and the excavation situation etc. of the excavation mirror. Japanese mirrors are one of most spiritual relic. it is the important material that reads a history of the religion and belief in Japan. Moreover, the mirror has the character and the physical superiority similar to swords in a metallic craft in our country. But It is not researched enough still. This research clarify the design of the back side of Japanese mirrors and the transition of type of mirrors. And it is likely to become important material to the Ritual archeology to make of the interdisciplinary studies on the history of the religious faith and the history etc. of a metallic craft.
  • 03301049, 1992, Archaeological Study of Sea Religion - On Mirror Religion at Izu Islands., Izu Islands, which is located off the coast of Tokyo, shows unique cultural traits mostly due to its geographical condition-of isolation. Some unique cultures were spread among the islands and also traces of such cultures could have maintained their peculiarity more, compared to Honshu area.;Namely a mirror cult, a ritual using a mirror, is one example of such cultures. In Honshu, the authentic rituals, in which mirrors were used as the main tool of the feast, has declined after the sixth century. However the mirror feasts has remained strongly all through the Middle Age up until the modern times in the islands.;Regarding the nature of such ritual sites in the islands, Toshima Is., Mikurajima Is., and Hachijojima Is. have two things in common. One is that the sea around these islands are known for its difficulties of navigation even in present days, and the other is that the islands have the shape of Kannabi. In other words, it could be inferred that people who sail around the Izu islands have chosen these three islands as ritualistic locations to prey to God for their safety, because these islands have the shape of kannabi on which gods are believed to descend.;On the other hand, Miyakejima Is. has the gifhest record of volcanic eruptions among the Izu Is. therefore, the people in Middle Age who regarded an eruption as an oracle may have conducted rituals to ask for the stillness of volcanos.;Also, Shikinejima Is. with the oldest ritual sites among the islands, has many good condition of natural inlets for landing. So the earliness of ritual evidence may be related with the fact the is- lands was the easiest access to the Izu Islands.;The ritualistic grounds have shifted from one island to another in the history. It could be understood as a result of changes in Key islands as navigating area has expanded.
  • 21K01002

教育活動

担当授業

  • 2019, 前半は博物館の根幹をなす資料をとりまく総合的理解を促すべく文化財論を展開し、それぞれの出身地、居住地などと関わりのある地域文化財を中心とした展示企画案、後半は國學院大學博物館見学実習後、同館における一般向け展示補助資料としてのコンテンツ制作を実施する。
  • 2019, 日本美術工芸の学術的理解、あるいは親しみ深くモノに興味をもってもらうことが第一義と考える。情報が氾濫し、モノに触れずとも十分な知識を得られる時代となった今、実際のモノに対峙する中で受ける本質的な感性が欠如しがちである。本授業では國學院大學博物館等を活用し、可能な限り、モノとの接点を重要視した内容としたい。
  • 2020, 本授業は、主にZOOMを利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。
  • 2021, 博物館発達史、博物館の社会的位置付けと機能、博物館に関する法規、学芸員の職掌を通して基礎的知識と課題を理解し、これからの社会に対応する博物館のあり方を考える。
  • 2021, 人文系博物館学芸員として必要な博物館展示に関する基礎知識を教授する。具体的には展示テーマの決定から展示に至るプロセス、展示環境や展示器機の基礎的知識など様々な事例を紹介しながら現代博物館における展示の基礎を学ぶ。
  • 2021, 人文系博物館学芸員として必要な博物館展示に関する基礎知識を教授する。具体的には展示テーマの決定から展示に至るプロセス、展示環境や展示器機の基礎的知識など様々な事例を紹介しながら現代博物館における展示の基礎を学ぶ。
  • 2021, 博物館における資料管理の基本、資料保存の意義、資料の保全(資料の状態調査・資料の修理、修復・資料の梱包と輸送)、資料の保存環境(資料保存の諸条件とその影響・生物被害とIPM・災害の防止と対策・伝統的保存法)、環境保護と博物館の役割(エコミュージアムなど)が含まれる。この指導要領にしたがって、講義では資料保存の意義と思想、博物館資料の保全、博物館資料の保存環境、地域資源の保存と活用に関して講じる。
  • 2021, 博物館における資料管理の基本、資料保存の意義、資料の保全(資料の状態調査・資料の修理、修復・資料の梱包と輸送)、資料の保存環境(資料保存の諸条件とその影響・生物被害とIPM・災害の防止と対策・伝統的保存法)、環境保護と博物館の役割(エコミュージアムなど)が含まれる。この指導要領にしたがって、講義では資料保存の意義と思想、博物館資料の保全、博物館資料の保存環境、地域資源の保存と活用に関して講じる。
  • 2021, 博物館業務に必要な基礎知識と技術を修得していくことを目的とする。前半は、展示企画の立案、資料の取り扱いを主とし、後半は資料の保全、製作に焦点をあてて実施する。
  • 2021, 博物館業務に必要な基礎知識と技術を修得していくことを目的とする。前半は、展示企画の立案、資料の取り扱いを主とし、後半は資料の保全、製作に焦点をあてて実施する。
  • 2021, 博物館業務に必要な基礎知識と技術を修得していくことを目的とする。前半は、展示企画の立案、資料の取り扱いを主とし、後半は資料の保全、製作に焦点をあてて実施する。
  • 2021, ①国立博物館②都道府県立博物館③市町村立博物館④私立博物館⑤自由選択のカテゴリーから各1館(計5館)を各自で見学すること。
  • 2022, 博物館発達史、博物館の社会的位置付けと機能、博物館に関する法規、学芸員の職掌を通して基礎的知識と課題を理解し、これからの社会に対応する博物館のあり方を考える。
  • 2022, 人文系博物館学芸員として必要な博物館展示に関する基礎知識を教授する。具体的には展示テーマの決定から展示に至るプロセス、展示環境や展示器機の基礎的知識など様々な事例を紹介しながら現代博物館における展示の基礎を学ぶ。
  • 2022, 人文系博物館学芸員として必要な博物館展示に関する基礎知識を教授する。具体的には展示テーマの決定から展示に至るプロセス、展示環境や展示器機の基礎的知識など様々な事例を紹介しながら現代博物館における展示の基礎を学ぶ。
  • 2022, 博物館における資料管理の基本、資料保存の意義、資料の保全(資料の状態調査・資料の修理、修復・資料の梱包と輸送)、資料の保存環境(資料保存の諸条件とその影響・生物被害とIPM・災害の防止と対策・伝統的保存法)、環境保護と博物館の役割(エコミュージアムなど)が含まれる。この指導要領にしたがって、講義では資料保存の意義と思想、博物館資料の保全、博物館資料の保存環境、地域資源の保存と活用に関して講じる。
  • 2022, 博物館における資料管理の基本、資料保存の意義、資料の保全(資料の状態調査・資料の修理、修復・資料の梱包と輸送)、資料の保存環境(資料保存の諸条件とその影響・生物被害とIPM・災害の防止と対策・伝統的保存法)、環境保護と博物館の役割(エコミュージアムなど)が含まれる。この指導要領にしたがって、講義では資料保存の意義と思想、博物館資料の保全、博物館資料の保存環境、地域資源の保存と活用に関して講じる。
  • 2022, ①国立博物館②都道府県立博物館③市町村立博物館④私立博物館⑤自由選択のカテゴリーから各1館(計5館)を各自で見学すること。
  • 2022, 前半は、業務管理を中心として、資料の保存と記録、確認方法や解説の編集、温湿度管理の方法、空気質、有害生物の管理実務(IPM)、防火、防災など日常的な業務について学習する。後半は、人文系博物館における資料の取り扱い並びに拓本製作等の資料製作実習を実施する。
  • 2022, 前半は、業務管理を中心として、資料の保存と記録、確認方法や解説の編集、温湿度管理の方法、空気質、有害生物の管理実務(IPM)、防火、防災など日常的な業務について学習する。後半は、人文系博物館における資料の取り扱い並びに拓本製作等の資料製作実習を実施する。
  • 2022, 基本的に博物館の実務を中心として、資料の扱い、展示、デジタル化など博物館業務について学習する。|また、期間中以外に見学実習を実施する。(予定)
  • 2022, 基本的に博物館の実務を中心として、資料の扱い、展示、デジタル化など博物館業務について学習する。|また、期間中以外に見学実習を実施する。(予定)
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023
  • 2023, 博物館発達史、博物館の社会的位置付けと機能、博物館に関する法規、学芸員の職掌を通して基礎的知識と課題を理解し、これからの社会に対応する博物館のあり方を考える。内容に応じて課題を提出。
  • 2023, 人文系博物館学芸員として必要な博物館展示に関する基礎知識を教授する。具体的には展示テーマの決定から展示に至るプロセス、展示環境や展示器機の基礎的知識など様々な事例を紹介しながら現代博物館における展示の基礎を学ぶ。
  • 2023, 博物館における資料管理の基本、資料保存の意義、資料の保全(資料の状態調査・資料の修理、修復・資料の梱包と輸送)、資料の保存環境(資料保存の諸条件とその影響・生物被害とIPM・災害の防止と対策・伝統的保存法)、環境保護と博物館の役割(エコミュージアムなど)が含まれる。この指導要領にしたがって、講義では資料保存の意義と思想、博物館資料の保全、博物館資料の保存環境、地域資源の保存と活用に関して講じる。内容に応じて課題を提出。
  • 2023, 博物館における資料管理の基本、資料保存の意義、資料の保全(資料の状態調査・資料の修理、修復・資料の梱包と輸送)、資料の保存環境(資料保存の諸条件とその影響・生物被害とIPM・災害の防止と対策・伝統的保存法)、環境保護と博物館の役割(エコミュージアムなど)が含まれる。この指導要領にしたがって、講義では資料保存の意義と思想、博物館資料の保全、博物館資料の保存環境、地域資源の保存と活用に関して講じる。内容に応じて課題を提出。
  • 2023, 人文系博物館学芸員として必要な博物館展示に関する基礎知識を教授する。具体的には展示テーマの決定から展示に至るプロセス、展示環境や展示器機の基礎的知識など様々な事例を紹介しながら現代博物館における展示の基礎を学ぶ。
  • 2023, 基本的に展示実務を中心として、資料解説の編集、パネル製作、展示、温湿度管理の方法な博物館業務について学習する。
  • 2023, 基本的に展示実務を中心として、資料解説の編集、パネル製作、展示、温湿度管理の方法な博物館業務について学習する。
  • 2023, 基本的に博物館の実務を中心として、資料の扱い、展示、デジタル化など博物館業務について学習する。|また、期間中以外に見学実習を実施する。(予定)

オフィスアワーの実施時期・曜時

  • 2018

学外活動

学協会活動

  • 01 Apr. 2009
  • Apr. 1985
  • May 1989
  • Apr. 2004

社会貢献活動

  • 01 Apr. 2021
  • 2012
  • 2017
  • 2017
  • 01 Apr. 1998


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.