K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

Kentaro CHINO
Department of Health and Physical Education
Associate Professor
Last Updated :2021/09/15

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    Kentaro CHINO

所属・職名

  • Department of Health and Physical Education, Associate Professor

学位

  • 28 Feb. 2007, 博士(学術), 東京大学大学院, 体育関係, 博総合702号, 協働筋の筋束動態が人間の動的な単関節運動における発揮トルクに及ぼす影響

本学就任年月日

  • 01 Apr. 2019

研究活動

論文

  • Influence of section records on the first/second half and overall records in the Tokyo-Hakone Round-Trip College Ekiden Race (in Japanese), Chino Kentaro, Journal of Human Develop Studies, 12, 21, 31, 28 Feb. 2021, Society of Human Development/ Faculty of Human Development, Kokugakuin University
  • The relationship between spike jump height and its determinants of female collegiate volleyball players (in Japanese), Chino Kentaro, Sugiuchi Asami, Murakami Komugi, Hayashi Koichiro, Journal of Human Development Studies, 12, 61, 71, 28 Feb. 2021, Society of Human Development/ Faculty of Human Development, Kokugakuin University
  • Passive Muscle Stiffness in Top Athletes: The Effect of Long-Term Daily Training on Muscle Stiffness (in Japanese), Chino K, Ohya T, Journal of Training Science for Exercise and Sport, 32, 4, 195, 201, 2020
  • Comparison of anthropometric characteristics between elite singles and doubles badminton players, Chino K, Inoue N, Iizuka T, Masuda K, Park JB, Gazzetta Medica Italiana, 178, 10, 781, 784, Oct. 2019, Internal Medicine and Pharmacology
  • Effect of toe dorsiflexion on the regional distribution of plantar fascia shear wave velocity, Chino K, Lacourpaille L, Sasahara J, Suzuki Y, Hug F, Clin Biomech (Bristol, Avon), 61, 11, 15, Jan. 2019, Osteopathic Association of Great Britain
  • Influence of pennation angle on measurement of shear wave elastography: in vivo observation of shear wave propagation in human pennate muscle, Chino K, Takahashi H, Physiol Meas, 39, 11, 115003, 06 Nov. 2018, Institute of Physical Sciences in Medicine/Institution of Physics and Engineering in Medicine and Biology
  • Diaphragmatic shear modulus at various submaximal inspiratory mouth pressure levels, Chino K, Ohya T, Katayama K, Suzuki Y, Respir Physiol Neurobiol, 252-253, 52, 57, Jun. 2018
  • Association of Gastrocnemius Muscle Stiffness With Passive Ankle Joint Stiffness and Sex-Related Difference in the Joint Stiffness, Chino K, Takahashi H, J Appl Biomech, 34, 3, 169, 174, 01 Jun. 2018, International Society of Biomechanics/International Society for the Biomechanics of Sport
  • Muscle Thickness and Passive Muscle Stiffness in Elite Athletes: Implications of the Effect of Long-Term Daily Training on Skeletal Muscle, Chino K, Ohya T, Kato E, Suzuki Y, Int J Sports Med, 39, 3, 218, 224, Feb. 2018
  • Tissue elasticity of in vivo skeletal muscles measured in the transverse and longitudinal planes using shear wave elastography, Chino K, Kawakami Y, Takahashi H, Clin Physiol Funct Imaging, 37, 4, 394, 399, Jul. 2017
  • Chino K, Oginezawa C, Hayashikawa H, Hoshikawa M, Ikeda T, Sato H, Morphological and physical fitness characteristics of Japanese elite fencers with different weapon styles (in Japanese), Journal of High Performance Sport, 2, 11, 19, 2017, Japan Institute of Sports Sciences
  • Handheld Tissue Hardness Meters for Assessing the Mechanical Properties of Skeletal Muscle: A Feasibility Study, Chino K, Takahashi H, J Manipulative Physiol Ther, 39, 7, 518, 522, Sep. 2016
  • Measurement of gastrocnemius muscle elasticity by shear wave elastography: association with passive ankle joint stiffness and sex differences, Chino K, Takahashi H, Eur J Appl Physiol, 116, 4, 823, 830, Apr. 2016
  • The association of muscle and tendon elasticity with passive joint stiffness: In vivo measurements using ultrasound shear wave elastography, Chino K, Takahashi H, Clin Biomech (Bristol, Avon), 30, 10, 1230, 1235, Dec. 2015
  • Measurement of muscle architecture concurrently with muscle hardness using ultrasound strain elastography, Chino K, Akagi R, Dohi M, Takahashi H, Acta Radiol, 55, 7, 833, 839, Sep. 2014
  • Reliability and validity of quantifying absolute muscle hardness using ultrasound elastography, Chino K, Akagi R, Dohi M, Fukashiro S, Takahashi H, PLoS One, 7, 9, e45764, 2012
  • Investigation of exercise intensity during a freestyle wrestling match, Chino K, Saito Y, Matsumoto S, Ikeda T, Yanagawa Y, J Sports Med Phys Fitness, 55, 4, 290, 296, Apr. 2015, International Federation of Sports Medicine
  • Comparison of Perceived Exercise Intensity and Objective Exercise Intensity During A Freestyle Wrestling Match, Chino K, Matsumoto S, Ikeda T, Yanagawa Y, International Journal of Wrestling Science, 4, 1, 131, 136, 15 Oct. 2014
  • A 300-M Intermittent Running Test to Evaluate Whole Body Endurance in Wrestlers, Chino K, Saito Y, Matsumoto S, Yanagawa Y, Ikeda T, Kukidome T, Fukashiro S, Sato M, International Journal of Wrestling Science, 2, 2, 25, 35, Jul. 2012
  • Comparison of two methods of measuring muscle thickness using B-mode ultrasonography (in Japanese), Chino K, Takahashi H, Wakahara T, Hirano Y, JAPANESE JOURNAL of ELITE SPORTS SUPPORT, 4, 29, 42, 2011, Japan Institute of Sports Sciences
  • The influence of fascicle behavior on the lack of velocity dependence in eccentric joint torque in humans: in vivo observation, Chino K, Mitsukawa N, Kobayashi K, Miyoshi Y, Oda T, Kanehisa H, Fukunaga T, Fukashiro S, Kawakami Y, J Appl Biomech, 25, 2, 111, 118, May 2009
  • In vivo fascicle behavior of synergistic muscles in concentric and eccentric plantar flexions in humans, Chino K, Oda T, Kurihara T, Nagayoshi T, Yoshikawa K, Kanehisa H, Fukunaga T, Fukashiro S, Kawakami Y, J Electromyogr Kinesiol, 18, 1, 79, 88, Feb. 2008, International Society of Electrophysiological Kinesiology
  • In vivo muscle fiber behavior of the triceps surae muscles during isokinetic concentric and eccentric plantar flexions (in Japanese), Chino K, Oda T, Kurihara T, Nagayoshi T, Kanehisa H, Fukashiro S, Fukunaga T, Kawakami Y, Japanese Journal of Biomechanics in Sports & Exercise, 7, 3, 206, 213, 2003, Japanese Society of biomechanics

競争的資金

  • 18K10880, Effect of muscle activation and contraction type on respiratory muscle warm-up and training
  • 15K16500, Assessment of muscle condition based on muscle stiffness measured by ultrasound elastography, Ultrasound elastography is an imaging technique that can non-invasively measure tissue elasticity (tissue stiffness) in vivo. By using ultrasound elastography, this study measured tissue elasticity of skeletal muscle and aponeurosis in humans. We found that 1) muscle thickness of the rectus femoris was greater in athletes than non-athletes, but the muscle elasticity was not clearly different between them, 2) the maximum muscle elasticity of the biceps brachii was not observed on the day or later after the exercise that caused muscle damage, but observed immediately after the exercise, and 3) adequate ultrasound probe and imaging pre-set should be selected when measuring tissue elasticity of the plantar fascia.
  • 24700695, Establishing a quantitative method for muscle hardness by using ultrasound elastography, and application of the method to assessment of muscle condition, Ultrasound elastography is an imaging method that measures tissue elasticity based on tissue displacement or elastic wave velocity that is induced by external force. The elastography is classified according to the type of the external force, and we used strain elastography and shear wave elastography. By using the strain elastography, we revealed the validity and reliability of a quantitative method for muscle hardness using two types of tissue mimicking materials, and showed the feasibility of concurrent measurement of muscle hardness and muscle architecture. By using the shear wave elastography, we investigated the relationship between muscle elasticity and thickness of adipose tissue or muscle and the relationship between muscle elasticity and joint flexibility.
  • 23650386, Effect of candidate gene polymorphisms on the tendon extensibility related to sport performances, In the present study, we aimed to investigate the effects of injury-associated polymorphisms within these four genes on the mechanical properties of human tendon structures in vivo. One hundred Japanese males participated in this experiment. The mechanical properties of tendon structures in knee extensors and plantar flexors were measured using ultrasonography. All subjects were genotyped for COL1A1, COL5A1, GDF5, and MMP3 single nucleotide polymorphisms. For COL1A1, all subjects had GG genotype. For COL5A1, maximal tendon elongation and strain of individuals with a CC genotype were significantly greater than individuals with other genotypes (combined TT and CT) for knee extensors, but not for plantar flexors. For GDF5 and MMP3, there were no differences in the mechanical properties of tendon structures in knee extensors and plantar flexors among the three genotypes.

教育活動

担当授業

  • 2019, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 2019, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 体力には身体的、精神的体力があり、どちらもトレーニングしなければいけないことを理解する。身体的なトレーニングの基本として、現在行われている一般的なトレーニング理論の原理・原則を学び、目的に合致し効率的にトレーニング効果を得られるように学ぶ。また発育期には多くの経験が大切であり、特定の種目に偏ったトレーニングの弊害等の問題について理解を深める。精神的体力については早い段階からの経験の必要性を理解し、結果を求めるのではなく将来、遭遇するような環境を体験させることの重要性を学ぶ。
  • 2019, 建学の精神や健康体育学科の課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2019, 本講義では、基本的な統計に関する知識を取得し、健康・スポーツに関するデータを統計を用いて分析することができるようになることを目的とします。講義による説明が中心ですが、身体測定や尺度を実施する事でデータを収集し、理論を理解するために電卓を用いて計算をしたり、統計ソフトを利用してデータの整理・分析を行います。
  • 2019, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 2019, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 2019, 健康・スポーツ科学の研究の進め方を理解しながら、卒業論文の研究テーマを検討します。|文献検索を行って興味のある論文を見つけ、その論文を熟読することで、論文の構造や文章の書き方を学びます。|実験の計画、実施、分析、まとめ、発表を経験することで研究の進め方を理解し、卒業研究で取り組むテーマの具体的な研究計画を立てます。
  • 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 2020, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 2020, 体力には身体的、精神的体力があり、どちらもトレーニングしなければいけないことを理解する。|身体的なトレーニングの基本として、現在行われている一般的なトレーニング理論の原理・原則を学び、目的に合致し効率的にトレーニング効果を得られるように学ぶ。また、発育期には多くの経験が大切であり、特定の種目に偏ったトレーニングの弊害等の問題について理解を深める。精神的体力については早い段階からの経験の必要性を理解し、結果を求めるのではなく将来、遭遇するような環境を体験させることの重要性を学ぶ。
  • 2020, 本授業は、zoomを利用した双方向型授業と講義資料を利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。|建学の精神や健康体育学科の教育課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • 2020, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。|授業は主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。
  • 2020, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。|授業は主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。
  • 2020, ストレッチ、トレーニング、ウォーキング、食事調査、心理検査を行うことで心身の状態をメタ認知する能力を養う。そして、自分自身の健康を守るための定期的な運動習慣や、食事の管理、ストレスコーピングを身につけられるようにする。なお、本授業は、主に講義資料を利用した遠隔授業として実施する。
  • 2020, ストレッチ、トレーニング、ウォーキング、食事調査、心理検査を行うことで心身の状態をメタ認知する能力を養う。そして、自分自身の健康を守るための定期的な運動習慣や、食事の管理、ストレスコーピングを身につけられるようにする。なお、本授業は、主に講義資料を利用した遠隔授業として実施する。
  • 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||健康・スポーツ科学の研究で行われる測定に関する演習を行い、文献検索によって見つけた論文を読み込むことで、卒業論文の研究テーマを設定し、研究の実施計画を立てる。
  • 2020, 本講義では、基本的な統計に関する知識を取得し、健康・スポーツに関するデータを統計を用いて分析することができるようになることを目的とします。|本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。
  • 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施します。||3年生の演習で作成した実施計画書に沿って研究を進め、研究論文を作成します。|計画書通り順調に研究が進むことは極めて稀であり、提出期限を守りながら可能な限り質の高い論文が作成できるよう計画書を修正しながら研究を進めます。|そのように進める研究は、納期と品質のバランスを取りながら進めるプロジェクトと類似しいます。|よって、研究論文の作成は、社会人になってからも役立つ貴重な体験となります。|大学生活の集大成として、主体性を持って自身の研究論文の作成に取り組んでもらいます。
  • 2021, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 2021, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 2021, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 2021, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 2021, 体力には身体的、精神的体力があり、どちらもトレーニングしなければいけないことを理解する。身体的なトレーニングの基本として、現在行われている一般的なトレーニング理論の原理・原則を学び、目的に合致し効率的にトレーニング効果を得られるように学ぶ。また、発育期には多くの経験が大切であり、特定の種目に偏ったトレーニングの弊害等の問題について理解を深める。精神的体力については早い段階からの経験の必要性を理解し、結果を求めるのではなく将来、遭遇するような環境を体験させることの重要性を学ぶ。
  • 2021, スポーツ・健康科学の学問は人文・社会科学系と自然科学系で大別される。人文・社会科学系、自然科学系でそれぞれ2つのテーマに分け、合計4つのテーマで授業を展開していく。| 人文・社会科学系の研究分野では、テーマの選定、リサーチ・クエスチョンの設定、方法論の検討、アウトラインの作成(章立て)、資料・データの収集、考察などについて学ぶ。| 自然科学系の研究分野では、さまざまな実験を通してデータを収集し、データ処理の方法を学ぶ。そして、統計学を用いることで測定評価の基本を学び、研究の面白さを体験できるような演習を目指す。| これらテーマでの演習を通して、2〜3年次の専門的な授業科目の土台となるような「科学の方法(作法)」について学ぶ。また、本演習では、4年間の集大成である卒業論文に向けた基本的な内容を取り扱うこととする。
  • 2021, 健康体育学科の教育課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • 2021, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2021, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 2021, 健康・スポーツ科学の研究で行われる測定に関する演習を行い、文献検索によって見つけた論文を読み込むことで、卒業論文の研究テーマを設定し、研究の実施計画を立てる。
  • 2021, 本講義では、基本的な統計に関する知識を取得し、健康・スポーツに関するデータを統計を用いて分析することができるようになることを目的とします。
  • 2021, 3年生の演習で作成した実施計画書に沿って研究を進め、研究論文を作成します。|計画書通り順調に研究が進むことは極めて稀であり、提出期限を守りながら可能な限り質の高い論文が作成できるよう計画書を修正しながら研究を進めます。|そのように進める研究は、納期と品質のバランスを取りながら進めるプロジェクトと類似しいます。|よって、研究論文の作成は、社会人になってからも役立つ貴重な体験となります。|大学生活の集大成として、主体性を持って自身の研究論文の作成に取り組んでもらいます。

学外活動

学協会活動

  • Japan Association of Training Instructors (JATI), 01 Jul. 2020
  • JAPAN National Strength and Conditioning Association, 01 Nov. 2018
  • Japan Society of Training Science for Exercise and Sport, 07 Jul. 2017


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.