K-ReaD( Kokugakuin University Researcher’s Achievement)

青木 康太朗
人間開発学部 子ども支援学科
准教授
Last Updated :2021/06/29

研究者基本情報

氏名

  • 氏名

    青木 康太朗, アオキ コウタロウ

ホームページ・researchmap等のリンク

連絡先

  • 連絡先

    ko.aoki[at]kokugakuin.ac.jp

所属・職名

  • 人間開発学部 子ども支援学科, 准教授

学位

  • 2002年03月15日, 修士(スポーツ科学), 大阪体育大学大学院, 体育関係, 第89号, 長期キャンプ体験における参加者の対人関係能力の変容に関する研究-参加者の特性による社会的スキルの変容の違いに着目して-

資格

  • 2017年01月, NPO法人自然体験活動推進協議会 自然体験活動リスクマネジメントディレクター取得
  • 2014年07月, 全国体験活動指導者認定委員会 自然体験活動総括指導者(NEALコーディネーター)取得
  • 2012年07月, 公益社団法人日本キャンプ協会 キャンプディレクター1級取得
  • 2011年07月, 財団法人公園緑地管理財団プロジェクト・ワイルド・エデュケーター取得
  • 2011年04月, 財団法人日本レクリエーション協会 レクリエーション・コーディネーター取得
  • 2009年09月, 社会教育主事任用資格取得

研究分野

  • 野外教育
  • 青少年教育
  • リスクマネジメント
  • レクリエーション

研究活動

論文

  • 青少年教育業界の今とこれから〜ニューノーマル時代にむけての一歩を考える〜, 青木康太朗, 社会教育, 2021年02月, 一般財団法人日本青年館
  • 青少年教育施設における危険度の高い活動・生活行動の現況と安全対策に関する一考察, 青木康太朗、小林祥之, キャンプ研究第24巻, 2021年01月15日, 日本キャンプ協会
  • 家庭の状況と子の長時間のインターネット使用との関連:『インターネット社会の親子関係に関する意識調査』を用いた分析, 加藤承彦,青木康太朗, 日本公衆衛生雑誌66巻8号, 2019年08月, 日本公衆衛生学会
  • 青少年教育施設で発生した冬期の傷病に関する調査報告, 青木康太朗, キャンプ研究第22巻, 2019年02月, 日本キャンプ協会
  • キャンプにおける安全教育が参加者の危険認知能力の向上に及ぼす効果に関する研究, 青木康太朗、横山誠、粥川道子, キャンプ研究第19巻, 2016年02月25日, 日本キャンプ協会

Misc

  • スノーゲームの身体的・心理的効果に関する研究 II―小学生を対象とした調査の結果から―, 徳田真彦, 吉田昌弘, 青木康太朗, 竹田唯史, 吉田真, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報, 8, 1‐9, 2018年03月31日
  • スノーゲームの身体的・心理的効果に関する研究 I~大学生を対象とした予備実験を通じた検討~, 青木康太朗, 吉田昌弘, 徳田真彦, 竹田唯史, 吉田真, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報, 7, 29‐35, 2017年03月31日
  • 体験の風をおこそう(第22回)子供の頃の体験がはぐくむ力とその成果に関する調査研究 : 子供の頃,家族の愛情・絆を基盤に,遊びに熱中するなど様々な体験をした人ほど,自己肯定感が高く,へこたれない大人になる, 青木 康太朗, 月刊公民館, 728, 36, 38, 2018年01月, 全国公民館連絡協議会 ; 1956-
  • 雪を使った外遊びプログラム「スノーゲーム」の開発, 青木 康太朗, 粥川 道子, 安原 政志, 佐藤 悦子, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報, 6, 73, 78, 2015年, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター
  • 自己肯定感をはぐくむ子供の頃の体験 (特集 自己肯定感を高める教育の在り方), 青木 康太朗, 教育創造, 34, 93, 11, 13, 2017年10月, 日本教育文化研究所
  • 地域における青少年団体と青少年教育施設の役割分担と有機的な連携の在り方について : 体験活動を推進する社会的な仕組みづくりのために (特集 出番です!青少年団体), 青木 康太朗, 社会教育 = Social education, 69, 2, 20, 25, 2014年02月, 日本青年館「社会教育」編集部
  • The 2nd Asia-Pacific Conference on Coaching Science (APCOCS)への参加報告, 德田 真彦, 廣田 修平, 青木 康太朗, 石井 由依, 大村 美貴, 竹田 唯史, 飯塚 邦明, 北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要, 8, 241, 264, 2017年, 北翔大学
  • 北海道キャンプ協会の現況から見た課題と北海道のキャンプムーブメントの将来的な発展のための提言, 粥川 道子, 青木 康太朗, 北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要, 5, 15, 27, 2014年, 北翔大学
  • スノーゲームの身体的・心理的効果に関する研究(1)大学生を対象とした予備実験を通じた検討, 青木 康太朗, 吉田 昌弘, 徳田 真彦, 竹田 唯史, 吉田 真, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報, 7, 29, 35, 2016年, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター
  • 大学のカリキュラムを生かした自然体験活動指導者養成プログラムの開発に関する研究, 青木 康太朗, 粥川 道子, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報, 5, 73, 83, 2014年, 北翔大学
  • 国立青少年教育施設における屋外身体活動プログラムの客観的評価と普及啓発の試み, 志村広子, 青木康太朗, 杉本孝之, 藤江龍, 藤江龍, 結城光夫, Res Exerc Epidemiol, 15, 1, 52, 52, 2013年03月31日, 日本運動疫学会
  • 冬季自然体験活動における教育効果に関する研究, 青木 康太朗, 日本生涯教育学会論集, 34, 53, 62, 2013年, 日本生涯教育学会
  • 生涯学習振興におけるスポーツの果たす役割 (特集 人口減少時代の生涯学習振興と改革), 青木 康太朗, 日本生涯教育学会年報, 34, 113, 129, 2013年, 日本生涯教育学会
  • 高等教育機関における野外教育の試み(2), 粥川 道子, 青木 康太朗, 北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要, 4, 27, 36, 2013年, 北翔大学
  • 「カナディアンキャンプスタディツアー」の研修報告, 青木 康太朗, 田中 祥子, 新田 和子, 嶋 結子, 外山 真理, 是常 景子, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報, 4, 49, 55, 2013年, 北翔大学
  • キャンプ体験が大学生の社会人基礎力の育成に及ぼす効果に関する研究, 青木 康太朗, 粥川 道子, 杉岡 品子, 北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要, 3, 27, 39, 2012年, 北翔大学
  • キャンプ体験が教職志望学生の自然体験活動の指導力に及ぼす影響, 青木 康太朗, 粥川 道子, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報, 3, 21, 28, 2012年, 北翔大学
  • 教員養成課程における「野外教育実習」の実践報告, 粥川 道子, 杉岡 品子, 青木 康太朗, 北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要, 2, 77, 90, 2011年, 北翔大学
  • 子どもの海に対する意識や態度に関する日新比較研究--ウォーターワイズの参加者を対象に, 青木 康太朗, 日本生涯教育学会論集, 31, 133, 142, 2010年, 日本生涯教育学会
  • 学校教育における水辺活動の実施と青少年教育施設の役割に関する研究--国立室戸青少年自然の家における水辺活動の改善・充実に関する取組を事例に, 青木 康太朗, 日本生涯教育学会論集, 29, 153, 162, 2008年, 日本生涯教育学会
  • ウォーターワイズにおける教育効果に関する研究, 青木 康太朗, 酒井 哲雄, 植木 弥生, 国立オリンピック記念青少年総合センター研究紀要, 7, 29, 40, 2007年03月, 国立オリンピック記念青少年総合センター
  • 水辺活動におけるウォーターワイズプログラムが児童の生きる力に及ぼす影響, 青木 康太朗, 福田 芳則, 谷 健二, 野外教育研究, 8, 2, 59, 70, 2005年05月, 日本野外教育学会
  • 水辺活動におけるウォーターワイズプログラムが児童の生きる力に及ぼす効果, 青木 康太朗, 福田 芳則, 谷 健二, 下地 隆, 小松 由美, 野外教育研究, 8, 2, 59, 70, 2005年, JAPAN OUTDOOR EDUCATION SOCIETY, The purpose of this study was to clarify the development of participant's IKIRU CHIKARA in WaterwisePrograms.Furthermore, the differences in development of IKIRU CHIKARA, due to the participant's level ofexperience of nature activities, were examined.The IKIRU CHIKARA of the 346 campers (267 analysiscandidates) was measured both before and after the program by using an IKIRU CHIKARA measurementsurvey, developed by Tachibana et al (2003). The campers were composed of elementary school students (grade5).
    The Main findings were as follows;1) 13 factors within the survey of participant's IKIRU CHIKARA, showed significant development between before and after Waterwise Programs. 2) The developmental processof participant's IKIRU CHIKARA wasn't different due to their sex, although the participant's IKIRUCHIKARA was from the beginning fundamentally different due to their sex. 3) The developmental process ofparticipant's IKIRU CHIKARA wasn't different due to the participant's experience level of nature activities, though participants of the IKIRU CHIKARA survey, who had a high-level of nature activity experience showeda greater increase in IKIRU CHIKARA than more lower-level participant's.
    These results revealed that Waterwise Programs influence the development of participant's IKIRU CHIKARA.
  • 長期キャンプ体験による参加者の社会的スキルの変容に関する研究--参加者の特性による変容過程の違いに着目して, 青木 康太朗, 永吉 宏英, 野外教育研究, 6, 2, 23, 34, 2003年04月, 日本野外教育学会
  • 長期キャンプ体験における参加者の社会的スキルの変容に関する研究, 青木 康太朗, 永吉 宏英, 野外教育研究, 6, 2, 23, 34, 2003年, JAPAN OUTDOOR EDUCATION SOCIETY, The purpose of this study is to clarify the differences of social skills development due to the camper's characteristics such as their sex, grades, past camp experience and the differences of social skills that they acquired before the camp. Furthermore, the validity of the Pre-Post model that make the first day of a camp the starting point to measure social skills development is examined. The measurement of social skills was conducted to the 36 campers (32 analysis candidates) at the two weeks before, the first day, the 10th, the final day of the camp and one month after the camp by using social skills measure developed by Shoji (1994). The campers were composed of elementary school (grade 5 and 6) and junior high school children.
    Main findings were as follows; 1) Positive and assertive skills influences modification process of social skills. 2) The junior high school student, campers who have past camp experience and camper who had low social skills score showed distinguished increase between before and after the camp. 3) The score of social skills of the elementary school children and the campers who didn't have a past camp experience showed distinguished decrease from two weeks before the camp to the first day of the camp. 4) It is possible that increase social skills from the first day of the camp are recovery process of decrease social skills. From these results, it became clear that the differences of social skills development due to the camper's characteristics in a long period of camp.
  • 長期キャンプ体験における参加者の対人関係能力の変容に関する研究 : 参加者の特性による社会的スキルの変容の違いに着目して(平成13年度大学院スポーツ科学研究科修士論文概要), 青木 康太朗, 大阪体育大学紀要, 33, 94, 96, 2002年07月01日, 大阪体育大学, This study investigated continuously the change of the camper's social skills. The length of the camp was eighteen days. It was relatively a long period of camp in Japan. The purpose of this study is to clarify the differences of a social skill development due to the camper's characteristics such as their sex, grades,past camp experience and the differences of social skills that they had before the camp. Furthermore, the validity of the Pre - Post model that make the first day of a camp the starting point to measure a social skill development is examined. The measurement of a social skill was conducted to the 36 campers( 32 analysis candidates) at the two weeks before, the first day, the 10th, the final day of the camp and one month after the camp by using the social skill measure developed by Shoji(1994). The campers were composed of elementary school (grade 5 and 6) and junior high school children. Main findings were as follows; (1) The score of the social skills of the elementary school children and the campers who didn't have a past camp experience showed distinguished falling from two weeks before the camp to the first day of the camp but distinctly improved from the first day to the final day of the camp and one month af- ter the camp.(2) The differences of the social skill development depended on their past camp experience and the height of the social skill they had before the camp. The junior high school student, campers who didn't have past camp experience and camper who had low social skill score at two weeks before the camp showed distinguished rising between before and after the camp. From these result, it became clear that a long period of camp is effective to develop children's social skills. But as it is likely to drop social skills in first few days for elementary school children or campers who don't have a past camp experience, we had better do something to soften their stress within first few days of a camp. In addition to that, it became clear that the validity of Pre-Post model is doubtful because the social skill score distinctly down at the first day of the camp in comparison with two weeks before the camp. So it may be better fixing the stating point to measure social skills on some day before a camp starts.
  • 生涯学習施設としての野外活動施設の活用に関する研究 : 施設設備とプログラムの視点から, 青木 康太朗, 福山 正和, 永吉 宏英, 大阪体育大学紀要, 32, 165, 173, 2001年07月01日, 大阪体育大学
  • 長期キャンプ体験における参加者の対人関係能力の変容に関する研究 :参加者の特性による社会的スキルの変容の違いに着目して, 青木 康太朗, 修士論文抄録集, 2001, 13, 14, 2001年, 大阪体育大学

著書等出版物

  • 自然体験活動指導者養成講習会 参加者用テキスト 自然体験活動指導者(インストラクター版)「自然体験活動の安全管理」(担当執筆), 青木康太朗, 全国体験活動指導者認定委員会 自然体験活動部会, 2020年03月
  • 自然体験活動指導者養成講習会 参加者用テキスト 自然体験活動指導者(リーダー版)「自然体験活動の安全管理」(担当執筆), 青木康太朗, 全国体験活動指導者認定委員会自然体験活動部会, 2019年03月
  • 社会福祉フィールドワーク テキスト「安全に活動するために(保険・リスクマネジメント)」(担当執筆), 青木康太朗, エルピス社, 2018年03月
  • 雪を楽しむ外遊びプログラム スノーゲーム~楽しく安全に遊ぶための指導ハンドブック~, 青木康太朗,德田真彦,吉田昌弘,吉田真,竹田唯史, 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター, 2018年02月01日
  • 教育法規実務辞典「自己肯定感・へこたれない力」(担当執筆), 青木康太朗, 第一法規, 2018年01月
  • キャンプディレクター必携 「スタッフトレーニングの実際」(担当執筆), 青木康太朗, 日本キャンプ協会, 2017年04月01日
  • 入門子供の活動支援と青少年教育ボランティア「子供とかかわるボランティア活動」(担当執筆), 青木康太朗, 学文社, 2016年03月07日
  • 講座 転換期の社会教育「対象を特化した青少年教育施設・女性教育施設の役割」(担当執筆), 青木康太朗, 学文社, 2015年11月
  • 野外教育入門シリーズ第3巻 水辺の野外教育「水辺の野外教育に関する法律・政策」(担当執筆), 青木康太朗, 杏林書院, 2012年03月

講演・発表

  • 地域づくりの担い手育成に向けた行政と地域住民の連携・協働, 青木康太朗, 令和2年度上川管内社会教育・社会体育実践研究セミナー, 2021年03月05日
  • 地域の未来を担う自己肯定感・自己有用感の高い若年層の育成, 青木康太朗, 令和2年度地域生涯学習活動実践セミナー, 2021年02月18日
  • コロナ禍における青少年教育の現状と課題, 青木康太朗, 日本生涯教育学会第41回大会 生涯学習政策研究フォーラム, 2020年11月14日
  • 新型コロナウイルス感染症流行下における 青少年教育施設の運営に関する現状調査(調査結果), 青木康太朗, コロナ状況下の青少年教育を考えるオンラインフォーラム, 2020年05月21日
  • 自己肯定感を高める子供の頃の体験や大人の関わり〜学校・家庭・地域でできることは何か?〜(講演), 青木康太朗, 令和元年度 芳賀地区PTA活動を考える会, 2019年06月
  • 自己肯定感を高める子供の頃の体験や大人の関わり〜学校・家庭・地域でできることは何か?〜(講演), 青木康太朗, 「栃木の子どもをみんなで育てよう」運動フォーラム, 2018年12月
  • グループワークと教育キャンプ(パネリスト), 青木康太朗, 日本YMCA同盟、東京YWCA、ガールスカウト日本連盟、ボーイスカウト日本連盟、日本キャンプ協会「出会いと体験の森へ第7期」, 2018年11月
  • 自然体験活動のソーシャルバリューについて(パネリスト), 青木康太朗, CONEフォーラムin東京, 2018年06月
  • 子どもの頃の体験がもたらす効能~今の子どもに必要な体験とは何かみんなで考えよう?~(講演), 青木康太朗, 茨城県「平成29年度市町村子ども会育成行政担当者研修会」, 2017年08月
  • 自己肯定感を向上させる学校、家庭、地域での取組について(講演), 青木康太朗, 新得町「全町教育講演会」, 2017年02月
  • 幼少期の遊びや体験活動について(講演), 青木康太朗, 平成28年度「広瀬小学校PTA研修会」, 2017年01月
  • 現代の子供たちに必要な体験とは?(講演), 青木康太朗, 月形PTA連合会主催「平成27年度月形PTA連合研究大会」, 2015年11月
  • 子どもの頃の豊かな体験がもたらす効能(講演), 青木康太朗, 青少年育成富山県大会, 2013年11月30日

競争的資金

  • 19K02880, 2019, 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 高等教育におけるジェネリック・スキルを高める野外教育プログラムの実践
  • 17K01639, 2018, 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 自然体験活動における事故や傷病、ヒヤリハットの発生要因と安全対策に関する研究
  • S1513001L, 2015, 文部科学省, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 北海道の子どもと高齢者のための健康づくり支援に関する研究
  • 26750248, 2014, 日本学術振興会, 科学研究費補助金(若手研究B), 自然体験活動における安全管理能力のトレーニングシステムの開発
  • 140B3-002, 2014, 笹川スポーツ財団, 2014年度笹川スポーツ研究助成(奨励研究), 自然体験活動指導者の安全管理能力向上に関する基礎的研究
  • S1103001, 2011, 文部科学省, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 北海道型スポーツ振興システムの構築
  • 18928015, 2007, 日本学術振興会, 科学研究費補助金(奨励研究), 子どもたちの海に対する意識や態度に関する日新比較研究
  • 17928005, 2006, 日本学術振興会, 科学研究費補助金(奨励研究), ウォーターワイズプログラムにおける効果測定尺度の作成に関する研究

教育活動

担当授業

  • 保育表現技術(身体表現), 2019, 本授業では、ゲーム遊び、投影的な遊び、自然を使った遊び、劇遊び、運動あそび、創作遊びといった様々な身体表現を体験することで、幼児の身体表現の仕方や習得方法、表現の広がりを理解するとともに、身体を動かすことや身体で表現することの楽しさや大切さを学ぶ。また、実際に自分たちでも身体表現を伴った遊びを創作し、発表したり指導したりする経験を重ねることで、保育者としての表現力を高めていく。
  • 保育表現技術(身体表現), 2019, 本授業では、ゲーム遊び、投影的な遊び、自然を使った遊び、劇遊び、運動あそび、創作遊びといった様々な身体表現を体験することで、幼児の身体表現の仕方や習得方法、表現の広がりを理解するとともに、身体を動かすことや身体で表現することの楽しさや大切さを学ぶ。また、実際に自分たちでも身体表現を伴った遊びを創作し、発表したり指導したりする経験を重ねることで、保育者としての表現力を高めていく。
  • 野外活動実習, 2019, 本実習では、野外活動施設での学外実習(1泊2日)や学内での事前・事後学習を通じて、幼児教育として行われる自然体験や外遊びについて学びを深めることで、保育者に求められる資質能力の育成を図ることを目的とする。また、1泊2日の共同生活や様々な体験活動を通じて新入生同士の交流を図ることで、共に学ぶ仲間としての絆を深める機会とする。
  • 安全教育, 2019, ・学校安全の危機管理の概要の理解|・教育現場の安全に関す現状の把握|・教育現場における安全指導の基礎的知識の習得|・体育・スポーツ指導における安全に関する基礎知識の習得
  • 導入基礎演習, 2019, 導入基礎演習では、新しい人間関係を形成しながら、大学での修学方法の基礎を学びます。大学で学問を進めるため重要な手順の一つとして、課題を決めて調査研究を行い、その成果を報告および発表し、議論または討論をするという一連の過程があります。本演習では、ルームごとの授業でこれらの各過程に関係した技術を体験的に学び、知識・技能の活用力、論理的科学的思考能力、課題解決探求能力および自己表現力といったコア・コンピテンシーを獲得するための基礎力を培います。| 具体的には、最初に國學院大學の「建学の精神」と人間開発学部の理念と特色について理解を深めます。次に、ルーム制を利用した少人数教育で、文章作成や口頭発表などに必要な基礎的技術を養います。最後に、集団宿泊研修に向けたガイダンスを行い、この演習で得られた成果を確認します。
  • 保育実習指導IA, 2019, 本科目は、「保育実習Ⅰ(保育所)」および「保育実習Ⅰ(施設)」の事前指導である。保育実習の意義と目的の理解、実習内容の確認と自らの課題の明確化することを目的とする。実習を具体的にイメージできるよう、実習の概要(実習の流れ、保育所・施設での実習の進め方など)、実習に関する諸手続きや書類作成・取り扱いの方法、子ども理解の方法や実習日誌・指導計画の扱い方、保育教材の準備等を行う。また、人権擁護、守秘義務について学び、実習生としての心構えをもつ。
  • 演習(人間開発学部), 2019, 本演習では、幼稚園や保育所等で行われる自然体験や外遊びの現状や課題を学び、自然を活用した幼児教育の在り方について理解を深めることを目的としている。授業では、文献購読の他に、実際に幼児教育として行われる自然体験や外遊びを体験してみたり、自然を活用した幼稚園・保育所等を見学したりしながら理解を深めていく。その上で、自分の興味関心に応じて関連する書籍や文献等を読みながら、卒論の研究テーマについて検討を行う。
  • 保育実習I(施設), 2019, 観察や子ども(利用者)とのかかわりを通して子どもの発達(利用者)の特性や必要な援助と生活の様子に関心を持ち、既習の教科内容と実習体験を結びつける視点から、保育環境や養護内容について総合的に学ぶ。また、部分実習案作成の基になる観察、記録と自己評価の重要性を理解する。
  • 保育実習I(保育所), 2019, 観察や子どもとのかかわりを通して子どもの発達や必要な援助と生活の様子に関心を持ち、既習の教科内容と実習体験を結びつける視点から、保育環境や養護内容について総合的に学ぶ。また、部分実習案作成の基になる観察、記録と自己評価の重要性を理解する。
  • 保育実習指導IB, 2019, 実習の事後指導を通して、実習の総括と自己評価を行い、新たな課題や学習目標を明確にする。具体的には、保育所と施設の保育実習についてレポートする。グループで話し合いながら、各自自己の課題を整理する。さらに、全体の実習報告会で発表し、他の学生と話し合うことで、保育士としての自己課題を明確化していく。
  • 幼児と健康, 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。|本講義では、近年の子供たちのライフスタイルの変化や実態について理解を深めるとともに、領域「健康」に関する幼児の心身の発達、基本的な生活習慣、安全な生活、運動発達等についての知識を修得することを目指している。
  • 子どもの保健IA(健康と発育), 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。|本講義では、近年の子供たちのライフスタイルの変化や実態について理解を深めるとともに、領域「健康」に関する幼児の心身の発達、基本的な生活習慣、安全な生活、運動発達等についての知識を修得することを目指している。
  • 保育表現技術(身体表現), 2020, 本授業は対面授業として実施する。ただし、内容によっては遠隔授業で行うものとする。|本授業では、ゲーム遊び、自然を使った遊び、劇遊び、運動あそびといった様々な身体表現を体験することで、幼児の身体表現の仕方や習得方法、表現の広がりを理解するとともに、身体を動かすことや身体で表現することの楽しさや大切さを学ぶ。また、実際に自分たちでも身体表現を伴った遊びを創作し、発表したり指導したりする経験を重ねることで、保育者としての表現力を高めていく。
  • 保育表現技術(身体表現), 2020, 本授業は対面授業として実施する。ただし、内容によっては遠隔授業で行うものとする。|本授業では、ゲーム遊び、自然を使った遊び、劇遊び、運動あそびといった様々な身体表現を体験することで、幼児の身体表現の仕方や習得方法、表現の広がりを理解するとともに、身体を動かすことや身体で表現することの楽しさや大切さを学ぶ。また、実際に自分たちでも身体表現を伴った遊びを創作し、発表したり指導したりする経験を重ねることで、保育者としての表現力を高めていく。
  • 安全教育, 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。|・学校安全の危機管理の概要の理解|・教育現場の安全に関す現状の把握|・教育現場における安全指導の基礎的知識の習得|・体育・スポーツ指導における安全に関する基礎知識の習得
  • 野外活動実習, 2020, 本授業は対面授業として実施するが、一部は遠隔授業で行うこととする。|本実習では、野外活動施設等での学外実習(日帰り)や校内学習を通じて、幼児教育として行われる自然体験や外遊びについて学びを深めることで、保育者に求められる資質能力の育成を図ることを目的とする。また、様々な活動を通じて学生同士の交流を図ることで、共に学ぶ仲間としての絆を深める機会とする。
  • 演習(人間開発学部), 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。|本演習では、幼少期における自然体験や外遊びの現状や課題を学び、自然を活用した幼児教育の在り方について理解を深めることを目的としている。授業では、文献購読の他に、実際に幼児教育として行われる自然体験や外遊びを体験してみたり、自然を活用した幼稚園・保育所等を見学したりしながら理解を深めていく。その上で、自分の興味関心に応じて関連する書籍や文献等を読みながら、卒論の研究テーマについて検討を行う。
  • 保育実習指導IA, 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。|本科目は、「保育実習Ⅰ(保育所)」および「保育実習Ⅰ(施設)」の事前指導である。保育実習の意義と目的の理解、実習内容の確認と自らの課題の明確化することを目的とする。実習を具体的にイメージできるよう、実習の概要(実習の流れ、保育所・施設での実習の進め方など)、実習に関する諸手続きや書類作成・取り扱いの方法、子ども理解の方法や実習日誌・指導計画の扱い方、保育教材の準備等を行う。また、人権擁護、守秘義務について学び、実習生としての心構えをもつ。
  • 導入基礎演習, 2020, 導入基礎演習では、新しい人間関係を形成しながら、大学での修学方法の基礎を学びます。大学で学問を進めるため重要な手順の一つとして、課題を決めて調査研究を行い、その成果を報告および発表し、議論または討論をするという一連の過程があります。本演習では、ルームごとの授業でこれらの各過程に関係した技術を体験的に学び、知識・技能の活用力、論理的科学的思考能力、課題解決探求能力および自己表現力といったコア・コンピテンシーを獲得するための基礎力を培います。| 具体的には、最初に國學院大學の「建学の精神」と人間開発学部の理念と特色について理解を深めます。次に、ルーム制を利用した少人数教育で、文章作成や口頭発表などに必要な基礎的技術を養います。最後に、集団宿泊研修に向けたガイダンスを行い、この演習で得られた成果を確認します。
  • 幼児と環境, 2020, 現代社会の乳幼児を取り巻く環境の現状の把握とともに、乳幼児期の発達の特性を踏まえて現代的課題を整理する。特に、乳幼児期・児童期の認知的発達の特徴をおさえた上で、乳幼児期の子どもの物との関わりを楽しむ体験、遊具や用具と関わる体験、自然に親しむ体験、数量や文字等に親しむ体験について具体的に学び、子どもが生活や遊びを通して発達していく姿を捉え、保育者として必要な知識や技術を習得する。授業は、Zoom利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)で行う。毎回、講義資料をk-SMAPYⅡに提示。事前に読んでおくこと。授業後には、毎回リアクションペーパーを提出。
  • 演習・卒業論文(人間開発学部), 2020, 3年次の演習で学修したことを踏まえつつ、卒業研究の実施に向けて基礎的な研究手法を学習し、研究計画を立案する。次に、策定した研究計画に基づき調査や実験等を実施し、そこで得られた情報を分析・考察して研究論文を執筆するとともに、研究成果の発表(プレゼンテーション)を行う。|卒業研究を進めるに当たっては個々の進捗状況に合わせて個別に指導を行うが、定期的にゼミを開催し、ゼミ生同士で意見交換したり進捗状況を共有する時間を設けたりすることで、研究遂行の一助にしたいと考えている。
  • 保育実習指導IB, 2020, 本授業は、主に Zoom を利用した双方向型オンライン授業(ライブ配信)として実施する。一部の内容については、K-SMAPYⅡを利用した講義資料・課題提示による遠隔授業として実施する。|実習の事後指導を通して、実習の総括と自己評価を行い、新たな課題や学習目標を明確にする。具体的には、保育所と施設の保育実習についてレポートする。グループで話し合いながら、各自自己の課題を整理する。さらに、全体の実習報告会で発表し、他の学生と話し合うことで、保育士としての自己課題を明確化していく。
  • 保育実習I(保育所), 2020, 観察や子どもとの関わりを通して子どもの発達や必要な援助と生活の様子に関心を持ち、既習の教科内容と実習体験を結びつける視点から、保育環境や養護内容について総合的に学ぶ。また、部分実習案作成の基になる観察、記録と自己評価の重要性を理解する。
  • 保育実習I(施設), 2020, 観察や子ども(利用者)とのかかわりを通して子どもの発達(利用者)の特性や必要な援助と生活の様子に関心を持ち、既習の教科内容と実習体験を結びつける視点から、保育環境や養護内容について総合的に学ぶ。また、部分実習案作成の基になる観察、記録と自己評価の重要性を理解する。|
  • 子どもと自然体験活動, 2021, 本授業は、学内での講義を通じて、幼少期における自然体験の現状や課題について理解を深めるとともに、自然体験活動の指導や安全管理、対象者理解の方法について学ぶ。その後、学外実習を通じて、自然体験活動の支援や指導の方法を実践的に学ぶことで、保育者に求められる資質・能力の育成を図ることを目的とする。|なお、本授業は、全国体験活動指導者認定委員会が認定する「自然体験活動指導者(NEALリーダー)」の養成カリキュラムに沿って行うため、単位取得後、希望者は「自然体験活動指導者(NEALリーダー)」の資格を取得することができる。
  • 幼児と健康, 2021, 本講義では、近年の子供たちのライフスタイルの変化や実態について理解を深めるとともに、領域「健康」に関する幼児の心身の発達、基本的な生活習慣、安全な生活、運動発達等についての知識を修得することを目指している。
  • 安全教育, 2021, ・学校安全の危機管理の概要の理解|・教育現場の安全に関す現状の把握|・教育現場における安全指導の基礎的知識の習得|・体育・スポーツ指導における安全に関する基礎知識の習得
  • 演習(人間開発学部), 2021, 本演習では、幼少期における自然体験や外遊びの現状や課題を学び、自然を活用した幼児教育の在り方について理解を深めることを目的としている。授業では、文献購読の他に、実際に幼児教育として行われる自然体験や外遊びを体験してみたり、自然を活用した幼稚園・保育所等を見学したりしながら理解を深めていく。その上で、自分の興味関心に応じて関連する書籍や文献等を読みながら、卒論の研究テーマについて検討を行う。
  • 保育実習指導IA, 2021, 本科目は、「保育実習Ⅰ(保育所)」および「保育実習Ⅰ(施設)」の事前指導である。保育実習の意義と目的の理解、実習内容の確認と自らの課題の明確化することを目的とする。実習を具体的にイメージできるよう、実習の概要(実習の流れ、保育所・施設での実習の進め方など)、実習に関する諸手続きや書類作成・取り扱いの方法、子ども理解の方法や実習日誌・指導計画の扱い方、保育教材の準備等を行う。また、人権擁護、守秘義務について学び、実習生としての心構えをもつ。
  • 導入基礎演習, 2021, 導入基礎演習では、新しい人間関係を形成しながら、大学での修学方法の基礎を学びます。大学で学問を進めるため重要な手順の一つとして、課題を決めて調査研究を行い、その成果を報告および発表し、議論または討論をするという一連の過程があります。本演習では、これらの各過程に関係した技術を体験的に学び、知識・技能の活用力、論理的科学的思考能力、課題解決探求能力および自己表現力といったコア・コンピテンシーを獲得するための基礎力を培います。| 具体的には、最初に國學院大學の「建学の精神」と人間開発学部の理念と特色について理解を深めます。次に、ルーム制を利用した少人数教育で、文章作成や口頭発表などに必要な基礎的技術を養います。
  • 幼児と環境, 2021, 現代社会の乳幼児を取り巻く環境の現状の把握とともに、乳幼児期の発達の特性を踏まえて現代的課題を整理する。特に、乳幼児期・児童期の認知的発達の特徴をおさえた上で、乳幼児期の子どもの物との関わりを楽しむ体験、遊具や用具と関わる体験、自然に親しむ体験、数量や文字等に親しむ体験について具体的に学び、子どもが生活や遊びを通して発達していく姿を捉え、保育者として必要な知識や技術を習得する。授業は、対面授業<10回以上>+遠隔授業(オンデマンド型)で行う。
  • 幼児と環境, 2021, 現代社会の乳幼児を取り巻く環境の現状の把握とともに、乳幼児期の発達の特性を踏まえて現代的課題を整理する。特に、乳幼児期・児童期の認知的発達の特徴をおさえた上で、乳幼児期の子どもの物との関わりを楽しむ体験、遊具や用具と関わる体験、自然に親しむ体験、数量や文字等に親しむ体験について具体的に学び、子どもが生活や遊びを通して発達していく姿を捉え、保育者として必要な知識や技術を習得する。授業は、対面授業<10回以上>+遠隔授業(オンデマンド型)で行う。
  • 保育表現技術(身体表現), 2021, 本授業は対面授業として実施する。ただし、内容によっては遠隔授業で行うものとする。|本授業では、ゲーム遊び、自然を使った遊び、劇遊び、運動あそびといった様々な身体表現を体験することで、幼児の身体表現の仕方や習得方法、表現の広がりを理解するとともに、身体を動かすことや身体で表現することの楽しさや大切さを学ぶ。また、実際に自分たちでも身体表現を伴った遊びを創作し、発表したり指導したりする経験を重ねることで、保育者としての表現力を高めていく。
  • 野外活動実習, 2021, 本実習では、野外活動施設等での学外実習(1泊2日)や校内ので事前・事後学習を通じて、幼児教育として行われる自然体験や外遊びについて学びを深めることで、保育者に求められる資質能力の育成を図ることを目的とする。また、1泊2日の共同生活や様々な活動を通じて新入生同士の交流を図ることで、共に学ぶ仲間としての絆を深める機会とする。
  • 演習・卒業論文(人間開発学部), 2021, 3年次の演習で学修したことを踏まえつつ、卒業研究の実施に向けて基礎的な研究手法を学習し、研究計画を立案する。次に、策定した研究計画に基づき調査や実験等を実施し、そこで得られた情報を分析・考察して研究論文を執筆するとともに、研究成果の発表(プレゼンテーション)を行う。|卒業研究を進めるに当たっては個々の進捗状況に合わせて個別に指導を行うが、定期的にゼミを開催し、ゼミ生同士で意見交換したり進捗状況を共有する時間を設けたりすることで、研究遂行の一助にしたいと考えている。
  • 保育実習指導IB, 2021, 実習の事後指導を通して、実習の総括と自己評価を行い、新たな課題や学習目標を明確にする。具体的には、保育所と施設の保育実習についてレポートする。グループで話し合いながら、各自自己の課題を整理する。さらに、全体の実習報告会で発表し、他の学生と話し合うことで、保育士としての自己課題を明確化していく。
  • 保育実習I(保育所), 2021, 観察や子どもとの関わりを通して子どもの発達や必要な援助と生活の様子に関心を持ち、既習の教科内容と実習体験を結びつける視点から、保育環境や養護内容について総合的に学ぶ。また、部分実習案作成の基になる観察、記録と自己評価の重要性を理解する。
  • 保育実習I(施設), 2021, 観察や子ども(利用者)とのかかわりを通して子どもの発達(利用者)の特性や必要な援助と生活の様子に関心を持ち、既習の教科内容と実習体験を結びつける視点から、保育環境や養護内容について総合的に学ぶ。また、部分実習案作成の基になる観察、記録と自己評価の重要性を理解する。|

学外活動

学協会活動

  • 日本乳幼児教育・保育者養成学会, 2020年10月
  • 日本保育学会, 2018年08月
  • 日本公衆衛生学会, 2018年06月
  • 日本安全教育学会, 2018年01月
  • 日本レジャー・レクリエーション学会, 2012年10月
  • 日本生涯教育学会, 2007年04月
  • 日本野外教育学会, 2001年06月

学外委員等活動

  • 2019年07月22日, 2020年03月31日, 全国体験活動指導者認定委員会, NEAL参加者用テキスト編集委員
  • 2019年07月05日, 2020年02月28日, NPO法人自然体験活動推進協議会, 自己肯定感向上プロジェクト推進会議委員
  • 2019年05月21日, 2020年03月10日, 国立赤城青少年交流の家, 2019年限界突破キャンプ推進会議委員
  • 2019年04月01日, 2020年03月31日, 公益社団法人日本キャンプ協会, 公1事業(CAMPING編集タスク)運営委員
  • 2019年04月01日, 独立行政法人国立青少年教育振興機構青少年教育研究センター, 客員研究員
  • 2019年03月26日, 2020年03月31日, 公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会, 普及推進委員会委員
  • 2019年03月01日, 2020年03月31日, 公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会, 冒険教育委員会委員
  • 2018年10月01日, 独立行政法人国立成育医療研究センター社会医学研究部, 共同研究員
  • 2018年08月01日, 2020年03月31日, 公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会, 安全委員会委員
  • 2018年06月23日, 日本野外教育学会, 企画委員会委員
  • 2018年04月01日, 2020年03月31日, 独立行政法人国立青少年教育振興機構, 青少年体験活動顕彰制度ワーキンググループ座長
  • 2017年11月28日, 体験の風をおこそう運動推進委員会, 監事
  • 2017年01月01日, 日本生涯教育学会, 常任理事
  • 2013年04月01日, NPO法人登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ, 北海道アウトドアプロデュース専門委員