K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

千野 謙太郎
人間開発学部 健康体育学科
准教授
Last Updated :2021/09/15

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    千野 謙太郎, チノ ケンタロウ

所属・職名

  • 人間開発学部 健康体育学科, 准教授

学位

  • 2007年02月28日, 博士(学術), 東京大学大学院, 体育関係, 博総合702号, 協働筋の筋束動態が人間の動的な単関節運動における発揮トルクに及ぼす影響

本学就任年月日

  • 2019年04月01日

資格

  • 2020年09月30日, トレーニング指導者 (JATI-ATI)

研究分野

  • トレーニング科学,運動生理学,バイオメカニクス

研究活動

論文

  • 東京箱根間往復大学駅伝競走の区間記録が往路・復路・総合記録に及ぼす影響, 千野 謙太郎, 人間開発学研究, 12, 21, 31, 2021年02月28日, 國學院大學人間開発学会,國學院大學人間開発学部
  • 大学女子バレーボール選手におけるスパイクジャンプ跳躍高とその決定因子の関係, 千野 謙太郎,杉内 麻美,村上 果麦,林 貢一郎, 人間開発学研究, 12, 61, 71, 2021年02月28日, 國學院大學人間開発学会,國學院大學人間開発学部
  • 一流競技者の受動的な筋スティフネス ~長期間の日常的なトレーニングが筋の硬さに及ぼす影響~, 千野謙太郎, 大家利之, トレーニング科学, 32, 4, 195, 201, 2020年, 日本トレーニング科学会
  • Comparison of anthropometric characteristics between elite singles and doubles badminton players, 千野謙太郎, 井上なぎさ, 飯塚太郎, 舛田圭太, 朴柱奉, Gazzetta Medica Italiana, 178, 10, 781, 784, 2019年10月, Internal Medicine and Pharmacology
  • Effect of toe dorsiflexion on the regional distribution of plantar fascia shear wave velocity, Chino K, Lacourpaille L, Sasahara J, Suzuki Y, Hug F, Clin Biomech (Bristol, Avon), 61, 11, 15, 2019年01月, Osteopathic Association of Great Britain
  • Influence of pennation angle on measurement of shear wave elastography: in vivo observation of shear wave propagation in human pennate muscle, Chino K, Takahashi H, Physiol Meas, 39, 11, 115003, 2018年11月06日, Institute of Physical Sciences in Medicine/Institution of Physics and Engineering in Medicine and Biology
  • Diaphragmatic shear modulus at various submaximal inspiratory mouth pressure levels, Chino K, Ohya T, Katayama K, Suzuki Y, Respir Physiol Neurobiol, 252-253, 52, 57, 2018年06月, -
  • Association of Gastrocnemius Muscle Stiffness With Passive Ankle Joint Stiffness and Sex-Related Difference in the Joint Stiffness, Chino K, Takahashi H, J Appl Biomech, 34, 3, 169, 174, 2018年06月01日, International Society of Biomechanics/International Society for the Biomechanics of Sport
  • Muscle Thickness and Passive Muscle Stiffness in Elite Athletes: Implications of the Effect of Long-Term Daily Training on Skeletal Muscle, Chino K, Ohya T, Kato E, Suzuki Y, Int J Sports Med, 39, 3, 218, 224, 2018年02月, -
  • Tissue elasticity of in vivo skeletal muscles measured in the transverse and longitudinal planes using shear wave elastography, Chino K, Kawakami Y, Takahashi H, Clin Physiol Funct Imaging, 37, 4, 394, 399, 2017年07月, Scandinavian Society of Clinical Physiology and Nuclear Medicine
  • 異なるフェンシング種目の日本人一流競技者における形態および体力特性, 千野謙太郎、荻根澤千鶴、林川晴俊、星川雅子、池田達昭、佐藤秀明, Journal of High Performance Sport, 2, 11, 19, 2017年, 国立スポーツ科学センター
  • Handheld Tissue Hardness Meters for Assessing the Mechanical Properties of Skeletal Muscle: A Feasibility Study, Chino K, Takahashi H, J Manipulative Physiol Ther, 39, 7, 518, 522, 2016年09月, National College of Chiropractic
  • Measurement of gastrocnemius muscle elasticity by shear wave elastography: association with passive ankle joint stiffness and sex differences, Chino K, Takahashi H, Eur J Appl Physiol, 116, 4, 823, 830, 2016年04月, -
  • The association of muscle and tendon elasticity with passive joint stiffness: In vivo measurements using ultrasound shear wave elastography, Chino K, Takahashi H, Clin Biomech (Bristol, Avon), 30, 10, 1230, 1235, 2015年12月, Osteopathic Association of Great Britain
  • Measurement of muscle architecture concurrently with muscle hardness using ultrasound strain elastography, Chino K, Akagi R, Dohi M, Takahashi H, Acta Radiol, 55, 7, 833, 839, 2014年09月, -
  • Reliability and validity of quantifying absolute muscle hardness using ultrasound elastography, Chino K, Akagi R, Dohi M, Fukashiro S, Takahashi H, PLoS One, 7, 9, e45764, 2012年, Public Library of Science
  • Investigation of exercise intensity during a freestyle wrestling match, 千野謙太郎, 斉藤陽子, 松本慎吾, 池田達昭, 柳川美麿, J Sports Med Phys Fitness, 55, 4, 290, 296, 2015年04月, International Federation of Sports Medicine
  • Comparison of Perceived Exercise Intensity and Objective Exercise Intensity During A Freestyle Wrestling Match, 千野謙太郎, 松本慎吾, 池田達昭, 柳川美麿, International Journal of Wrestling Science, 4, 1, 131, 136, 2014年10月15日, International Network of Wrestling Researchers
  • A 300-M Intermittent Running Test to Evaluate Whole Body Endurance in Wrestlers, 千野謙太郎, 斉藤陽子, 松本慎吾, 柳川美麿, 池田達昭, 久木留毅, 佐藤満, International Journal of Wrestling Science, 2, 2, 25, 35, 2012年07月, International Network of Wrestling Researchers
  • Bモード超音波法を用いた2つの筋厚測定方法の比較, 千野謙太郎, 高橋英幸, 若原 卓, 平野裕一, JAPANESE JOURNAL of ELITE SPORTS SUPPORT, 4, 29, 42, 2011年, 国立スポーツ科学センター
  • The influence of fascicle behavior on the lack of velocity dependence in eccentric joint torque in humans: in vivo observation, Chino K, Mitsukawa N, Kobayashi K, Miyoshi Y, Oda T, Kanehisa H, Fukunaga T, Fukashiro S, Kawakami Y, J Appl Biomech, 25, 2, 111, 118, 2009年05月, International Society of Biomechanics
  • In vivo fascicle behavior of synergistic muscles in concentric and eccentric plantar flexions in humans, Chino K, Oda T, Kurihara T, Nagayoshi T, Yoshikawa K, Kanehisa H, Fukunaga T, Fukashiro S, Kawakami Y, J Electromyogr Kinesiol, 18, 1, 79, 88, 2008年02月, International Society of Electrophysiological Kinesiology
  • 下腿三頭筋の短縮性,伸張性運動中の筋線維動態, 千野謙太郎, 小田俊明, 栗原俊之, 永吉俊彦, 金久博昭, 深代千之, 福永哲夫, 川上泰雄, バイオメカニクス研究, 7, 3, 206, 213, 2003年, 日本バイオメカニクス学会

競争的資金

  • 18K10880, 筋の活動・活動様式を考慮した呼吸筋のウォーミングアップ・トレーニングに関する研究, 外腹斜筋および内腹斜筋は努力性呼気に作用する呼吸筋であり,最も強力で有効な体幹の回旋筋でもある.外腹斜筋は外側腹筋群の中で最も表層に位置することから,その活動は表面筋電図法によって測定される.しかし,外腹斜筋の直下には内腹斜筋が位置することから,表面筋電図法によって測定された外腹斜筋の活動には内腹斜筋の活動が混入している可能性がある.超音波エラストグラフィは,組織内を伝播するせん断波の速度を測定することで,生体組織の弾性を非侵襲的に評価する画像診断技術である.超音波エラストグラフィによって筋のせん断波速度を測定する際には,関心領域を対象とする筋に合わせる.また,超音波エラストグラフィによって測定した筋のせん断波速度は,表面筋電図法によって測定した筋活動と高い相関がある.よって,超音波エラストグラフィを用いて外腹斜筋のせん断波速度を測定することで,内腹斜筋の影響を受けずに外腹斜筋の活動を評価することが可能である.そこで令和2年度は,表面筋電図法による外腹斜筋の測定の妥当性を超音波エラストグラフィを用いて検討する測定を行った.被験者に左右方向への体幹回旋を最大および最大下挙上負荷で行わせ,その際の右側の外腹斜筋の筋活動を表面筋電図法,せん断波速度を超音波エラストグラフィによって測定した.表面筋電図法によって測定した外腹斜筋の筋活動は,左および右回旋において負荷の増加に伴って有意に増加した.一方,超音波エラストグラフィによって測定した外腹斜筋のせん断波速度は,左回旋においてのみ負荷の増加に伴って増加する傾向が見られた.これらのことから,表面筋電図法によって測定した右回旋時の外腹斜筋の活動には,外腹斜筋の直下に位置する内腹斜筋の活動が混入していたと考えられる.よって,表面筋電図法を用いて外腹斜筋の活動を測定する際には,内腹斜筋の活動が混入する可能性を考慮する必要がある.;本研究で最も重要な測定は,被験者が最大吸気口腔内圧を発揮した際の呼吸筋の活動を測定することである.しかし,令和2年度は重篤な肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が拡大し,収束することがなかった.新型コロナウイルスが収束しない状況は,被験者が本研究の測定に安心して参加することができない状況であるため,測定の実施を断念せざるを得なかった.そのため,令和2年度は当初の予定通り研究を進めることができなかった.;令和3年度も新型コロナウイルスが収束しない状況で,研究課題を遂行することが求められる.電子スパイロメータを用いる際には被験者ごとにマウスフィルタを交換するが,それだけでは新型コロナウイルスの被験者間感染を完全に予防することはできない.したがって,電子スパイロメータの使用,すなわち最大吸気口腔内圧の測定を断念せざるを得ない.そこで,令和3年度は吸気に作用する呼吸筋(肋間筋や胸鎖乳突筋)ではなく,呼気に作用する呼吸筋(腹筋群)に着目した研究を行うことにする.腹筋群の測定は体表面に貼付した表面筋電図電極や体表面に置いた超音波プローブを用いて行うことが可能であり,電子スパイロメータを用いた測定よりも新型コロナウイルスの被験者間感染を予防しやすい.腹筋群に関する令和2年度の研究実績に基づいて研究計画を変更し,新型コロナウイルスの感染予防を徹底した上で積極的に測定を実施することで,研究を推進させる.
  • 15K16500, 超音波エラストグラフィを用いて測定した筋硬度に基づく筋のコンディション評価, 本研究では、非侵襲的に組織の弾性(硬さ)を生体計測することができる超音波エラストグラフィを用いて骨格筋や腱膜の弾性を測定した。その結果、1) 一般人に比べてスポーツ選手の大腿直筋は肥大しているが、その弾性には明確な違いが見られないこと、2) 上腕二頭筋の弾性は筋損傷を引き起こす運動の翌日以降ではなく、運動直後に最も高い値を示すこと、3) 足底腱膜の弾性を測定する際には適切なプローブと初期設定を選択することが重要であることが明らかになった。
  • 24700695, 超音波エラストグラフィを用いた筋硬度定量法の確立と筋コンディション評価への応用, 超音波エラストグラフィは、外力によって組織内部に生じた変位や弾性波の速度に基づいて組織弾性を計測する画像法である。超音波エラストグラフィは外力の種類によって分類されるが、本研究ではStrain elastographyおよびShear wave elastographyを用いた。Strain elastographyを用いた研究では、2種類の参照体を用いた筋硬度の定量法の妥当性および信頼性を明らかにし、筋硬度と併せて筋形状が測定できることを示した。Shear wave elastographyを用いた研究では、筋の弾性と筋や皮下脂肪の厚さの関係や筋の弾性と関節柔軟性の関係を検討した。
  • 23650386, スポーツパフォーマンスを高める腱組織の伸展性に及ぼす遺伝子多型の影響, 本研究ではコラーゲン、成長因子および蛋白分解酵素遺伝子多型と腱組織の力学的特性との関連を明らかにすることを目的とした。100名の成人男性を対象として、膝伸筋群および足底屈筋群の腱組織の力学的特性を測定した。各被検者の唾液を採取し、それぞれの遺伝子多型を分析した。5型コラーゲン遺伝子多型の中で、膝伸筋群においてC型群の腱組織の伸展性が他の群よりも高かったが、足底屈筋群ではそのような差異はみられなかった。他の3つの遺伝子多型で分類した3型群の間には、腱組織の力学的特性に有意な差は認められなかった。

教育活動

担当授業

  • 運動生理学演習I(神経・筋系), 2019, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 運動生理学演習I(神経・筋系), 2019, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • スポーツ実技B, 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • スポーツ・身体文化IB, 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • スポーツ実技A, 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • スポーツ・身体文化IA, 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 体力トレーニング論, 2019, 体力には身体的、精神的体力があり、どちらもトレーニングしなければいけないことを理解する。身体的なトレーニングの基本として、現在行われている一般的なトレーニング理論の原理・原則を学び、目的に合致し効率的にトレーニング効果を得られるように学ぶ。また発育期には多くの経験が大切であり、特定の種目に偏ったトレーニングの弊害等の問題について理解を深める。精神的体力については早い段階からの経験の必要性を理解し、結果を求めるのではなく将来、遭遇するような環境を体験させることの重要性を学ぶ。
  • 導入基礎演習, 2019, 建学の精神や健康体育学科の課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • スポーツ実技A, 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • スポーツ・身体文化IA, 2019, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 統計と測定評価, 2019, 本講義では、基本的な統計に関する知識を取得し、健康・スポーツに関するデータを統計を用いて分析することができるようになることを目的とします。講義による説明が中心ですが、身体測定や尺度を実施する事でデータを収集し、理論を理解するために電卓を用いて計算をしたり、統計ソフトを利用してデータの整理・分析を行います。
  • 健康運動実習, 2019, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 健康運動実習, 2019, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 演習(人間開発学部), 2019, 健康・スポーツ科学の研究の進め方を理解しながら、卒業論文の研究テーマを検討します。|文献検索を行って興味のある論文を見つけ、その論文を熟読することで、論文の構造や文章の書き方を学びます。|実験の計画、実施、分析、まとめ、発表を経験することで研究の進め方を理解し、卒業研究で取り組むテーマの具体的な研究計画を立てます。
  • 運動生理学演習I(神経・筋系), 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 運動生理学演習I(神経・筋系), 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。|本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 健康運動実習, 2020, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 健康運動実習, 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 体力トレーニング論, 2020, 体力には身体的、精神的体力があり、どちらもトレーニングしなければいけないことを理解する。|身体的なトレーニングの基本として、現在行われている一般的なトレーニング理論の原理・原則を学び、目的に合致し効率的にトレーニング効果を得られるように学ぶ。また、発育期には多くの経験が大切であり、特定の種目に偏ったトレーニングの弊害等の問題について理解を深める。精神的体力については早い段階からの経験の必要性を理解し、結果を求めるのではなく将来、遭遇するような環境を体験させることの重要性を学ぶ。
  • 導入基礎演習, 2020, 本授業は、zoomを利用した双方向型授業と講義資料を利用した遠隔授業を組み合わせて実施する。|建学の精神や健康体育学科の教育課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • スポーツ実技A, 2020, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。|授業は主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。
  • スポーツ・身体文化IA, 2020, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。|授業は主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。
  • スポーツ実技A, 2020, ストレッチ、トレーニング、ウォーキング、食事調査、心理検査を行うことで心身の状態をメタ認知する能力を養う。そして、自分自身の健康を守るための定期的な運動習慣や、食事の管理、ストレスコーピングを身につけられるようにする。なお、本授業は、主に講義資料を利用した遠隔授業として実施する。
  • スポーツ・身体文化IA, 2020, ストレッチ、トレーニング、ウォーキング、食事調査、心理検査を行うことで心身の状態をメタ認知する能力を養う。そして、自分自身の健康を守るための定期的な運動習慣や、食事の管理、ストレスコーピングを身につけられるようにする。なお、本授業は、主に講義資料を利用した遠隔授業として実施する。
  • 演習(人間開発学部), 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施する。||健康・スポーツ科学の研究で行われる測定に関する演習を行い、文献検索によって見つけた論文を読み込むことで、卒業論文の研究テーマを設定し、研究の実施計画を立てる。
  • 統計と測定評価, 2020, 本講義では、基本的な統計に関する知識を取得し、健康・スポーツに関するデータを統計を用いて分析することができるようになることを目的とします。|本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施します。
  • 演習・卒業論文(人間開発学部), 2020, 本授業は Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)と対面授業/ハイブリッド授業を併用して実施します。||3年生の演習で作成した実施計画書に沿って研究を進め、研究論文を作成します。|計画書通り順調に研究が進むことは極めて稀であり、提出期限を守りながら可能な限り質の高い論文が作成できるよう計画書を修正しながら研究を進めます。|そのように進める研究は、納期と品質のバランスを取りながら進めるプロジェクトと類似しいます。|よって、研究論文の作成は、社会人になってからも役立つ貴重な体験となります。|大学生活の集大成として、主体性を持って自身の研究論文の作成に取り組んでもらいます。
  • 運動生理学演習I(神経・筋系), 2021, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 運動生理学演習I(神経・筋系), 2021, 競技スポーツを行うアスリートにおいても,また,高齢者における介護予防の観点からも,運動器としての筋とそれを制御する神経との生理学的なつながりを理解しておくことは,運動指導者として極めて重要である。本演習では,さまざまな筋の筋力・筋パワーの測定方法を理解し,さらに,筋電図や超音波を用いた実験を通じて,その生理学的バックグラウンドを理解することを主眼とする。
  • 健康運動実習, 2021, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 健康運動実習, 2021, 介護予防および生活習慣病予防・改善には、若齢期からの積極的な運動・身体活動の実施が不可欠である。本実習では、身体活動量の定量(アセスメント)、運動への導入(ウォーミングアップなど)、有酸素運動や筋力トレーニングの実際の方法を実習のスタイルで学ぶことを目的とする。さらに、後半では、さまざまな疾患を予防・改善するための具体的な運動プログラム案について、各自作成し、プレゼンテーションにより相互の理解を深める。これらを通じて、健康づくりのための運動のプログラミングや実際を経験することで、深く健康づくり運動の意義を学修する。
  • 体力トレーニング論, 2021, 体力には身体的、精神的体力があり、どちらもトレーニングしなければいけないことを理解する。身体的なトレーニングの基本として、現在行われている一般的なトレーニング理論の原理・原則を学び、目的に合致し効率的にトレーニング効果を得られるように学ぶ。また、発育期には多くの経験が大切であり、特定の種目に偏ったトレーニングの弊害等の問題について理解を深める。精神的体力については早い段階からの経験の必要性を理解し、結果を求めるのではなく将来、遭遇するような環境を体験させることの重要性を学ぶ。
  • 専門基礎演習, 2021, スポーツ・健康科学の学問は人文・社会科学系と自然科学系で大別される。人文・社会科学系、自然科学系でそれぞれ2つのテーマに分け、合計4つのテーマで授業を展開していく。| 人文・社会科学系の研究分野では、テーマの選定、リサーチ・クエスチョンの設定、方法論の検討、アウトラインの作成(章立て)、資料・データの収集、考察などについて学ぶ。| 自然科学系の研究分野では、さまざまな実験を通してデータを収集し、データ処理の方法を学ぶ。そして、統計学を用いることで測定評価の基本を学び、研究の面白さを体験できるような演習を目指す。| これらテーマでの演習を通して、2〜3年次の専門的な授業科目の土台となるような「科学の方法(作法)」について学ぶ。また、本演習では、4年間の集大成である卒業論文に向けた基本的な内容を取り扱うこととする。
  • 導入基礎演習, 2021, 健康体育学科の教育課程を理解した上で、大学の学修に必要な基礎的なスキルを身につける。
  • スポーツ実技A, 2021, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • スポーツ・身体文化IA, 2021, 各スポーツ種目の身体活動を通じて、自身の健康・体力、体調を把握する能力を養い、定期的な運動実践の習慣を身に付けられるようにする。また他の受講生との協力活動を通してコミュニケーション能力、協調性を学び社会能力を養う。
  • 演習(人間開発学部), 2021, 健康・スポーツ科学の研究で行われる測定に関する演習を行い、文献検索によって見つけた論文を読み込むことで、卒業論文の研究テーマを設定し、研究の実施計画を立てる。
  • 統計と測定評価, 2021, 本講義では、基本的な統計に関する知識を取得し、健康・スポーツに関するデータを統計を用いて分析することができるようになることを目的とします。
  • 演習・卒業論文(人間開発学部), 2021, 3年生の演習で作成した実施計画書に沿って研究を進め、研究論文を作成します。|計画書通り順調に研究が進むことは極めて稀であり、提出期限を守りながら可能な限り質の高い論文が作成できるよう計画書を修正しながら研究を進めます。|そのように進める研究は、納期と品質のバランスを取りながら進めるプロジェクトと類似しいます。|よって、研究論文の作成は、社会人になってからも役立つ貴重な体験となります。|大学生活の集大成として、主体性を持って自身の研究論文の作成に取り組んでもらいます。

学外活動

学協会活動

  • 日本トレーニング指導者協会, 2020年07月01日
  • NSCAジャパン, 2018年11月01日
  • 日本トレーニング科学会, 2017年07月07日